« 模試の難易度(行政書士編) | トップページ | 大原の集計結果を読んで2009 »

2009年9月15日 (火)

一般知識対策

行政書士試験には、一般知識という科目があります。

5肢択一式で14問出題されまして、「政治・経済・社会」が各2問ずつの計6問、「情報通信・個人情報保護」が5問、「文章理解」が3問となっています。

合格基準の中に、一般知識40%以上の得点というのがありますので、手を抜くことはできないのですが、かといって、個人情報保護法などの法律科目以外では、対策をたてるというのもなかなか難しいものがあります。

一般知識については、できるだけ多くの予想問題を解くしかないかなと思っているのですが、先日こんな本を見つけたので買ってみました。

『本書は、就職・転職試験や公務員試験、行政書士試験、社労士試験、昇格・昇任試験などで必要とされる時事用語を「政治」「経済・金融」「厚生・環境」「社会・生活」「国際」の5つに分類、新しい用語や最新のできごとを取り上げています』という言葉に惹かれました。

裏表紙には、2009年度公務員・行政書士試験時事問題出題予想ランキング!というのが載っています。

10位まで出ているのですがベスト5は

1位 行政改革推進法
2位 2009年度予算
3位 消費者庁発足
4位 裁判員制度
5位 臓器移植法

となっています。

半分気休めのようなところはありますが、通勤電車の中で読んでみようと思っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間10分(憲法、情報通信・個人情報保護)
合計676時間40分

|

« 模試の難易度(行政書士編) | トップページ | 大原の集計結果を読んで2009 »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

ヒデさん、初めまして。去年、今年と社労士を受験した者です。試験直後より度々拝読させて頂いております。技術職(でしたよね?)という、日中も常に根を詰めるお仕事をされながらも日々着々と受験勉強に取り組まれるヒデさんの姿に敬服しています。私は去年の試験では基安で2点(他は基準点クリア、選択28点・択一59点)のため不合格となり、今年は労一で2点(他は基準点クリア、選択36点・択一65点)でkuroさんと同じ救済待ちです。試験の帰りの電車でTACの解答速報を何気に見て労一2点(ABを入れ違え、他にも1問似た選択肢に惑わされてしまいました)の結果を知った時、もう嫌だ、来年はもうやめようと思いました。1年たっても何の進歩もしなかった自分に絶望的な気持ちでした。来年に向けての勉強方法もわからなくなってしまいました。でもその後、たまたまヒデさんのブログを拝読し、去年の試験直後にヒデさんがとっても前向きな気持ちで4度目となる次年度の試験に挑戦を挑まれていたのを知り、今年また不合格でも合格するまでがんばるぞ、と思えるようになりました。元気とやる気を頂き、ありがとうございました。お礼を言いたく、コメントさせて頂きました。行政書士の試験ももうすぐですね。手助けとなるようないいアドバイスも情報提供もできない自分が歯がゆいのですが、陰ながら応援させて頂いています。がんばってくださいね。(長くなり、すみません・・。)

投稿: mao | 2009年9月15日 (火) 22時18分

コメントありがとうございますhappy01
自己採点したときのmaoさんのお気持ち、とてもよくわかります。
でも、仮に不合格だったとしても、それだけ立派な点をとっておられるのですから、あきらめてしまうというのは、すごくもったいないことだと思いますよ。
ですから、私のブログを読んで元気が出たとおっしゃっていただけて、私もこのブログをやって良かったなって思いますhappy02。どうもありがとうございます。
maoさんが合格されていることを心よりお祈りしております。

投稿: ヒデ>maoさん | 2009年9月16日 (水) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/46220831

この記事へのトラックバック一覧です: 一般知識対策:

« 模試の難易度(行政書士編) | トップページ | 大原の集計結果を読んで2009 »