« 社労士実務講座 | トップページ | 復帰できず… »

2009年11月25日 (水)

区切り

WEBの無料ストリーミングでたびたびお世話になっている伊藤塾で、「2009年度行政書士本試験を斬る!」の配信が始まりましたので、早速見てみました。

実は、伊藤塾、今年の記述式行政法の条文を、ファイナルチェックでずばり当てました。

私自身は、この伊藤塾のファイナルチェックは、WEBで見ていたのですが、本試験で、伊藤塾のファイナルチェックで出ていたのと同じだとは気づきませんでした(大原の模試で出たやつだとは思いましたが…)。

やはり、直前チェックのようなものは、頭の中には残り難いのかなあという気がします。

さて、肝心の、「2009年度行政書士本試験を斬る!」ですが、他の学校同様、総評としては昨年より易しく、平成19年試験に近いということでした。

後は、記述式のできが悪く、10点台、20点台という方が非常に多いので、それ以外(240点)で7割ラインとなる168点くらい取っておきたかったというようなお話でした。

私自身は、本試験では、記述式の問題を読んで、1問目と3問目はそれなりに書ける、2問目はまったくわからないという感じでしたが、30点台取れているかと問われると、そこまでの自信はまったく持てません。

ですから、記述式を除く得点が、仮に160点前後であったとすれば、結果発表までかなり不安定な状態に置かれたのだろうと思います。

今回、そういう状態にならずに済んでほっとしていますが、その大きな要因は、一般知識の問題だったと感じています。

予備校が予想するような論点の問題が多かったですし、個数問題が出なかったといのもラッキーでした。

さて、伊藤塾の解説を聴き終えましたので、これで行政書士の試験については、一区切りということにしたいと思っています。

ちょうど、次のステップのために頼んでいた本も届きましたので、そろそろ、ぼんやりとした一日を過ごすのも終わりにしようかと考えているのですが、はてさて、上手く復帰できるでしょうか?

|

« 社労士実務講座 | トップページ | 復帰できず… »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/46858080

この記事へのトラックバック一覧です: 区切り:

« 社労士実務講座 | トップページ | 復帰できず… »