« 心残りなこと | トップページ | 佳境 »

2009年10月15日 (木)

経済の勉強

私は、根っからの理系人間であると、ずっと思い込んでいたのですが、FPの勉強を始めたのをきっかけに経済に興味を持ち、社労士や行政書士の勉強をしたことで法律にも興味をもつようになりました。

試験のためだけの勉強ではもったいないですから、これからも経済や法律について、いろいろと学んでいきたいと思っています。

この「国債を刷れ!」は、とある方のブログで紹介されていたものです。ずいぶん前に購入して、一度ざっと読んでみたものの、データを駆使した詳細な分析からなる主張は、ざっと読んだくらいではきちんと消化することができませんでした(頭悪いなあ)。

この本は、試験が終わったらもう一度ゆっくり読み直してみようと思っているのですが、今日、同じく試験が終わったら読んでみようと思って買ってきたのが、

「本当はヤバくない日本経済」です。この本の作者、三橋貴明氏は、上の「国債を刷れ!」の解説を書いていましたので、同じような論調の本がでているのではないかと探して、見つけたものです。

こういう経済関係の本も、これからはどんどん読んでいきたいと思っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間10分(行政法、民法記述式)
合計798時間40分

|

« 心残りなこと | トップページ | 佳境 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私は2冊とも読みました。
ってか「とある方」って私のことかと
一瞬思いました。

しかし自分のブログには
それらしき記事は無さそうでしたので
きっと他の方なのでしょう。

私はいわゆる「日本破綻説」否定派でして
上記の本は私の考えを確信づけてくれました。

ついでに三橋氏の
「崩壊する世界、繁栄する日本」という著書も
おススメです

ではまた

投稿: TEJAN | 2009年10月15日 (木) 22時49分

この本のことを知ったのは、TEJANさんのブログではないのですが、その後、TEJANさんのブログでも取り上げられているのを見て、関心をもって読んでいる人が結構いるんだなって思いました。
三橋氏の「崩壊する世界、繁栄する日本」もぜひ読んでみたいと思います。

投稿: ヒデ>TEJANさん | 2009年10月16日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/46494277

この記事へのトラックバック一覧です: 経済の勉強:

« 心残りなこと | トップページ | 佳境 »