« カバチタレが… | トップページ | 届きました! »

2009年12月25日 (金)

春生

LECや伊藤塾で、司法書士試験の2010年春生の募集が始まっています。

司法書士試験は7月ですが、講座としては、前年の春から始まる春生(15ヶ月コース)と、前々年の秋から始まる秋生(20ヶ月コース)が主のようです。

秋生の方が余裕を持って勉強できるので、私は、来年の秋から始まる20ヶ月のコースを取ろうかと思っています(もちろん、行政書士合格が前提ですが)。

はじめは、行政書士の知識が残っている方がいいかと考えて、来年の春から始まる15ヶ月コースにしようかとも思ったのですが、15ヶ月コースは、講義が週3のペースでありますので、ちょっとついていけるかどうか心配になりました。

20ヶ月コースでも週2のペースですので、それでもついていくのは結構大変なような気がしています。

あと、どの学校のどの先生を選ぶのかというのも重要ですよね。

やっぱり、一発合格者をたくさんだしている、講義の上手い先生に教わりたいのですが、どの先生が自分に合っているのかというのも、なかなか見極めるのが難しいです。

司法書士受験のお仲間もできそうなので、その方とも話をしてみようかと思ってます(よろしくねsign01)。

|

« カバチタレが… | トップページ | 届きました! »

司法書士」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。簿記1級、テキスト全く進んでいませんcoldsweats01
というのは、会計学のいくつかの本を読んで
理論に面白く、はまって計算勉強してない。。。
問題とかないと意味なぁ~い?!

また、年金アドバイザ2級の勉強、連合会の講習と複数こなすはめに(自業自得)になりましたが、やることはやります
やれば結果はついてくる、やらねば結果はその通りthunderthunder

司法書士、色々、無料講義関係で探索しました。
(しています)
講義の上手い先生ですね

できぱきor丁寧かorゆっくりかorそつがないか Feelingですよね!
自己流、きいたところでよかったところ書いてみます
1.Wセミナーの竹下先生(超有名人、生もすごく、全地域に配信スタイル)
⇒そつなし、無駄なし、理解がすっとはいる
 デユークプロデュスは十八番の教科書
2.伊藤塾の所先生
⇒丁寧で、やさしい語り口ですがポイントははっきり言います。法律家の何かたたきこまれます。
3.伊藤塾の山村先生
⇒何せできぱき、無駄が竹下先生よりなし
勢いが欲しい、スピード感がいい人はお勧め
4.LECの佐々木かをり先生
⇒山村先生と同じ感あり、女性の方ですがビシバシと勢いと情熱を感じました
参考にしてください。上記の4名は、聞いて比較の対象になる価値があるかと思います。
あくまでも小生の判断です。

私は、2010年度内に司法書士勉強に入れれば、順調追い風に乗っていると思える感じです。

投稿: daytona | 2009年12月30日 (水) 17時29分

詳しい情報ありがとうございますhappy01
大変参考になります。

やはりLEC、伊藤塾、早稲田セミナーといった大手には良い先生がいらっしゃるんですね。

受講形態をどうするかということも併せて考えたいと思います。

投稿: ヒデ>daytonaさん | 2009年12月30日 (水) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/47114458

この記事へのトラックバック一覧です: 春生:

« カバチタレが… | トップページ | 届きました! »