« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

リハビリ中

一昨日、昨日と2日間ほとんど何もしなかっただけで(正確にはぼちぼちやっていたのですが)、かなり勉強が遅れてしまったような気がしますcoldsweats02

実際、この時期の2日間は、大きいですよね。

今日になって、幾分体調も回復してきましたので、リハビリを開始しました。

リハビリにもってこいなのは、なんといっても会社法です(嘘ですwink)。

たまたま、それまで会社法の問題演習をやっていいましたので、その続きを始めました。

明日からは、本格復帰といきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

どっと疲れが

模試10番勝負は始まったばかりなのに、昨日から体調が芳しくありませんdespair

もう疲れが出ているのかなあ、年かなあと考えたりしておりますが、体調の悪さを利用して、こんなときにしかできないことをやってみました。

お手製の記述式対策問題集の作成です。

今まで受けた模試や、買ってきた予想問題集に出ている記述式の問題をルーズリーフに切り貼りしてまとめてみました。

全72問あります。これからも模試はありますから、最終的には100問近くになります。

これからは、このお手製問題集を、通勤のお供にしたいと思っています。

しかし、これだけ問題数があっても、同じ問題というのはほとんどありませんね。

2日間、ちょっと時間を無駄にしてしまいましたので、また明日から気合を入れなおして頑張りたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

模試10番勝負その2

今日は、大原の直前模試を受けてきました。人数が10人くらい増えて、40人くらいになっていました。模試だけを受けに来ている人も多いんですね。

自己採点結果(記述式除く)
 法令択一式 116/160
 法令多肢選択式 20/24
 一般知識 44/56
計180/240

一般知識の政治・経済・社会がパーフェクトというありえないような高得点だったため、合計点も記述式を入れずに180点に到達していました。

これは、大原の模試だからというのが多分にあると思います。

普段勉強している教材を作成しているスタッフが作っている模試ですから、他の予備校の模試と比較して、出来がいいのはある意味当然です。

ですから、この得点はあまり関係ないと思っています。むしろ、間違えたところをしっかり復習しなければいけません。

ただ、記述式が3問とも、うろ覚えなところはありますが、それなりに書けたことは嬉しかったです。

次週の10番勝負その3、その4に向けて、この1週間頑張りたいと思います。いまが一番成績が伸びる時期だと信じて…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:7時間(模試、解説講義)
合計734時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

模試10番勝負その1

今日は、LECの公開模擬試験を受けてきました。受験者数は60人くらい。

自己採点結果(記述式除く)
 法令択一式 120/160
 法令多肢選択式 16/24
 一般知識 32/56
計168/240

問題自体はかなり難しく感じ、できは悪いだろうと思っていたのですが、自己採点してみると、意外と合っていました。

ただし、幸運だったところ多分にあり。

真の力が問われる個数当て問題のできはよくありません。正確な知識が身についていない証拠です。

記述式も、相変わらず正確な語句が思い出せません。ぼんやりとしか思い出せないというのは、不正解と同じです。

明日は、大原の模試を受けに行きます。記述式、1問くらいスパーンと20点満点とってみたいなあ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:7時間(模試、復習)
合計727時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

いざ勝負!

明日から、模擬試験月間に入りますpencil

10/26(土) LEC公開模擬試験第1回
10/27(日) 大原直前模擬試験第1回
10/3(土) LEC公開模擬試験第2回
10/4(日) 大原直前模擬試験第2回
10/10(土) LEC公開模擬試験第3回
10/11(日) 大原直前模擬試験第3回
10/12(月) TAC全国公開模擬試験(自宅受験)
10/17(土) LEC公開模擬試験第4回
10/18(日) 大原全国統一模擬試験
10/24(土) 伊藤塾最終模擬試験

去年の社労士受験のときも、最後はこんな感じでした。

決してお勧めできるやり方ではありません。こんなに受ける必要はありません。

でも、根っからの臆病者である私は、このくらい受けないと安心できないのです。

特に記述式でズバリ同じ問題が出たらと考えると、受けられるだけ受けておきたいと思ってしまいます。

そういう性分なので、仕方ありません。

午後の3時間だけで終わりますから、社労士に比べればまだ楽です。

明日、模擬試験月間の初日、頑張っていってきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間30分(民法)
合計720時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

特急通勤

私は、今年の4月に部署の異動がありました。

それまでは、特急に乗って行かなければならないような、遠通勤だったのですが、4月からはそれがなくなり、通勤時間もぐっと短くなりました。

連休明けの今日、3月までいた職場で仕事があり、久しぶりに特急通勤をしました。

いつも乗っていた時間に、いつも乗っていた場所から電車に乗り、空いている席を見つけて座ります。

そこでふと、そういえば、いつもこの特急電車の中で社労士の勉強をしていたなということを思い出しました。

IDE社労士塾の条文順の過去問題集が通勤電車のお供でした。

特急に乗っている時間はおおよそ40分間なのですが、その間、ひたすら、過去問を解いてチェックを入れていました。

とても懐かしく感じました。

今日は…、もちろん行政書士の勉強をしましたよ。

なんとなく、社労士受験生時代の頃を思い出して、ちょっとほのぼのとした気分になったのですが、あの頃の自分と今の自分、何か違うような気がします。

そう、あの頃は勉強すればするほど、どんどん身についているような気がしていました。そうだったのかともやもやが晴れるようなときが何度もありました。

でも、今年の勉強では、まだそういうことがないような気がします。その域に達していないのでしょうね。

そのときがいつ来るのか…。必ず来ると信じて勉強していきます。

ただ、試験が終わってから来るのだけはやめてネcoldsweats01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間20分(記述式対策)
合計718時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

シルバーウィーク終了

5連休ももうおしまいですか。相変わらず早いですねえwobbly

受験生としては、思う存分勉強できる貴重な5日間だったのですが、さて、実際のところ、思う存分勉強できたのでしょうか?

とりあえず、5日間とも大原には通いました。1日は講座でしたので、残りの4日間は自習してきました。

家でやるよりは、ずいぶんはかどったと思います。

ただ、他の方のブログを読んでいると、自分の勉強のやり方は下手だなあと感じます。

やはり、きちんと合格される方というのは、それなりの勉強をされています。ブログを読めば、この方は合格するなというのがわかります。

私の場合は、自分でも自覚していますが、いろいろなことに手を回しすぎです。教材を絞って繰り返す方が力になるということはわかっていながらも、どうしても我慢できません。

誘惑に弱いんですね。

でも、だからといって今さらどうしようもないですから、こんな勉強でも、自分なりの勉強方法として正しいんだと思い込むしかありません。

明日からまた、朝勉強して、仕事して、会社帰りに自習してという生活に戻ります。

週末には模擬試験が始まります。

本試験まで残り45日と10数時間。

とにかく前に進みましょう。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:5時間20分(予想問題復習)
合計715時間50分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

5肢択一

今日はずっと、ここ数日で解いた予想問題集の復習をしていました。まだ終わりませんsweat01。なんとか明日中には終わらせないと。

さて、行政書士試験の出題形式は、5肢択一式、多肢選択式、記述式の3種類があります。

記述式というのは、40字程度で記述する問題、多肢選択式というのは、文章中の4つの空欄に当てはまる語句を、20個の選択肢の中から選ぶ問題です(社労士の選択式と同じようなものです)。

そして、5肢択一式ですが、社労士試験では、正しいものを選ぶか、誤っているものを選ぶかのどちらかなのですが、行政書士試験には、もっとバリエーションがあります。

代表的なパターンとしては、正しいもの(あるいは誤っているもの)の組合せを選ぶ問題と、正しいもの(あるいは誤っているもの)の個数を選ぶ問題があります。

組合せを選ぶ問題は、これは確実に合っている(あるいは間違っている)という記述が1つわかると、それで選択肢を絞ることができますので、さほど苦にはならないのですが、個数を選ぶ問題というのは、あやふやな知識では正解を導き出すのはかなり難しいので、この問題が出てくるとイヤーな気持ちになりますsad

ちなみに問題数ですが、去年の試験では5肢択一式全54問中、
正しいもの、誤っているものを選ぶ問題:30問
正しいもの、誤っているものの組合せを選ぶ問題:20問
正しいもの、誤っているものの個数を選ぶ問題:4問
となっています。

個数問題は、問題数としては少ないのですが、目にしたときの緊張感が他と違うので、感覚的にはもっと数が多いような気がします。

組合せ問題は数も多いのですが、この問題にもいくつかバリエーションがあります。

社労士の択一式は、科目は変わりますが、ひたすら同じような問題を解き続けなければいけませんが、行政書士の場合は、問題のパターンがいくつかあるということで、気分を変えるという効果はあるかもしれません。

時間にシビアなのは、どちらも同じですが。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:6時間30分(予想問題復習)
合計710時間30分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

連休真ん中

皆さん、シルバーウィークいかがお過ごしですか?

私は今日も、普段の休みと変わりなく、自習をしてきました。

心なしか、知っている顔も徐々に増えてきていまして、行政書士も直前期だなあということが実感できます。

大原で自習をするようになってから、その時間は勉強がはかどるのですが、家に帰ってきてからの勉強が、以前にも増してはかどらなくなってしまいましたdespair

場所など関係なく勉強に集中しなければならないのに、まったく困ったものです。

ともかく、明日も集中できる大原に行って勉強します。

昨日、今日と予想問題集を解いたので、その復習です。

まだ、買ってある予想問題集は残っているのですが、これ以上解くと収拾がつかなくなるので、残りの問題集は、もし直前に時間があればということにします(多分ないですが…)。

あ~でも、やらなかった問題集からズバリ問題が的中したらどうしよう…。

記述式の問題だけでも確認しておこうかな。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:6時間20分(予想問題3回分)
合計704時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

記述演習

今日は、直前対策「記述演習」を受けてきました。

世の中はシルバーウィーク真っ只中で、受講者も少ないかなと思っていたのですが、いつもより人数は多いくらいで、「記述演習」だけを単科で受けにきた方もいらっしゃるようでした。

受験生には連休も関係なしですねsweat01

講座の内容は、午前中に民法、午後に行政法の記述式問題を、ほぼひたすら解き続けるというもので、かなりぐったりしましたsad

テキストに掲載されている問題数ですが、

民法
 総則:10問
 物権:17問
 債権:20問

行政法
 行政手続法:29問
 行政不服審査法:14問
 行政事件訴訟法:23問

となっていまして、合計113問でした。

もちろん、講義の中ですべての問題を解く時間はありませんでしたので、後は自分で勉強するしかありません。

来週からは、いよいよ模擬試験が始まります。

LECの模試も受けますので、土曜LEC、日曜大原で模試という週末が続きます。

とにかく消化不良を起こさないようにしないと…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:6時間20分(記述演習講義)
合計697時間40分  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

模試3回分は…

今日は、久しぶりに飲み会の約束がありましたので、9時前から大原で自習を始めました。

TACの「ラストスパート行政書士直前予想問題集」を解いたのですが、収録されている3回分今日1日で終えてしまいました。
(本当は大原の自習室では、大原の教材を使って勉強しないといけないのですが、それは勘弁してくださいbleah

今まで2回分はやったことがあるのですが、3回分は初めてでして、最後はかなり辛いものがありましたcoldsweats01

答え合わせまでは終わっていないのですが、得点が1回目>2回目>3回目となるようだと、1日3回分解くのは止めた方がよさそうです。

でも、これまで、会場模試2回と模試形式の問題集を何冊か解いてきて、記述式を残して2時間で解き終えるというペースがほぼ確立できたように思えます。

本試験もこのペースで解ければ、記述式に時間を費やせる上に、見直しの時間もとれます。

これから、模試も本番ですから、このペースを目標にしていきたいです。


夕方まで自習をしまして、そのまま東京に行きました。

TACの社労士実務講座で知り合った方プラス初めてお会いする方で飲み会でしたbeer

明日、行政書士講座がありますので、あまりたくさん飲むことはできなかったのですが、楽しい時間を過ごすことができました(どうもありがとうございますsign01)。

アクティブな方と話をすると、刺激を受けることができていいですよね。

明日は、記述演習です。どのくらい解けるのか、期待と不安が半分半分です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:7時間(模試3回分)
合計691時間20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

さあシルバーウィーク!

いよいよ明日から5連休ですhappy01

いつの間にかシルバーウィークって呼ばれるようになったんですね。

春の金に対して、秋の銀ということなのでしょうか?それとも敬老の日がありますからお年寄りのシルバーということなのでしょうか?

それはともかく、この時期にこれだけの休みが取れるのですから、受験生としては、なんとしても有効に使わなければいけませんpunch

20日の日曜日は大原の行政書士講座がありますので、残りの4日間をどう過ごすかということになります。

基本的にはガンガン問題を解いていくつもりにしていますが、解きっぱなしにならないようにしなければいけんせんよね。

社労士受験生の皆さん、とりあえず試験結果のことは忘れて、楽しいシルバーウィークをお過ごし下さい。

行政書士をはじめとする受験直前期の皆さん、どこに行っても渋滞、混雑です。頑張って勉強しましょうsign01

そうそう、定例試験諸法令の結果を書くのを忘れていました。

結果は、5肢択一式は10問中8問正解(80点)でした。

受験者数911人中73位。偏差値61.3。平均点56.2。

間違えた2問も、正解率が21.7%、39.7%と低かったので、良しとしましょう。

記述式は満点を取らなければいけない問題だったのですが、漢字を間違えてしまったりして、20点中12点でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間40分(憲法)
合計684時間20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

TACと大原

相変わらずアクセス数が通常の7,8倍ありまして、どうでもいいような記事が書き難い状況にありますcoldsweats01

というわけで今日も合格予想ラインについてなのですが、TACと大原の予想は、本命どころとして、

TAC
 選択式28点以上(労基・安衛、労一2点救済)+択一式48点以上

大原
 選択式27点以上(労基・安衛、労一、労災2点救済)+択一式47点以上

となっていますが、前提となる合格率が、TACでは昨年と同じ7.5%、大原では例年並の9%と違っています。

TACの分析資料では、いくつか可能性を考えることができますので、合格率を大原と同じ9%とした場合の合格ラインを見てみると

選択式28点以上(労基・安衛、労一、労災2点救済)+択一式48点以上
選択式28点以上(労基・安衛、労一2点救済)+択一式47点以上

というのが一番近いところになります。

改めて大原の予想を書くと

選択式27点以上(労基・安衛、労一、労災2点救済)+択一式47点以上
選択式27点以上(労基・安衛、労一2点救済)+択一式45点以上

となりますので、同じ合格率を設定しても、TACの方がより厳しい合格ラインになっています。

選択式で1点、択一式で1点、ないし2点ですが、この1点が非常に大きいんですよね(過去1,2点に泣いたことのある方にはおわかりいただけると思います)。

選択式で30点以上、択一式で50点以上とっている方には関係ありませんが、選択式27,28点、択一式45,46,47,48点あたりの方は気が気でないことでしょう。

やはり、7割とるということが必要なのですね。

TACと大原、どちらの分析力が勝っているのか結果発表を待ちたいと思います(ちなみに昨年はTAC圧勝と私は個人的に思っています)。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(憲法)
合計681時間40分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

大原の集計結果を読んで2009

大原の集計結果が出ました(こちら)。

択一式の国年を除いて、中間集計結果と大きく異なるところはないようです。

合格予想ラインも中間集計結果と変わらず、

選択式27点以上(労基・安衛、労災、労一2点救済)
択一式47点以上

となっています。

TACの分析結果と比較しながら読むと、微妙なずれがあるところが興味深いです。

やはり意識しているように思えるのですが…。

それはともかくとして、これで、ほとんどの予想がでそろいました。

選択式では27点、28点。救済科目としては、労基・安衛>労一>労災。択一式では46点から48点といったところが大勢ですね。

あとは、合格率がどのくらいに設定されるかによって変わってきます。

去年の7.5%というのが特異な数字だったのか、そうではなかったのかということ。

また、受験者数が過去最大になっているということがどのように影響するのかということ。

そして、去年のようなサプライズはあるのでしょうか?

私としては、このブログを読んでいただいてる方々のできるだけ多くが、合格をつかみとることができることを祈るばかりです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(憲法)
合計679時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

一般知識対策

行政書士試験には、一般知識という科目があります。

5肢択一式で14問出題されまして、「政治・経済・社会」が各2問ずつの計6問、「情報通信・個人情報保護」が5問、「文章理解」が3問となっています。

合格基準の中に、一般知識40%以上の得点というのがありますので、手を抜くことはできないのですが、かといって、個人情報保護法などの法律科目以外では、対策をたてるというのもなかなか難しいものがあります。

一般知識については、できるだけ多くの予想問題を解くしかないかなと思っているのですが、先日こんな本を見つけたので買ってみました。

『本書は、就職・転職試験や公務員試験、行政書士試験、社労士試験、昇格・昇任試験などで必要とされる時事用語を「政治」「経済・金融」「厚生・環境」「社会・生活」「国際」の5つに分類、新しい用語や最新のできごとを取り上げています』という言葉に惹かれました。

裏表紙には、2009年度公務員・行政書士試験時事問題出題予想ランキング!というのが載っています。

10位まで出ているのですがベスト5は

1位 行政改革推進法
2位 2009年度予算
3位 消費者庁発足
4位 裁判員制度
5位 臓器移植法

となっています。

半分気休めのようなところはありますが、通勤電車の中で読んでみようと思っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間10分(憲法、情報通信・個人情報保護)
合計676時間40分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

模試の難易度(行政書士編)

昨日は、行政書士講座「分野別演習」の3回目と4回目を受講してきました。

行政法と会社法の演習だったのですが、横断的な問題が多く、頭を整理するうえでも役に立って、なかなかいい演習だったと思います。

来週はいよいよ「記述演習」です。全2回、午前中民法、午後行政法。

記述式の出来が合否を左右すると言っても過言ではないので、いつもにも増して集中して受講しようと思っていますが、記述式対策は大原のこの講義だけでいいのかなあという気もしています。

他の予備校の記述式対策講座も受けてみようかと考えてもいるのですが…。まあ、来週の大原の講座を受けてみてから決めましょう。

ところで、昨日、講義の合間に、一昨日解いたLECの直前予想模試の復習をしていたら、先生に声をかけられました。模試の話になって、各予備校の模試の難易度を教えてもらいました。

その先生によりますと、もっとも難しいのが早稲田セミナーで、次がTACと大原、易しめなのがLECと伊藤塾だそうです。

どうりで、LECと伊藤塾で受けた模試の成績が良かったはずですcoldsweats01

早稲田セミナーの模試は、受けようかどうしようか迷って結局止めたのですが、そんなに難しいのならば、止めて正解だったかもしれません。

初学者があまり難しい模試に手を出してしまうと、自信喪失してかなり焦りますから(社労士受験生時代に経験済み)。

TACと大原の模試で、合格ラインを超えられるように頑張ることにします。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(憲法、情報通信・個人情報保護法)
合計673時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

どうして?

今日、改めてTACとIDE社労士塾の集計結果を比べてみたのですが、今年は、IDE社労士塾の点数がかなり低くなっていますよね。

選択式の平均点の差が2点、択一式の平均点の差が2.7点もありますwobbly

他の年もこんなにあるのかなと思って過去に遡ってみたのですが、平成15年までの間に、こんなに差がある年は他にはありませんでした。

今年の選択式で、救済の可能性のありそうな、基安、労災、労一のデータを見ても、2点以下の割合が、TACに比べてIDE社労士塾はかなり多くなっています。

IDE社労士塾に復元解答を寄せるのは、やはりIDE塾生が多いと思うのですが、今年はIDE塾生のできが悪かったのでしょうか?不思議です。

なぜこんなことを書いたのかといいますと、自分なりの予想をIDE社労士塾のデータを使ってやろうとしたのですが、まったく上手くいかなかったからです。

これは、私の予想は取り止めなければなりませんねbearing

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

TACとIDE社労士塾の平均点データ(平成21年~15年)

平成21年
選択式:TAC30.7点 IDE28.7点 差2.0点
 基安:TAC2.7点(43.1%) IDE2.5点(50%)
 労災:TAC3.4点(23.9%) IDE3.2点(27%)
 労一:TAC2.9点(38.0%) IDE2.6点(47%)
     ()内は2点以下の割合
択一式:TAC44.9点 IDE42.2点 差2.7点

平成20年
選択式:TAC27.7点 IDE27.3点 差0.4点
択一式:TAC46.4点 IDE45.0点 差1.4点

平成19年
選択式:TAC32.9点 IDE31.9点 差1.0点
択一式:TAC44.9点 IDE43.1点 差1.8点

平成18年
選択式:TAC28.9点 IDE27.8点 差1.1点
択一式:TAC40.8点 IDE40.8点 差0.0点

平成17年
選択式:TAC31.0点 IDE30.8点 差0.2点
択一式:TAC41.5点 IDE41.9点 差-0.4点

平成16年
選択式:TAC30.7点 IDE30.3点 差0.4点
択一式:TAC39.5点 IDE39.9点 差-0.4点

平成15年
選択式:TAC30.2点 IDE30.7点 差-0.5点
択一式:TAC40.0点 IDE41.5点 差-1.5点

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:14時間(分野別演習講義、模試2回分)
合計670時間30分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

TACの分析結果を読んで2009

(去年も同じタイトルで記事を書きましたので、今年は2009と入れてみました。)

社労士受験生の多くが気になっていたであろう、TACの本試験分析が公開されました。

この資料によると、今年の選択式の平均点は、昨年より3点高く、択一式の平均点は、昨年より1.5点低くなっています。

去年の試験が、平成14年試験以降、選択式の平均点がもっとも低く、択一式の平均点がもっとも高いという極端なものでしたので、今年の試験の傾向は例年に近いものになっています。

そのせいか、TACの分析も、健保1点救済を含めかなりのパターンを例示した去年とは違い、すっきりしたものになっています。

去年と同程度の合格率と仮定して、選択式28点以上(労基・安衛、労一2点救済)+択一式48点以上、合格率が上がる場合は、択一式の点数を落としていく可能性が高いという結論にも頷けるものがあります。

去年のようなサプライズは起こりにくいかと思いますが、最終的には、合格率が何%になるのか、そして、選択式と択一式のどちらをより重視するのかによりますので、あとは合格発表を待つしかありません。

今日は、IDE社労士塾も復元解答集計状況を発表しました。得点の傾向はTACと変わませんが、こちらの方が、よりシビアな結果になっていますね。

私も、近々予想をしてみたいと思います。

ところで、TACはどうして毎年こんなに詳しい分析をするのでしょうか?

実は、今年の初めに、TACの実務講座を受講したときに、講師に聞いてみたことがあります。

「どうしてTACは毎年あんなに詳細な分析資料を出すのですか?」

講師の答えは

「TACの講師にああいう分析が好きな人がいるんです」

ということでした。意外と個人の趣味なのかもしれませんよwink

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(憲法、情報通信・個人情報保護法)
合計656時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

いよいよ明日

TACの本試験分析が公表されます。

気になっている皆さんも多いことでしょう。

去年の私は、選択式健保1点だったわけですが、TACの本試験分析を読んで、もしかすると健保1点あるかもしれないという気持ちになりました。

もちろん、可能性は限りなく低いと思っていましたので、来年に向けての勉強は早々に始めたわけですが、TACの分析を読んだあとは、心の片隅に、ひょっとしたらという思いが常に宿っていました。

そして、結果は多くの皆さんもご存知の通りです。

TACの考え方は、的を射ていました。

ですから、今年のTACがどのような分析をしてくるのか、とても注目しています。

私自身も、今年の合格ラインについては、いろいろと無責任な予想をしていますが、その予想については、TACの分析が出てから書いてみようと思っています。

あっ、別にTACの分析をパクルわけではありませんよcoldsweats01。平均点や選択式の得点分布などのデータが欲しいだけです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(情報通信・個人情報保護法)
合計653時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

あっという間に

行政書士試験日まで2ヶ月をきりました。残り、59日と10数時間。

私の勉強の方は、今日、「発展諸法令」の講義の復習が終わり、インプットが一通り完了しました。

今までも、トレ問を解きながらテキストで確認するという、アウトプット→インプットという流れを意識してやってきましたが、これからは、今まで以上にアウトプット中心でやっていきたいと思っています。

大原の講座も、来週が「分野別演習」の行政法と商法・会社法、再来週が「記述演習」で、その次からは「直前模擬試験」です。

時間が経つのは早いというのは、いつも感じることですが、このくらいからは特別早く時間が流れるように感じます。

明日から、気持ちをリセットして直前期に臨みたいと思います。

さし当たって、一般知識で得点源にしなければならないにもかかわらず、これまで思うように点が取れていない、「情報通信・個人情報保護」のトレ問に再挑戦です。

総勉強時間も、1,000時間といきたかったのですが、それは無理なようです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(会社法)
合計650時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

伊藤塾の無料ストリーミング

今日は、一日頭痛で不調でしたbearing

こんなときに勉強しても、あまり頭の中には入りませんので、伊藤塾の無料ストリーミングを聴いてみました。

2009年行政書士試験突破!必勝講義~合格のために、今何を考え、何をすべきか~

志水先生の話を聴くのは2回目なのですが、なかなか自分に合っているなという気がします。

なかなか痛いところをついてくれますし、もちろんためにもなります。

直前期をいかに過ごすかということで、行政書士受験生はもちろん、他の試験を控えている方にもお勧めできます。

あまり手を広げすぎないようにしなくっちゃthink

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(会社法)
合計647時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

あれれ…

記事にしたばかりの真島先生のブログから、該当する記載が削除されていました。

どうしちゃったんでしょう?

代わりにというわけではないのですが、TACの本試験解答解説会が動画チャンネルで配信されています(こちらから)。

そこでは、レジュメもPDFで読めますが、本試験終了時の合格ライン予想として、

選択式 総得点28点以上 各科目3点以上
択一式 総得点48点以上 各科目4点以上

と書かれていますね。

ただし、この合格ラインの予想は、「本試験解答分析サービス」の結果を加味する前のもので、最終予想は、9月11日にホームページに掲載されます。

おそらく、選択式に救済が入ってくると思いますが、労基・安衛、労一、労災のどこまで可能性が示されるのか、そして、選択式、択一式とも総得点は何点くらいになるのか、大変興味深いところです。

社労士の場合、合格率が何%くらいになるのかによっても基準点変わってきますからね。予想するのも難儀なことだと思います。

あと4日、TACの分析を待ちましょう。

そして、大原も近々最終予想を出してくるはずです。中間集計に基づく合格ライン予想会の動画を見ると、どうもTACの分析を意識している節がありますので、こちらの方もどんな最終予想を出してくるか注目しています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(会社法)
合計645時間30分

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

難しすぎる

今日から、行政書士講座は直前対策に入りました。

この直前対策から入られた方が7,8人いらっしゃって、いつもより人数が増えました。見知らぬ方がいると、自然と気合が入りますね。

今週と来週は「分野別演習」で、今日は、午前中憲法、午後民法の問題を解きました。

ただただ、問題をたくさん解きまくるのかと思っていたのですが、コンセプトがまったく違っていまして、この「分野別演習」は、類似する制度を横断的に比較する設問(横断まとめ問題)、学説の対立等を利用した設問(学説問題)、最高裁判所判決の一節を用いた長文の設問(長文判例問題)等の対策を行うものでした。

難しかったですwobbly

憲法はまだなんとか解けたのですが、民法はさっぱりわかりませんでした。

民法の場合、問題が司法試験とか司法書士試験から出ていたのですが、一読しても、よく意味がつかめないものが多かったですcoldsweats02

司法試験や司法書士試験ってやっぱり難しいんですねthink

それから、定例試験行政法の結果が戻ってきました。

結果は、5肢択一式は10問中9問正解(90点)でした。

受験者数785人中90位。偏差値59.4。平均点71。

とりあえず、民法の不出来を取り戻せてよかったです。

嬉しかったのは、記述式が満点だったことhappy01

記述式で、1問でも満点近い得点が取れればずいぶん楽になるんですが、本試験でどんな問題が出るのか、社労士の選択式でどんな問題が出るのか不安だったのと同じような感覚があります。

先生は、民法の1問は基本的な問題なので、満点近い点を狙ってくださいとおっしゃっていましたが、いくら基本問題とはいっても、必ずしもすらすらと解けるわけではないというのは、昨日も書いたとおりです。

不安を打ち消すには、勉強するしかありませんよね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:7時間10分(分野別演習講義)
合計642時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

昨日の続き

さてさて、昨日は選択式の労基・安衛を解いたところで終わりになってしまいました。

なぜ、改めて昨日の記事を書いたのかと言いますと、あるブログを読んだからなんです。

社労士受験生の皆さんは、真島社労士塾をご存知かと思います。

その真島社労士塾のホームページに、「しんちゃんDiary」という、塾長の真島伸一郎先生の日記があったのですが、しばらく前からずっと更新が止まっていました。

どうしたのかなあと思っていたのですが、今月、「しんちゃんのひとりごと」というブログがスタートしました。そのブログの9月4日の記事に「今年の試験」というのがあります。

真島先生が、今年の試験の選択式労基・安衛について述べておられるのですが、この記事を読んで、再度、労基・安衛の問題を考え直してみようかという気になったわけです。

特に安衛ですね。真島先生がおっしゃっているように、今年の安衛はサービス問題だったのでしょうか?

確かに、私も一瞬そう思いました。安全衛生管理体制は、安衛の中では力をいれて勉強するところですし、その中でも産業医の基本というべきところからの出題でしたから。

でも、やっぱりそれは違うと思うんです。出題箇所は基本でも、穴があけられたところは、受験生を迷わせるところだったわけです。結果がそれを物語っています。

大原の中間集計結果でも、Dの正解率は53%、Eの正解率は15%というのが現実です。

真島先生がブログで書いておられるように、【産業医とくれば「勧告」、作業場巡視義務とくれば「作業方法や衛生状態に問題あれば対処しろ」というのが基本】というわけには残念ながらいかなかったのです。

確かに、教える側の人間としては、あれだけ力を入れてやったところがなぜ解けないんだというのがあるのでしょうね。

ただ、基本的な問題だからといって、何でもかんでも解けるわけではありません。それが、選択式の怖さです。

私は、その怖さを身をもって体験しているので、今年の選択式の労基・安衛のできが悪かったという結果を受けて、試験をなめている人が多いだとか、自分に甘いなどとはとても言えません。

もちろん、真島先生の真意は、【あなたに合格してほしいから、あえて言いました】というところにあるのでしょう。

でも、選択式には、どこかに必ず魔物が潜んでいるものです。それが、いかにも魔物が棲んでいそうな場所ばかりだとは限りません。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:6時間10分(模試2回分)
合計635時間20分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

改めて選択式(労基・安衛)

訳あって、今年の選択式労基・安衛を、もし私が受験生だったらこんなふうに解いていったのではないかとシミュレーションしてみました。

私の選択式の解き方については、過去記事(こちらこちら)をご参照ください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まずざっと問題文を読んでみる。B,Cは判例からの出題でやっかいそう。それに対してD,Eは産業医の基本的なところからの出題。
この時点で、A,D,Eで3点取りたいと思う。

空欄にどんな言葉が入るかを考えながら再読する。Aには「すべての者」と書き込む。BとCはわからない。Dには「勧告」と書き込む。Eには「作業○○」と書き込む。
この時点で、Eが完全にはわからなかったことで、3点確保できるかどうか少し焦る。

選択肢を見る。「すべての者」と「勧告」の両方とも語群にあったことで、Aに15、Dに3と書き込む。
この時点で2点は確保できたと思う。

選択肢をグループ分けする。
Aは、15のほかには、4(監督若しくは管理の地位にある者)、11(指揮監督者)、20(利益代表者)が候補。
Bの候補は、2(過失相殺)、13(自由な意思)、18(同意に基づく相殺)、19(不利益の補償)。
Cの候補は、5(休業の確保)、6(経済生活の安定)、7(最低賃金の保障)、16(生活保障)。
Dは、3のほかには、1(意見)、12(指導)、14(助言)が候補。
Eの候補は、8(作業環境)、9(作業場所)、10(作業方法)、17(設備)。
BとCのグループ分けに今ひとつ自信がもてない。
(私は、Bの正解肢である6をCの候補としてしまいました。)

Aについては15、Dについては3が正しいことを再確認する。
(私は、産業医は事業者に勧告できるということを覚えていましたのですぐにDがわかりましたが、これを覚えていないとかなり迷うと思います。)

Eについては、4肢のうち3肢が「作業○○」だったことで、ほとんど絞ることができずかなり焦る。問題文と3肢を交互に睨みつけながら、必死になんだったか思い出そうとする。
「場所」ではなかったはず。「環境」か「方法」だが、どちらかといえば「方法」のような気がするので、10を選ぶ。

Cについては、休業手当というのは労働者の生活保障という面が大きいであろうことから、生活保障がもっとも妥当ではないかということで、16を選ぶ。

Bはよくわからない。相殺は、労働者の自由な意思に基づいて行う場合は法違反にならないということから、13を選ぶ。

結局、自信を持って正解と言えるのはAとDの2つ。Cはおそらく合っているだろう。Eは自信なし。Bは間違っていても仕方ない。A,C,Dでなんとか3点取れていてほしいと願う。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今年の選択式労基・安衛は、一読すると3点は取れそうと思う問題ですが、安衛の2問が、産業医の基本的な問題であるにもかかわらず、空欄が迷いやすいところであったため、覚えていた人には簡単でも、そうでない人には難しいという二極化が生じたのではないかという気がします。

なぜ、改めてこんなことを書いたのかといいますと、もちろん理由があるわけですが、長くなってしまったので、次回に続くということにさせていただきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間(会社法)
合計629時間10分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

ライバル

(すっかり忘れていましたが、昨日でこのブログも開設して丸1年が経ちましたbirthday。早いです。私のような怠け者がこの1年続けてこれたのも、読者の皆様のおかげです。どうもありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。)


会社法の勉強を始めると、途端にペースが落ちてしまいますdespair。試験まであと2ヶ月あまりだというのに、これではいけません。

そんなわけで今日のタイトルです。

皆さんにはライバルがいますか?

ここは資格受験のブログですから、受験のライバルというふうに限定してみましょうか。

私にはライバルがいますpunch。行政書士受験のライバルです。

その人は、ちょっと市川海老蔵のような雰囲気をもつ、耳にピアスをした今どきの若いお兄さんです。

日曜日の行政書士講座で一緒になります。

行政書士講座には、20名強の受験生がいます。その中で、なぜそのお兄さんだけがライバルなのかというと、ほぼ毎日、自習室で顔を合わせるからです。

夜の自習室でいつも勉強しています。今日もいるなと思うと、自然とやる気が起きます。

話したことはありませんから、年齢や仕事や受験回数など何もわかりませんが、何も知らないお兄さんのことをライバル視して、毎日気持ちを奮い立たせていますup

長い受験勉強、モチベーションの維持は大変です。

勝手にライバルを作って、その人にだけは負けないゾと気合を入れるのも、モチベーションを上げる一つの方法ではないでしょうか。

独学や通信で勉強されている方は難しいかもしれませんね。

もし、予備校の自習室が利用できるようでしたら、そこで同じ受験勉強している人を探してみるというのもいいかもしれません。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間40分(会社法)
合計626時間10分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

諸法令定例試験

メール送信欄mailをテンプレート右上に設けました。

コメントでは書き難いという方がいらっしゃいましたら、メールをいただければと思いますconfident


8月30日の日曜日に、行政書士のインプット講義が終了したわけですが、この日は、「発展諸法令」の講義でした。

発展講義は、最終回に定例試験があるのですが、「発展諸法令」は全2回だったため、30日の午後に試験がありました。

5肢択一10問(内訳は会社法7問、商法2問、基礎法学1問)中、8問正解で、間違えたのは2問とも会社法でした。

先生は、6,7点を目標にとおっしゃっていたので、まずまずだったのでしょうか。

記述式は民法からの出題だったのですが、問題を見た瞬間、これはわかるぞsign01と思い、勇んで書いて、記述式初の満点かと思ったのですが、どうも漢字を間違えてしまったような気がしますcoldsweats01

漢字の間違えは当然減点の対象になりますので、初の満点は幻と終わりそうです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間30分(会社法)
合計623時間30分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

思わず…

今日、大原に行ったら、2010年受験対策の行政書士講座パンフレットが置いてあったので、思わず持ってきてしまいましたcoldsweats01

いや、来年また受けるつもりはありません。

でも、今年ダメだったら、来年も大原で受講すると思いますが。

まあ、あまり深く考えるのは止めましょう。

さて、8月22日に受けた、伊藤塾の中間模擬試験の結果が返ってきました。

○法令五肢択一
基礎法学:2/2
憲法:2/5
行政総論:2/3
行政手続:2/3
行政不服:3/3
行政訴訟:2/3
国家賠償:0/1
地方自治:3/5
情報公開:1/1
民法:7/9
会社法:2/4
商法:1/1
計:27/40 108点

○多肢選択式
憲法:4/4
行政法:2/4、4/4
計:10/12 20点

○一般知識
政治:2/2
経済:1/2
社会:0/2
個人情報:1/2
情報通信:3/3
文章理解:3/3
計:10/14 40点

計:168点

○記述式
行政法:8点
民法:10点、16点
計34点

総合300点満点中202点。(平均点140.7点。偏差値64.8。判定B。順位32/506)

法令択一
184点中128点。(平均点92.1点。偏差値63.7。判定B。順位42/506)

記述
60点中34点。(平均点19.3点。偏差値60.6。判定B。順位65/506)

法令総合(択一+記述)
244点中162点。(平均点111.4点。偏差値69.3。判定B。順位42/506)

一般知識
56点中40点。(平均点29.3点。偏差値61.5。判定A。順位43/506)

私が間違えた問題の正答率。
60%以上…一般知識1問
50%~60%…法令1問
40%~50%…法令3問 一般知識1問
30%~40%…法令4問 一般知識1問
20%~30%…法令1問
10%~20%…法令4問 一般知識1問
10%以下…法令2問

前回のLECプレ模試に次いで、今回も合格圏内に入ることができました。

この時期の模試ですから、問題はやさしめに作ってあるのではないでしょうか。

気を緩めずにいきます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:4時間(諸法令)
合計621時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »