« 大原の本試験分析会 | トップページ | 東京 »

2009年11月13日 (金)

やりきれない思い(今年の社労士合格基準を振り返って)

毎年、何かしらの物議をかもす社労士試験の合格基準設定ですが、正直なところ、今年に関しては、妥当なところに収まるのではないかと思っていました。

ですから、合格基準を目にしたときには非常に驚きましたcoldsweats02

念のため、合格基準を書いておきます(見たくない方も多いかと思いますが…)。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

第41回(平成21年度)社会保険労務士試験の合格基準について

1 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者

2 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

誰も予想することのできなかった基準でしょう。

信頼の厚いTACの予想でも、

「前年の合格率と同水準とするのであれば、選択式28点(労基・安衛、労一2点)、択一式48点」

となっており、実際の結果との大幅な乖離が見られます。

もちろん、TACなどの予備校に復元解答を寄せるのは、その予備校を使い勉強し、かつボーダーラインの方が多く、なおかつ、全受験生からしてみればごく一部(TACでも5%程度)ではあります。

ただ、それは今年に限ったことではなく、予備校も例年の状況を踏まえて予想を出しているのですから、ここまで予想と結果がかけ離れるというのは考え難いことです。

今年は、なにかしらの作為が露骨に働いたと見られても仕方ないですし、実際そうだったのではないかと思っています。

選択式厚年の問題は、予備校などで学習している方にとっては易しかったはず。1年間ブランクのあった私でも解けました。

一方、選択式労一の問題は、予備校などで学習している方ほど、意外に盲点だったのではないでしょうか。私自身も、今年の選択式の問題では、労一が一番難しいと思いました。

また、択一式についても、昨年より若干難しい程度かなという印象でした。

ですから、TACの予想は妥当だと思っていたのですが…。

TACの予想と、実際の結果とを見比べて、選択式にしろ択一式にしろ、総得点が予想以上に低くなったという点、そして、労一の救済がなく労災と厚年が救済されたという点、これらは、ある特定の集団に少しでも有利にという意図が働いた結果であるとしか、私には思えません。

労一の試験が免除される集団の合格率は12%だったそうですね。全体の合格率7.6%との差というのは、有意な差ではないのでしょうか。

毎年、合格基準の最後にはこう書かれています。

*上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから、昨年度試験の合格基準を補正した者である。

「上記合格基準は」と、「試験の難易度に」との間に、ぜひ「ある特定の受験生とそれ以外の受験生との間における」と一言加えておいて欲しかったですね。

私のブログにコメントを寄せていただいた方の中にも、選択式労一が2点だったために不合格だったという方が何名かいらっしゃいました。

不合理な合格基準の設定に憤り、落胆し、やる気を失っているという方もいらっしゃると思います。

私もこんな試験制度は即刻改めて欲しいと思いますが、これが、現在の社労士試験であり、社労士になる以上は、この試験に合格しなければならないというのもまた事実です。

悔しい思いをした方こそ、もう一度、来年の(不合理な)試験に挑んでいただきたく思います。

十分合格する実力があるのですから、ここで諦めてしまうのはもったいないことです。

諦めることは、いつでもできますから。

|

« 大原の本試験分析会 | トップページ | 東京 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

特定集団の件、ツイ最近知りました。
受験生の立場からすると、労基・安衛はともかく、労災も、まあそうか、ですが、百歩譲って、労働一般なし、は、まあ、アリだとしても、よりによってなぜ厚生年金!?が、正直なところです。

なぜなら、労働一般、過去問をきっちりとやっておけば、解けた問題なので、取れた人は取れているので、まあしょうがないか、と思っていましたが、その集団の話を知ったときは、正直、ショックでした。憤りがこみ上げました。ふざけんな!って思いました。

でもね。よく考えてみたら、決めるのはアチラサマなわけです。
わたしがどんなにいいオンナだって言っても(あくまでもたとえです、笑)、相手が、癒し系のふつーのじみーな女子がいいって言われたら、振られるわけです。

なので、来年は、アチラサマに気に入られるような解答を導く訓練をしようと思いました。当然、アチラサマの好みの情報も視野に入れつつ。

それしかないよなー、と思います。試験制度云々言ってもしょうがないですね。
だって、決めるのは、アチラサマなんだから←しつこい(笑)。
 

投稿: nao | 2009年11月15日 (日) 13時01分

私は、先のコメントにも書きましたように、naoさんのブログはいつも読ませていただいております。
で、naoさんのブログに、今回いただいたコメントのような内容の記事が出ておりましたので、とても生意気なようで恐縮なのですが、これならnaoさんは大丈夫だなと感じておりました。
もちろん、naoさんの今回の結果は、さぞかし残念であったと思いますが、来年は、連合会もひれ伏すような結果で合格を勝ち取っていただけるものと思っております。
連合会のおじさん連中誰もが振り替えるようないい女になってくださいませlovely

投稿: ヒデ>naoさん | 2009年11月15日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/46743956

この記事へのトラックバック一覧です: やりきれない思い(今年の社労士合格基準を振り返って):

« 大原の本試験分析会 | トップページ | 東京 »