カテゴリー「行政書士」の記事

2009年12月26日 (土)

届きました!

大原とTACから、今年の行政書士試験の解答・解説集が送られてきました。

今、問題を解いてみたら、どのくらい正解できるでしょうか?

せっかくですから、試験のときを思い出しながら、1問1問復習してみましょうか。

そしてそして、いつ届くかと心配していた「カバチタレ!」ですが、今日無事に届きました。

P1020856_3

これで、年末年始は、マンガ三昧といきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

大人買い

私は普段、マンガをほとんど読みません。

嫌いというわけではないのですが、特に読みたいものもないですし、マンガを読む時間があれば、小説を読みたいなあと思ってしまいます。

が、そんな私が、久しぶりにマンガを読みたくなりました。そして大人買いしてしまいました。

「カバチタレ!」全10巻。

行政書士事務所を舞台にした物語です。

主人公が行政書士試験に合格するまでを描いていると聞いていますが、それ以外はほとんど内容は知りません。
(今、行政書士試験に合格した後を描いた「特上カバチ!!」が連載中であるということも知ってます)

今日注文したので、数日中に届くと思います。

年末年始は「カバチタレ!」でいってみましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

民法の勉強に

行政書士試験が終わって合格発表を待つまでの間、どのように過ごせばいいのか考えていたときのお話です。

受かっていたら次は司法書士かなあと考えながら、いくつか予備校に行って受講相談をしてきました。

その中で、ある先生から、司法書士の民法の過去問を解くのはどうですかと勧められました。

民法は行政書士、司法書士ともに受験科目ですから、合格していれば司法書士の予習になりますし、不合格であっても民法の知識のキープアップになります。

なるほどそれはムダにはならないなと思い、早速購入しました。

ちょうど、キャンペーンで30%オフで売っていたので、LECの問題集にしました。

が、購入してからそろそろ1ヶ月になろうとしていますが、まったく進んでいませんcoldsweats01

我ながら呆れるほどのだらけぶりです。

結局、簿記2級の勉強を先に始めることにしようと決めましたが、その間も、民法の復習だけはこつこつやっておこうと思っていますので、その教材として使うつもりです。

買ってそのまま~ということだけはないようにしなければ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

異業種交流会

最近、資格関連の本を読んだり、セミナーや異業種交流会の情報をネットで調べたりしています。

北村庄吾著「資格で年1800万稼ぐ法」は、縁あってサイン本をいただきまして読んだ本です。

この手の本はたくさん出ていますが、どの本にも人脈というのが大切だと書かれています。

私なんかは、日々漫然と過ごしているだけでは人脈は作れませんから、セミナーとか異業種交流会なんかに積極的に出て行かなければなりません。

でも、異業種交流会などは調べるとたくさん出てくるんですよね。

どういったところに行けばいいのか、正直困ってしまいます。

千葉の異業種交流会に1つ登録してみたのですが、そこはあまり登録人数も多くなく、月に1度交流会をやっているようですが、参加者もそれほど多くないみたいで、ちょっと失敗してしまったかもしれません。

千葉、東京あたりで引き続き探してみようと思っているのですが、真剣に探そうと思うとかなり大変ですね。

もし、お薦めのセミナーとか交流会などの情報をお持ちの方で、教えてもいいよ~という心の広い方winkがいらっしゃいましたら、ぜひ、コメントやメールをいただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

簿記合格発表

昨日は、第123回日商簿記検定試験の合格発表日でした。

妻が2級を受験していて、答え合わせもずっとしないままだったので、どうだったのか気になっていましたが、無事合格していました。

簿記に関しては、妻のほうが私より一歩先をいっています。

次は私の番ですね。

もう、簿記2級と「次の資格」の勉強をすることは、ほぼ決めています。

後は順番です。

簿記2級→「次の資格」の方が、余裕をもって勉強ができます。

行政書士で勉強したことを引き継ぐということからいえば、「次の資格」→簿記2級の方が有利です。

どうすべきか…。

ところで、ずっと「次の資格」と言い続けていますが、何の資格かを明かさないのは、行政書士試験の合格発表が終わっていないからです。

自己採点で、合格ラインを超えていましたので、合格していることを前提に次のことを考えていますが、実際は、合格発表があるまでどうなるかはわかりません(マークミスしてるかもしれませんし)。

ですから、「次の資格」が何であるかについては、行政書士試験に無事合格していたら書きたいと思っています。

もう、すでにお分かりになっている方もいらっしゃると思いますが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

仲間

昨日は、今年行政書士試験を受験した方と飲んできました。

一応、前祝ということで…。

試験前から、いろいろと情報交換させていただきまして、とても心強く感じていました。

その方とは、社労士有資格者ということも一緒で、さらに、今後とりたい資格も一緒ということもあって、私にとっては貴重な受験仲間なのです。

今度は、合格発表後に、本祝いをやりたいですね。

今日は、東京で、社労士有資格者の方と忘年会です。

これからどうしていくべきか悩んでいる方も多いのですが、さて、どんな話になるでしょうか?

さて、せっかく仲間というタイトルの記事を書きましたので、ブログでも、もっと受験生の仲間ができればいいなあと思っています。

もし、このブログを読んでいただいている方で、ブログをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ相互リンクさせていただければと思いますので、お声をおかけ下さい。

よろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

成績診断

LECの無料成績診断に、解答を登録しておいたのですが、診断結果が今日から閲覧できるようになりました。

LEC2009年度行政書士本試験成績診断結果

法令(5肢択一+多肢選択) 184点中138点 平均点116.4点 順位137/1525
記述 60点中32点 平均点10.3点 順位47/1553
法令総合 244点中170点 平均点121.9点 順位52/1588
一般知識 56点中48点 平均点38.5点 順位54/1525
総合 300点中218点 平均点158.8点 順位40/1588

記述以外の得点は、自己採点と同じでした。

記述は32点となっていましたが、残念ながら、1問ごとの点数はわかりませんでした。

推測するに、1問目はほぼ書けていたと思うので20点近い点が入り、3問目が残りの12点ではないかと思います。この点数からいえば、2問目は0点ですね。

LECは、模試の記述式の採点が結構甘めだったので、この32点というのも、甘いのかもしれません。

ただ、それにしては、記述式の平均点が10.3点と低いのが気になります。

伊藤塾でも、記述式がほとんど書けていないという話がありましたが、この結果を見ると、確かにそのような結果になっています。

記述式を除いて180点を超えていて、本当に良かったって今さらながらに思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

明日の行政書士講座

今日は、伊藤塾の明日の行政書士講座を聴きに行ってきました。

この講座は、しばらくするとWEBの無料ストリーミングで見ることができるので、今まではそれで済ませていたのですが、今回は、「資格の活かし方を伝授!士業ネットワークの具体的な作り方と実務をしながら使える資格を取得する方法」というタイトルと、講師である西内孝文氏の、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士、CFPという肩書きに惹かれましたので、実際に行ってみることにしました。

講座の中で、複数の資格を持つことになった動機として、税理士としてクライアントから受けるいろいろな相談に対して力になりたかったからというようなことをおっしゃっていました。

税理士に限らず、そういう面はあると思いますので、複数の資格取得を目指す者としては心強く感じましたが、一方で、実務で活用してこその資格であり、とにかく資格を眠らせたまま腐らせるのではなく、実務をやってくださいと強調されていました。

講座タイトルにもあるとおり、実務をしながら使える資格を取得するということを、この方はやられてきたわけです。

耳が痛いですねdespair

複数の資格を持つことのデメリットを聞いてみたのですが、専門性が薄れてしまうことだそうです。

複数の資格を活かしていくうえでは、特にしっかりとした自分の専門をもつことが重要なんですね。

やはり、太い幹があってこそ、多くの枝葉をつけることができるということなのでしょう。

なかなかためになる講座でしたが、同時にいろいろと考えさせられました。

実務かあ…。

休みの日に、ただでいいから仕事を手伝って、実務経験を積んでいくというようなことでもいいということでしたので、そういうこともありかなあなんて考えてしまいますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

復帰できず…

机の上には、昨日届いた問題集bookがどんと置いてあるものの、まったく開くこともなく1日が終わろうとしていますcoldsweats01

一度緩んでしまった気持ちを元に戻すというのは大変です。

勉強しているときは、いつももっと勉強する時間が取れるはずだと思っていたのに、今振り返ると、毎日よくあれだけの時間勉強していたなと感じてしまいます。

行政書士試験の日から18日経ちますが、なんだか、試験を受けたのは遠い昔のことのような気さえします。

結果発表までの2ヶ月間、このまま何もせずに過ごしても別に構わないのだけれど、後になって、きっと何もしなかったことを悔やむことになるのでしょう。

やっぱり、少しずつでもやっておきますかpencil


でも、今日は、この後久しぶりに「アメトーーク」を見ようかと。いつもYou Tubeで見ているのでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

区切り

WEBの無料ストリーミングでたびたびお世話になっている伊藤塾で、「2009年度行政書士本試験を斬る!」の配信が始まりましたので、早速見てみました。

実は、伊藤塾、今年の記述式行政法の条文を、ファイナルチェックでずばり当てました。

私自身は、この伊藤塾のファイナルチェックは、WEBで見ていたのですが、本試験で、伊藤塾のファイナルチェックで出ていたのと同じだとは気づきませんでした(大原の模試で出たやつだとは思いましたが…)。

やはり、直前チェックのようなものは、頭の中には残り難いのかなあという気がします。

さて、肝心の、「2009年度行政書士本試験を斬る!」ですが、他の学校同様、総評としては昨年より易しく、平成19年試験に近いということでした。

後は、記述式のできが悪く、10点台、20点台という方が非常に多いので、それ以外(240点)で7割ラインとなる168点くらい取っておきたかったというようなお話でした。

私自身は、本試験では、記述式の問題を読んで、1問目と3問目はそれなりに書ける、2問目はまったくわからないという感じでしたが、30点台取れているかと問われると、そこまでの自信はまったく持てません。

ですから、記述式を除く得点が、仮に160点前後であったとすれば、結果発表までかなり不安定な状態に置かれたのだろうと思います。

今回、そういう状態にならずに済んでほっとしていますが、その大きな要因は、一般知識の問題だったと感じています。

予備校が予想するような論点の問題が多かったですし、個数問題が出なかったといのもラッキーでした。

さて、伊藤塾の解説を聴き終えましたので、これで行政書士の試験については、一区切りということにしたいと思っています。

ちょうど、次のステップのために頼んでいた本も届きましたので、そろそろ、ぼんやりとした一日を過ごすのも終わりにしようかと考えているのですが、はてさて、上手く復帰できるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧