« どんな順番で問題を解いていますか? | トップページ | 恥ずかしい »

2009年10月 6日 (火)

悩ましい…

大原の直前模擬試験2回目の復習が一通り終わりました。

今回の試験は、悩んだところがたくさんあったのですが、改めて問題を読むと、なんでこんなところで迷ったのかなあと思うようなところがかなりありました。

連鎖っていうのがあるんですよね。わからない問題が続くと、本来わかるはずの問題までわからなくなってしまう。

これもわからない、これもわからない、これもわからない…とずるずるといってしまいます。

もし、本試験でこの負の連鎖に陥ったとき、どうやって断ち切るかということは非常に重要です。

3時間という限られた中で、負の連鎖を断ち切り立ち直るというのは、とても難しいことです。

でも、それをやらなければ合格できません。

アホのように模擬試験を受けるのですから、いろいろな状況を考えてシミュレーションしておかなければダメですね。

もう一つ悩ましいのが、一度正解肢として結論付けたものを、後になって変えるかどうかという問題です。

だいたい、書き直したところは間違っていることが多いというのがこれまでの経験ですが、ここまでの模擬試験では、結構書き直しをしていまして、その正答率は五分五分というところです。

五分五分なら、確率的には書き直しても直さなくても同じだということになるのですが、そう単純に割り切ることもできません。

他にも、5肢択一の個数問題で、わからない肢をどっちにカウントするのかとか、なかなか悩ましいことが多いです。

結局のところ、本試験での集中力と運に期待するしかないのかなあ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(模試復習、民法)
合計761時間20分

|

« どんな順番で問題を解いていますか? | トップページ | 恥ずかしい »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/46415441

この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましい…:

« どんな順番で問題を解いていますか? | トップページ | 恥ずかしい »