« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

思わず…

私は、ほとんど映画を観にいきません。昔、高校生の頃はよく行っていたのですが。

今年も、映画館に行ったのは、元日だけです。

来年も、元日は1,000円だし映画に行こうかなんていう話をしていました。

じゃあ何を観にいくかということなんですが、これはもう、「宇宙戦艦ヤマト 復活編」に決まりですsign03
(ヤマトの復活を待ち望んでいるという話は、こちらをご覧下さい)

ヤマトといえば、キムタク主演で実写版も制作されていますよね。

で、いろいろと盛り上がっているうちに、なぜか、行くなら前売り券を買わなきゃということになってしまい(←元日に観るなら前売り券は必要ない)、勢いで、買ってしまいましたcoldsweats02

P1020819_2

家に帰ってきてから気づきましたcoldsweats01

特典として、ポスターがついていたのですが、そこまで欲しいと思っていたわけではないので、ちょっと失敗です。

元日以外の日に観にいくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

明日の行政書士講座

今日は、伊藤塾の明日の行政書士講座を聴きに行ってきました。

この講座は、しばらくするとWEBの無料ストリーミングで見ることができるので、今まではそれで済ませていたのですが、今回は、「資格の活かし方を伝授!士業ネットワークの具体的な作り方と実務をしながら使える資格を取得する方法」というタイトルと、講師である西内孝文氏の、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、行政書士、CFPという肩書きに惹かれましたので、実際に行ってみることにしました。

講座の中で、複数の資格を持つことになった動機として、税理士としてクライアントから受けるいろいろな相談に対して力になりたかったからというようなことをおっしゃっていました。

税理士に限らず、そういう面はあると思いますので、複数の資格取得を目指す者としては心強く感じましたが、一方で、実務で活用してこその資格であり、とにかく資格を眠らせたまま腐らせるのではなく、実務をやってくださいと強調されていました。

講座タイトルにもあるとおり、実務をしながら使える資格を取得するということを、この方はやられてきたわけです。

耳が痛いですねdespair

複数の資格を持つことのデメリットを聞いてみたのですが、専門性が薄れてしまうことだそうです。

複数の資格を活かしていくうえでは、特にしっかりとした自分の専門をもつことが重要なんですね。

やはり、太い幹があってこそ、多くの枝葉をつけることができるということなのでしょう。

なかなかためになる講座でしたが、同時にいろいろと考えさせられました。

実務かあ…。

休みの日に、ただでいいから仕事を手伝って、実務経験を積んでいくというようなことでもいいということでしたので、そういうこともありかなあなんて考えてしまいますthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

片付け

試験前、散らかし放題だった机の周りを、ぼちぼちと片付けていたのですが、ようやく、整理がつきました。

気分も新たに、さて何をしようかと迷った挙句、先日届いたままになっていた問題集(まだやり始めていませんでしたcoldsweats01)を開いてみました。
(何の問題集かというのを明かすのは、もうしばらくお待ち下さい。まだ、決心がついておりませんゆえ)

最初の1問を解いてみたのですが、正誤チェック欄が、その問題に正解したかどうかしかチェックできないものだったので、はたと困ってしまいました。

その問題に正解したかどうかではなく、1肢1肢、正誤の判断ができたかどうかをチェックできないと、あまり意味がありません。
(今まで行政書士講座で使っていた大原のトレーニング問題集は、1肢1肢、正誤のチェックができるようになっていましたので、その点使いやすかったのですが。)

こうなると、別にノートを作って、1肢1肢の正誤チェックができるような形で記録していかないといけません。

ただ、今からそこまでやるのもなあという気もします。

最初ですから、だいたいどんな問題が出ているのかというのを確認するということで、問題を解くというよりは、読むという感じで進めてみようかと思い直しました。

それだと、気楽にできますしね。

さて、明日は、無料講座を聴きに、東京まで出かける予定です。

予報では、明日から寒くなって、雨も降り出すようです。せめて、雨は帰ってくるまでもってくれないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

受難?

以前、「就職難、会計士まで」という、朝日新聞の記事を取り上げたのですが(そのときの記事はこちら)、今朝の新聞には、その続報のような形で、「公認会計士合格者4割減」という記事が出ていました。

政府は現在2万人の会計士の数を、5万人程度に増やす方針。06年から試験制度が簡略化され、受験者数と合格者数は増加傾向にあった。07、08年は、不正会計を防ぐための内部統制報告制度などの導入を控え、合格基準を緩和。年3千~4千人が合格していたが、09年は「本来の合格基準にした」(審査会)ことから、合格者数は急減した。

こういう記事を読んで、とても腹立たしく感じるのは私だけでしょうか?

会計士の数を増やすという目的で、過去2年間合格者数を増やしておいて、今年いきなり「本来の合格基準」に戻して4割も減らすというのは、受験生にとってみれば、非常に理不尽ではないかと思うのですが。

会計士を取り巻く環境は非常に厳しく、合格しても就職できないかもしれないということが、前回の記事には出ていて、今回も同じようなことが書いてありました。

そういう社会情勢が、今年の合格者を絞ることになったのかどうかはわかりませんが、たとえそうであったにしても、恣意的な操作で合格率を急激に増減させるというのは、釈然としません。

もっと明確なビジョンと、明確な合格基準で、試験というものは実施できないんでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

復帰できず…

机の上には、昨日届いた問題集bookがどんと置いてあるものの、まったく開くこともなく1日が終わろうとしていますcoldsweats01

一度緩んでしまった気持ちを元に戻すというのは大変です。

勉強しているときは、いつももっと勉強する時間が取れるはずだと思っていたのに、今振り返ると、毎日よくあれだけの時間勉強していたなと感じてしまいます。

行政書士試験の日から18日経ちますが、なんだか、試験を受けたのは遠い昔のことのような気さえします。

結果発表までの2ヶ月間、このまま何もせずに過ごしても別に構わないのだけれど、後になって、きっと何もしなかったことを悔やむことになるのでしょう。

やっぱり、少しずつでもやっておきますかpencil


でも、今日は、この後久しぶりに「アメトーーク」を見ようかと。いつもYou Tubeで見ているのでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

区切り

WEBの無料ストリーミングでたびたびお世話になっている伊藤塾で、「2009年度行政書士本試験を斬る!」の配信が始まりましたので、早速見てみました。

実は、伊藤塾、今年の記述式行政法の条文を、ファイナルチェックでずばり当てました。

私自身は、この伊藤塾のファイナルチェックは、WEBで見ていたのですが、本試験で、伊藤塾のファイナルチェックで出ていたのと同じだとは気づきませんでした(大原の模試で出たやつだとは思いましたが…)。

やはり、直前チェックのようなものは、頭の中には残り難いのかなあという気がします。

さて、肝心の、「2009年度行政書士本試験を斬る!」ですが、他の学校同様、総評としては昨年より易しく、平成19年試験に近いということでした。

後は、記述式のできが悪く、10点台、20点台という方が非常に多いので、それ以外(240点)で7割ラインとなる168点くらい取っておきたかったというようなお話でした。

私自身は、本試験では、記述式の問題を読んで、1問目と3問目はそれなりに書ける、2問目はまったくわからないという感じでしたが、30点台取れているかと問われると、そこまでの自信はまったく持てません。

ですから、記述式を除く得点が、仮に160点前後であったとすれば、結果発表までかなり不安定な状態に置かれたのだろうと思います。

今回、そういう状態にならずに済んでほっとしていますが、その大きな要因は、一般知識の問題だったと感じています。

予備校が予想するような論点の問題が多かったですし、個数問題が出なかったといのもラッキーでした。

さて、伊藤塾の解説を聴き終えましたので、これで行政書士の試験については、一区切りということにしたいと思っています。

ちょうど、次のステップのために頼んでいた本も届きましたので、そろそろ、ぼんやりとした一日を過ごすのも終わりにしようかと考えているのですが、はてさて、上手く復帰できるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

社労士実務講座

来年の1月から、TACの社会保険労務士実務講座が開講になります。

私は、今年の1月からの講座を受講しました。

いまだに、社労士としての進展は何もありませんので、知識を活かすことはできていないのですが、この講座で知り合った方々とはいまだに交流がありますので、人脈を広げるという意味からも、受講してよかったと思っています。

その、実務講座のパンフレットに、今年の1月からの講座を一緒に受講した仲間が顔写真付で出ているということを聞いたので、TACからパンフレットを取り寄せてみました。

P1020814_3

右側が、実務講座のパンフレットです。中に受講生の声というのがありまして、思っていた以上に大きく、2人の仲間が掲載されておりました。

左側は、社労士講座のパンフレットなのですが、こちらには昨年の合格者の方の顔写真やコメントが掲載されていまして、その中に、実務講座で知り合った方が何人も載っていました。

どこで勉強されたというのは、知らない方もいらっしゃるので、この方もTACだったんだとか思って、なかなか楽しめました。

私も祝賀会に参加していれば、顔写真が載ったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

手帳

今日は、来年の手帳を買いに、本屋に行ってきました。

皆さん、毎年使っているお気に入りの手帳があるのではないかと思いますが、私がここ数年愛用しているのは、生産性出版というところが出しているA5サイズの手帳です。

ところが、この生産性出版の手帳というのが、意外と置いてある本屋や文具店が少ないんです。

ですから、毎年、この手帳を買うために、ここなら確実に置いてあるという本屋まで足を運ぶことになります。

で、今回も無事にその本屋でお気に入りの手帳を買うことができました。

そして、本屋に行ったらお決まりなのが資格書のコーナーです。

今日も、うろうろとしまして、数冊資格関連の本を買ってしまいました。

最近、資格関連書に限らず、本を衝動買いしています。

今まで本が読めなかったのでその反動なのでしょうが、大好きなミステリーではないというのが、自分でもびっくりしているところです。

さて、どんどん読んでいかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

ボージョレヌーボー

昨日は、先週に引き続き、東京に行ってきました。

先週同様、いくつか予備校を回りまして(しつこくやっておりますcoldsweats01)、その後、1つ目のイベントに参加するため、東横線で都立大前に向かいました。

その集まりというのは「ボージョレヌーボーを飲む会」で、某メーリングリストを購読している人であれば参加OKというもの。

まったく初めてお会いする方ばかりの集まりだったので、かなり緊張していたのですが、歓迎していただきまして、2時間弱、楽しい時間を過ごすことができました。

そのメーリングリストというのは、保険関係のものでして、そのビジネスモデルに興味を持っています。

自分の今後の仕事の中に取り入れられないかと思っていまして、その情報収集もあって、思い切って参加してみたのですが、さすがに飲み会だったので、詳しい話はできませんでした。

でも、代表の方の人柄や、このビジネスの理念・理想とするところなどはよくわかりましたので、今後どうしていくかということは、よく考えてみたいと思っています。

5時過ぎに、その集まりを出まして、2番目のイベントに参加するため、恵比寿に移動しました。

社労士実務講座で知り合った方々との勉強会&懇親会です。

今回、初めての試みである勉強会があったのですが、実は、すでにボージョレヌーボーを飲んでしまっていたのです。ごめんね~coldsweats01
(ただ、酔っ払って勉強会に参加するわけにはいきませんので、もちろん飲む量は控えていましたよ。)

勉強会は、ふだんなかなか聴くことができない、東京都の人事考課の話が聴けたのですが、基本、大企業のそれと変わりがないということが逆に驚きでした。

こういう会を維持していくのは大変であることはよくわかるのですが、私自身、なんら役に立てることはできそうにないので、せめて、勉強会には積極的に参加していこうと思っています。

勉強会のあとは懇親会で、本日2度目の飲み会となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

コラボレーション

LECのポイントがたまっていたので、買ってみました。

行政書士と社会保険労務士が、コラボレーションして互いに儲けようというお話です。

ダブル資格の話かと思っていたので、ちょっと当てが外れました(若干そういう話もでてきますが)。

ただ、社労士にしろ、行政書士にしろ、1人ですべての業務をこなせるわけはなく、専門分野・得意分野というのをもつことになるのですから、いろいろな形でコラボするというのは必要になってきますよね。

ところで、この本の中に、

社会保険労務士の試験には、択一式試験が七十問あり、基本的には各科目四十%以上、平均六~七割の正解にならないと選択式の採点がされないことになっています。

という記載があったのですが、初めて聞きました。ホントですか?

さて、明日は、東京に出かけます。

目的は2つ。

1つは、社労士仲間との勉強会&懇親会なのでいいのですが、もう1つの方が、まったく初めて参加する会なので、かなりドキドキしています。

会自体は、堅苦しいものではないのですが、初めてお会いする方ばかりなもので。

さて、どうなることやら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

迷うなあ

いろいろな予備校に話を聴きに行き、資料をもらい、体験生講義を聴き、体験DVDを聴き、WEBでセミナーを聴き、そんなことをすればするほど、どこで勉強すればいいのか迷ってしまいます。

さらに2ちゃんねるなんかを見てしまうと、もう収拾つきませんね。

とにかく今は悩んでいます。

もう一度、受講相談しに行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

バランス

時に、バランスを失うことがあります。

心身のバランス。心のバランス。

いろいろな人と出会い、多くの刺激を受けて、さて、自分はどうすべきなのだろうかと考える。

他の人の進んでいる道は、参考にはなるけれど、自分にはそのまま当てはまらない。

自分の道は自分で作っていくしかないけれど、どうやって作っていくのかがわからない。

急ぐ必要もないけれど、決して現状に満足しているわけではないのだから、少しでも早く道標だけでもほしい。

新しい一歩を踏み出した方々と会って話をすると、自分の中のバランスが崩れることがある。

簡単に言ってしまえば悩んでしまうということ。

法月綸太郎のように、悩み続けてもいい作品が書けるならばいいけれど(この意味がわかる人はミステリー通ね)、私の場合は、どんどん深みにはまっていくだけ。

今の段階で考えていることは、もうひとつだけ、新しい資格をとろうということ。

幸いにして…というか、その資格は、そんなに簡単にとれるものではないから、その間、今までのようにただ勉強するだけではなく、もっと人との出会いを大切にしよう。

社労士だけではなく、他の士業の方との交流も深めよう。

将来の自分がイメージできるような毎日にしたい。


(なんていうことも考えているんですよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

無駄遣い

試験前は、机の周りが散らかり放題だったので、ぼちぼちと整理をしています。

Gyousei_6

Gyouei2

合計するといくらになるのかは、怖くて計算していませんが、まあ無駄遣いであることは確かです。

上の方の写真は、主に過去問題集とかテキスト類。下の方は予想問題集です。

誘惑に負けてしまうと、1年間でこういうことになっていまいます。

今度何かの勉強するときは、「手を広げない」ということを守らないといけません。

自戒の念をこめて…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

簿記試験お疲れさまでした

今日は、第123回日商簿記検定試験の日でした。

受験された皆さん、お疲れさまでした。

私の妻も、2級を受験してきました。

途中体調を崩したりして、どうなることかと思っていたのですが、なんとか受験までこぎつけられてよかったです。

手応えの方は、とりあえず全部埋めたと言っておりますが、答えを控える時間もなかったということで、答え合わせはできないようです。

私の行政書士試験が先週終わって、今週妻の簿記の試験が終わって、2人とも試験から解放されました。

簿記2級は、私もとりたいと思っているのですが、試験問題を見ると、小さな字がびっしり書いてあって、こんなん読むだけでも大変だと、ちょっと気持ちが萎えています。
(そろそろ年のせいで小さな字を読むのがしんどくなっておりますwobbly

ともあれ、夫婦そろっての試験勉強生活がひとまず終わりまして、しばらくは、のんびりとできるかと思いきや、私の状況次第ではどうなるかわからないのですが、そのときは、またよろしくお願いしますということで…。

まあ、私が何をしていようとあんまり関係ないのかもしれませんがcoldsweats01.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京

おはようございます。

なんていう挨拶で始まることはめったにないのですが、珍しく、朝ブログを書いています。

昨日は、朝から、東京に行っていました。

夕方までは、いくつか資格の学校を回り、某資格についての話を聞いてきました。

行政書士に合格しているということが前提にはなりますが、次のステップというのを考え始めています。

まだ、決断まではしていませんので、これからいろいろと考えて(とは言っても、あまり時間的な猶予はないのですが)、決心がつきましたら、ここでも報告させていただきます。

夜は、社会保険労務士有資格者の方々の懇親会に参加しました。

皆さん、今年の事務指定講習を受けた方々で、私は、今となっては悔やんでいますが受けていないのですが、幹事の方と、別の実務家講座でご一緒したことがあり、そのつながりで声をかけていただきました。

ほとんど、初めて会う方だったのですが、同じ苦労をして(苦労の度合いはそれぞれ違いますが)、同じ資格をとった方々ですので、いろいろと楽しく、またためになる話もすることができました。

私は、まだセミナーとか士業の交流会とか参加していないので、なかなか出会いがありませんから、こういう機会は大変ありがたいです。
(幹事さん、またぜひよろしくね!)

今日は、昨日もらってきた資料を見ながら、どうするかを検討したいと思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

やりきれない思い(今年の社労士合格基準を振り返って)

毎年、何かしらの物議をかもす社労士試験の合格基準設定ですが、正直なところ、今年に関しては、妥当なところに収まるのではないかと思っていました。

ですから、合格基準を目にしたときには非常に驚きましたcoldsweats02

念のため、合格基準を書いておきます(見たくない方も多いかと思いますが…)。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

第41回(平成21年度)社会保険労務士試験の合格基準について

1 選択式試験は、総得点25点以上かつ各科目3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、厚生年金保険法は2点以上)である者

2 択一式試験は、総得点44点以上かつ各科目4点以上である者

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

誰も予想することのできなかった基準でしょう。

信頼の厚いTACの予想でも、

「前年の合格率と同水準とするのであれば、選択式28点(労基・安衛、労一2点)、択一式48点」

となっており、実際の結果との大幅な乖離が見られます。

もちろん、TACなどの予備校に復元解答を寄せるのは、その予備校を使い勉強し、かつボーダーラインの方が多く、なおかつ、全受験生からしてみればごく一部(TACでも5%程度)ではあります。

ただ、それは今年に限ったことではなく、予備校も例年の状況を踏まえて予想を出しているのですから、ここまで予想と結果がかけ離れるというのは考え難いことです。

今年は、なにかしらの作為が露骨に働いたと見られても仕方ないですし、実際そうだったのではないかと思っています。

選択式厚年の問題は、予備校などで学習している方にとっては易しかったはず。1年間ブランクのあった私でも解けました。

一方、選択式労一の問題は、予備校などで学習している方ほど、意外に盲点だったのではないでしょうか。私自身も、今年の選択式の問題では、労一が一番難しいと思いました。

また、択一式についても、昨年より若干難しい程度かなという印象でした。

ですから、TACの予想は妥当だと思っていたのですが…。

TACの予想と、実際の結果とを見比べて、選択式にしろ択一式にしろ、総得点が予想以上に低くなったという点、そして、労一の救済がなく労災と厚年が救済されたという点、これらは、ある特定の集団に少しでも有利にという意図が働いた結果であるとしか、私には思えません。

労一の試験が免除される集団の合格率は12%だったそうですね。全体の合格率7.6%との差というのは、有意な差ではないのでしょうか。

毎年、合格基準の最後にはこう書かれています。

*上記合格基準は、試験の難易度に差が生じたことから、昨年度試験の合格基準を補正した者である。

「上記合格基準は」と、「試験の難易度に」との間に、ぜひ「ある特定の受験生とそれ以外の受験生との間における」と一言加えておいて欲しかったですね。

私のブログにコメントを寄せていただいた方の中にも、選択式労一が2点だったために不合格だったという方が何名かいらっしゃいました。

不合理な合格基準の設定に憤り、落胆し、やる気を失っているという方もいらっしゃると思います。

私もこんな試験制度は即刻改めて欲しいと思いますが、これが、現在の社労士試験であり、社労士になる以上は、この試験に合格しなければならないというのもまた事実です。

悔しい思いをした方こそ、もう一度、来年の(不合理な)試験に挑んでいただきたく思います。

十分合格する実力があるのですから、ここで諦めてしまうのはもったいないことです。

諦めることは、いつでもできますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

大原の本試験分析会

大原の行政書士試験本試験分析会をWEBで見ました。

LECと同様、民法を除き、去年より易しかったという総評でした。

大原には、分析資料がついていまして、問題別の正解率も出ていました。

大原では、難易度を5段階に分けています。

Aランク 正解率100~80%
Bランク 正解率79~60%
Cランク 正解率59~40%
Dランク 正解率39~20%
Eランク 正解率19~0%

模試のときから、このランク分けを使っていて、Cランク以上の問題を落とさないようにという話を繰り返しされていました。

本試験をこのランクで分けてみると

法令5肢択一式
Aランク8問、Bランク11問、Cランク10問、Dランク10問、Eランク1問
(大原は問題3の正解を1又は2としていますので、どちらが正解かによって変わってくるのですが、LECが正解を2にしていますので、問題3の正解は2で計算しました)

多肢選択式
Aランク5問、Bランク5問、Cランク1問、Dランク1問

一般知識
Aランク6問、Bランク2問、Cランク4問、Dランク2問

となっていました。

合計すると、Aランク19問、Bランク18問、Cランク15問、Dランク13問、Eランク1問でした。

Cランクまでの問題を全部正解していれば、116点+22点+48点で合計186点ということで、記述式の結果にかかわらず合格ラインを超えたということになります。

私は、Aランクの間違いはなく、Bランクを3問、Cランクを3問、Dランクを8問、Eランクを1問間違えていました。

Cランクまでの問題を6問間違えましたが、その分Dランクの問題を5問正解したことでほぼ埋めることができ、結果として、記述式を除いて186点という得点をとることができました。

試験中には、こんな場合分けをしながら問題を解いていたわけではありませんが、それでも、自分がわからない問題は、これはDランクの問題で正解率は低いはずだと思いながら解き進めていました。

試験中に自信を失わないようにするというのも大切です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

試験レポートその3

帰りの電車の中から、もうぐったりとしていまして、すぐにでも眠ってしまいたかったのですが、やはり、解答速報が気になりました。

LECが19時に速報を出しましたので、とりあえずそれを印刷しました。

まず、目に入るのは記述式です。問題44と46は、それなりに点はもらえるだろうと思いました。問題45は、試験中から自分でも何を書いているのかわからなくなっていましたのでcoldsweats01、もう気にしないことにしました。

一応、記述式では20点という最低限の目標を立てていましたので、それは問題44と46でクリアできたのではないかと思いました。

次に、結構できたのではないかと思っていた一般知識を採点しました。

試験中わからなくて?マークをつけていた問題49と53は間違えていましたが、その他はすべて正解しており、14問中正解12問。56点中48点でした。

目標は、14問中7問、28点でしたので、ここで20点プラスできたのは大きいと思い、俄然、他の科目を採点する気になりましたup

続いて採点したのは、多肢選択式です。憲法は全問正解していましたが、難しかった問題43は2問しか正解しておらず、問題42も、正解だと思っていたところを1つ間違えていました。

目標は12問中10問、20点でしたが、実際は12問中9問、18点と、わずかに届きませんでした。

残りは法令40問です。

商法・会社法の問題36から40をまず見てみました。目標は5問中3問でしたが、結果も5問中3問でした。まずまずです。

民法の問題27から35。民法は難しかったので、正直不安でしたが、9問中5問正解していました。目標は6問でしたが、これは仕方ないと思いました。

最初に戻って、基礎法学の問題1と2。目標は2問中1問でしたが、結果も2問中1問でした。
(ただ、LECの速報は問題2の正解が4になっていたのですが、後に2に訂正になりました。私も2を正解肢にしていましたので、結局、基礎法学は2問中2問正解になりました)

憲法。5問中3問が目標でしたが、さっぱりわからなかった問題3以外はすべて正解しており、5問中4問とれていました。

残ったのは行政法19問です。試験中は、できているのかどうかまったくわかりませんでした。

地方自治法は何問か間違えるはずなので、問題8から20までをいかに乗り切るかだったのですが、採点していくと、ずっと○が続きました。最初に間違えたのは問題21で、問題20まではノーミスでした。結局、行政法は19問中16問正解。

法令5肢択一116点、多肢選択18点、一般知識48点、合計182点。
(基礎法学の1問が正解していましたので、実際は186点でした)

模試で高得点を取れたときに、本試験でも記述式抜きで180点取れていたらどんなにいいだろうって思っていたのですが、それが現実になるとは、にわかには信じられませんでした。

間違いがないか、何度も見直しました。116+18+48の計算も、電卓も使い、暗算でも何度も繰り返しまた。

大丈夫だとわかったときは、嬉しいというより、ほっとしました。

多くの方に激励を受けて臨んだ今回の試験は、心強くもあったのですが、反面、あまりに情けない結果は出せないというプレッシャーにもなりました。

でも、試験中、妥協してしまいそうになる自分を、本当にそれでいいのかもう一度考えろと最後まで鼓舞することができたのも、皆さんからいただいた応援のおかげです。

あとは、マークミスなど、それこそ情けない間違いをしていないことを祈るばかりです。
(何度も確認したので大丈夫だとは思いますが…)

最後に改めて、今回の行政書士試験受験を応援してくださった皆さん、本当にどうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

試験レポートその2

問題を解く順番については、いろいろと考えたのですが、結局、最初から順番に解き、記述式は一番最後にするという、模試でもずっとやっていたやり方にすることにしました。

問題1,2 基礎法学
問題1は正誤の組合せを選ぶもの。アは誤、イは正、ウは?、エは誤と考え、選択肢を見るとこの組合せは1つしかなかったのでそれを選びました。
問題2は法テラスの問題。出るなら一般知識かと思っていました。これは難問。わかりませんでしたので、なんとなくこれかなという肢に×をつけて次へ。
2問中1問とりたいと思っていましたが、大丈夫そう。

問題3~7 憲法
問題3はまったくわかりませんでした。ここで考え込んで時間を費やすのは危険なので、?マークをつけて次へ。
問題4から7は、答えを出せました。
5問中3問とりたいと思っていましたが、大丈夫ではないかと思い次へ。

問題8~26 行政法
問題8は行政計画。模試でも何問か出ていたと思いますが、一読してこれだというものは見つけられず?マークをつけました。
次に手が止まったのが問題13です。「私人間紛争の裁定的性格を有する行政審判に該当するもの」の組合せを選ぶというものですが、とにかく私人間の紛争なんだから、私人同士の争いごとになるのはどれかということで、とりあえず選びました。
問題17、仮の救済制度についても?マーク。これは、自信を持って選べませんでした。
(クレアールの直前チェックポイントに、答えが出ていましたね。たまには当たることもあるようですbleah
地方自治法の問題21も?でした。問題26も?。
19問中15問が目標でしたが、試験中はちょっと厳しいかなと思っていました。

問題27~35 民法
総じて、難しかったように思います。
問題28,29,31は?マーク。自信を持って判断できたのは、2問くらいでした。
9問中6問とりたいと思っていましたが、これは無理だなとはっきりわかりました。

問題36~40 商法・会社法
ここも、自信を持ってマークできた問題は少なかったです。
5問中3問という目標は難しいと思いました。

問題41~43 多肢選択式
問題43が難しく、2つ間違えているかもしれないと思いました。
問題41と42は、若干迷ったところはありましたが、なんとか全部正解できたのではないかと思い、12問中10問という目標はギリギリのところだと感じました。

問題47~60 一般知識等
今回の試験は、情報通信・個人情報保護の問題が1問少なく、政治・経済・社会が1問多くなっていました。
その、政治・経済・社会は、問題49の教育制度と、問題53の生活保護制度が?マークでしたが、そのほかの5問がオーソドックスな問題だったので助かりました。
1問減った、情報通信・個人情報保護は、自信を持って答えられたのは問題54だけでしたが、残りも、確信は持てないながらも、なんとなく正解していそうな感覚がありました。
文章理解3問は、問題文そのものも極端に長いものがなく、文意もとりやすかったのでこれはラッキーだと感じました。

ここで、記述式の問題をざっと眺めました。問題44と46はなんとか書けそうだということを確認したところで、特にいきたいわけではなかったのですが、手を挙げて、トイレに行きました。

気分転換は必要で、一番の気分転換は、教室の外に出られるトイレだと思います。

問題44~46 記述式
問題44は、ほぼ同じ論点の問題が大原の模試に出ていました。大原は毎年記述式の問題を当てているので、とにかく模試の記述式の問題は、暗記するくらい繰り返し見直してくださいと、先生が何度も言っていましたが、今年も当たりましたね。
問題45は、初めて目にする形式でした。試験中は何度も書き直して、考えれば考えるほど、よくわからなくなってしまったのですが、ほとんど問題文中に出ていることを、書き換えればよかったみたいですね。こういう問題はどうなんだろう?
問題46は、民法177条からの出題で、ど真ん中のストレートというところ。
悪くても20点はとれているだろうと思いました。

時間は、見直しをするだけの余裕がありました。

全体的な難易度としては、去年より易しくなっているのではないでしょうか?

ただ、これは今振り返ってみるとそう言えるということで、試験中は、とても易しい問題などと感じることはできませんでした。

帰りの試験会場の前では、伊藤塾のみ、朝と同じパンフレットを配っていました。

社労士の試験終わりは、各予備校が午前中の選択式の解答速報などを配っていてすごいことになっていたのですが、それに比べると行政書士は静かでした。

まあ、いくらなんでも解答速報はできませんもんね。

さらに続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

試験レポートその1

前日、天気予報が曇りになっていたので、少し心配していたけれど、雨の降る気配はまったくなく、試験日和のよう。

このところ、土日は、朝、ミスドでコーヒーcafeを飲んでから、大原で講義or自習というパターンだったので、今日も、同じように8時過ぎにミスドへ。

コーヒーを飲みながら、持参した六法の行政法の条文を読みました。

1時間ほどして、いいかげんコーヒーにも飽きたので、今度は大原に行って、ここでも1時間ほど記述式の問題を解きました。

それから、早めの昼食。試験会場の近くでとることも考えましたが、満席ということもありそうだったので、とってから行くことに。昼前からはちょっときつかったけど、縁起物なので、カツpigを食べました。

そして、いざ試験会場へ。

下見をしていたので、乗り換えもスムーズ。

船橋日大前駅についたのは、11時24分。

駅前では、各予備校が、最終チェックを配っていました。大原の先生からは、決して受け取らないようにと言われていたけれど、全部受け取りましたcoldsweats01

ただし、中身はまったく確認しませんでした。まあ試験前の風物詩なので、とりあえず乗っかってみようかということですね。

12時の試験会場入室までは、早稲田セミナーの直前チェックシート(駅前でもらったものではないですよ)を読んで、12時に入室。

アルコール消毒にご協力をということだったので、素直に協力して、受験会場に入りました。

ラッキーだったのは、座席が、教室の一番左の一番奥だったこと。周りにあまり人がいないので、集中して受験できそう。

ここで、困ったことに腹が減ってきてしまいましたdespair。昼食の時間が早かったので、一応、カロリーメイトを買ってきていたので、それを食べました。買っておいて良かった。

12時30分から、受験上の注意事項などの説明が始まりました。

3時間の試験時間中、飲食は当然できません。

トイレも原則認めていないということでしたが、もちろんこちらは、いきたい人は挙手で知らせてくださいとのこと。いけないわけないですよね。

13時、試験開始。

いきなり、携帯のアラーム音が鳴りました。

おじさんが手を挙げて、携帯の電源を切り忘れたと言っておりました。

あれほど、携帯の電源は切って、封筒の中に入れてしまうようにと言われていたのに。

当然退場かと思ったら、試験は受けられたようです。

それにしても、緊張感の張り詰めた雰囲気の中で鳴るアラーム音ほど、気をそがれるものはありませんね。

社労士試験では、試験中に携帯が鳴って、有無を言わせず退場になった人がいると聞きましたので、行政書士試験は甘いんだなあなどと思いながら、気を取り直して、試験に臨みました。

続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

戦いの結果

今日は、解答速報は見ずに寝ようかとも思ったのですが、やはり気になりましたので、自己採点をすることにしました。

大原、LEC、TACの解答速報を見ましたが、大原とTACは同じ答え、LECは2問違う答えがありました。私自身大原で勉強しましたので、大原の解答速報をもとに採点しました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

自己採点結果(青字はこのぐらい取りたいという希望点)

○法令5肢択一式(160点満点)
基礎法学 2/2 (1/2)
憲法 4/5 (3/5)
行政法(地方自治法除く) 13/14 (12/14)
地方自治法 3/5 (3/5)
民法 5/9 (6/9)
会社法・商法 3/5 (3/5)
合計 30/40 120点 (28/40 112点)

○法令多肢選択式(24点満点)
憲法 4/4
行政法 5/8
合計 9/12 18点 (10/12 20点)

○一般知識(56点満点)
政治・経済・社会 5/6 (2/6)
情報通信・個人情報保護 4/5 (3/5)
文章理解 3/3 (2/3)
合計 12/14 48点 (7/14 28点)

記述式を除く合計点 120+18+48=186点
(合格ラインは180点)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

実は、一般知識は自分でもできたという実感がありました。

一般知識で基準点割れすることはないだろうと思っていたのですが、ここまでできているというのは予想以上でした。

法令も、このくらい取りたいというラインを、ほぼクリアしていまして、またしても実感なき高得点ということになってしまい…。

でも、これが本試験ですから、素直に喜びたいと思います。

(あくまで自己採点の結果ではありますが)やりましたsign03

| | コメント (12) | トラックバック (0)

戦い終えました

行政書士試験、無事に終えました。

わかる問題はわかる、わからない問題はわからない。

当たり前ではありますが、両極端な問題が多かったように思います。

そして、わかった問題よりも、わからなかった問題の方がより鮮明に記憶されるものです。

全体的には、かなり難しかったように感じました。

感触としては…まったくわかりません。

応援メッセージもたくさんいただきましたので、ここで、合格間違いなしですsign01と声高々に言いたいところなんですが、そうもいきませんcoldsweats01

それにしても、3時間の試験、辛かったですsad

年々、集中力の衰えを感じます。

しかも、私が受験した教室で、試験開始早々、携帯のアラームを鳴らした大馬鹿者がいましてangry、しばらくそのアラーム音が頭の中で鳴り響いて、問題に集中できませんでした。

社労士試験だったら即退場だと思うのですが、今回、退場になるようなことはありませんでした。

マスク着用というのも、着けてなくても何も言われなかったですし、行政書士試験はおおらかなようです。

さて、今夜には解答速報がでますけれど、見るべきか、今日はやめておくべきか、悩んでいますthink

| | コメント (14) | トラックバック (0)

決戦の朝

試験当日を迎えました。

たくさんの方に激励のメッセージをいただき、本当にありがとうございました。

とても心強く思っています。

1年間、途中で諦めることなくここまでやってきた成果を出せるように、全力でぶつかってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

試験まであと1日!

(11月7日17時発表の天気予報では、明日の千葉県北西部の天気は曇り、気温は最低13℃、最高21℃となっています。)

いよいよ明日、行政書士試験日となりました。

行政書士試験研究センターのホームページに、都道府県別の受験申込み状況が出ていまして、全国合計83,819人となっていました。ちなみに千葉の申込者数は4,020人。

この中で、合格者となるのは、3,000人から5,000人といったところでしょうか。

その中の1人になれるよう、明日は全力を尽します。時間いっぱい使って悪あがきします。

縁あって、実際にお会いできた受験生の方、そして、ブログを通じて知り合えた受験生の皆さん、一緒に合格しましょうね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:8時間30分(模試復習、記述式)
合計905時間10分

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

試験まであと2日!

(11月6日17時発表の週間天気予報では、11月8日の千葉県北西部の天気は晴れ時々曇り、気温は最低13℃、最高19℃となっています。)

今日は、第41回社会保険労務士試験の合格発表日でした。

合格された皆さん、努力が報われましたね。本当におめでとうございますsign03

残念な結果に終わった皆さん、来年に向けてぜひ挑戦を続けてください。

今、皆さんの頭の中にある知識は、大きなアドバンテージです。そのアドバンテージを活かして、ぜひ来年は合格の喜びを味わってください。

それにしても…

どうにも解せない合格基準です。

なぜ選択式労一の2点救済がなく、厚年が2点救済されたのでしょうか?

ちょっと突っ込んでみたい気がするのですが、なにぶん、大切な試験2日前の身です。

試験が終わりましたら、また触れてみたいと思います。

とにもかくにも、試験が終わってから2ヶ月間、どっちつかずのジリジリした時間を過ごされてきたと思います。

今日は、喜ぶだけ喜んで、泣くだけ泣いて、みなさんそれぞれのネクストステップに進んでください。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(模試復習)
合計896時間40分

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

試験まであと3日!

(11月5日17時発表の週間天気予報では、11月8日の千葉県北西部の天気は晴れ時々曇り、気温は最低14℃、最高20℃となっています。)

ここにきて、いろいろとバタバタしており、ブログを書く時間がなかなか取れない状況です。

そんな中でも、なんとか最低限の勉強時間は確保しています。

残りあと3日。やりたかったことをすべてやり終えることはできませんが、それでも悔いのないように残り時間を過ごしたいと思っています。

明日は、社労士試験の合格発表日ですね。

ひとりでも多くの方が、合格の吉報を受けることができることをお祈りしております。

合格された方は、ぜひ、その合格パワーを私にも分けてくださいsign01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:6時間(模試復習)
合計893時間40分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

試験まであと5日!

(11月3日17時発表の週間天気予報では、11月8日の千葉県北西部の天気は晴れ時々曇り、気温は最低15℃、最高20℃となっています。)

試験まで残りわずかとなりました。

模擬試験の結果も踏まえ、合格するための目標点を設定することにします。

合格ラインは、300点満点中180点です。

まず、記述式(60点満点)ですが、これは得点が本当に読めません。模試でも、20点から60点までバラバラ。

ただ、記述式に頼るのは危険ですから、ここは、低めに20点とみておきます。

残り160点。

次に、一般知識(56点満点)ですが、これは14問中6問(24点)とらないと、基準点割れになってしまいます。模試では28点から48点と、こちらもかなり差がでました。

この一般知識もあまり高得点を見込むのは危険なので、14問中7問、28点とみておきます。

内訳は、
政治・経済・社会 6問中2問
情報通信・個人情報保護 5問中3問
文章理解 3問中2問

残り132点。

次いで、多肢選択式(24点満点)です。模試では16点から24点でしたが、ここは20点はとりたいです。

残り112点。法令の5肢択一でこれだけとらなければなりません。40問中の28問です。

基礎法学 2問中1問
憲法 5問中3問
行政法(地方自治法除く) 14問中12問
地方自治法 5問中3問
民法 9問中6問
会社法・商法 5問中3問

これで、ちょうど28問、112点。う~ん、かなり厳しいなあ。

本試験では、記述式で20点+α、一般知識で28点+αをなんとかとって、法令5肢択一に余裕を持たせられればいいのですが。

私自身は、現段階でボーダーラインにいると思っています。合格できるかもしれない。不合格かもしれない。

合格の可能性を少しでも上げるため、残り5日、最後の最後までやり抜きます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:8時間(模試復習)
合計887時間40分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

試験まであと6日!

昨日、下見に行ったときから、今ひとつ体調がよろしくありませんでしたthink

今朝になっても、あまり状況が変わりませんでしたので、念のため病院に行きました。

診断は、風邪です。

寝込むほどひどいものではありません。熱もありません。

ただ、試験前ですので、あまり無理はしないことにしました。

明日からは、また最後の追い込みです。

伊藤塾とTACから成績表が届きました。

正解率40%以上の問題を伊藤塾は6問、TACは9問間違えていました。

伊藤塾は、記述式がなんと60点満点で、総得点も256点、748人中3位という好成績でした。

それでも、正解率40%以上の問題を6問落としているわけですから、まだまだ、試験日までやらなければいけないことはたくさんあります。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:1時間40分(模試復習)
合計879時間40分

続きを読む "試験まであと6日!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

試験まであと7日!

今日も、貴重な休みの1日ではありますが、勉強以外に、今日どうしてもやっておきたいことがあって、それを実行しました。

試験会場の下見です。

私は、日本大学理工学部 船橋キャンパスで受験します。

最寄り駅は、東葉高速鉄道「船橋日大前」。私の場合、3回乗り換えが必要です。

乗り換え、迷いましたcoldsweats02

やっぱり下見しておいてよかったと思いますconfident

さて、日大理工学部船橋キャンパスは、船橋日大前の本当に目の前にあります。徒歩0分。

なんと、今日は学園祭をやっていました。

一応、大学の周りに何があるかを確かめたかったので、大学に入る前に、周辺をぶらぶらしました。

山崎デイリーストアーがあって、少し先にはセブンイレブンもあります。マミーマートもあります。何か忘れ物をしてしまったら買うことができそうです。

ガストもありました。食事や早く来た場合の時間つぶしに使えそう。

薬の福太郎もありました。急に調子が悪くなったら薬も買えます。

周辺チェックをしてから、学内に入りました。

駅前がすぐにキャンパスですが、試験会場が奥の方だったので、大学の門をくぐってから会場まで少し歩きました。途中、ローソンがありました。

会場と教室の場所を確認。

中も見たかったんですが、学園祭の催し物会場になっていたので諦めました。

これで、当日は大丈夫でしょう。

帰ってきてから、伊藤塾の志水講師の無料ストリーミングを聴きました。

「今、この場に立っているということに誇りをもってほしい。」

格好いいこと言うわけではないですが、投げ出さず、諦めずここまできたことに誇りをもって試験に臨みたいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:1時間30分(模試復習)
合計878時間

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »