« 届きました | トップページ | 結局… »

2009年8月 5日 (水)

にらめっこ

ここ数日、気がつくとカレンダーとにらめっこしてます。

行政書士試験までの休みの日を、どう使おうかと考えています。

8月の残りの休みが夏休みを含め10日で、そのうち自由に使える日が6日。

9月の休みは11日(今年は秋のGWがある年でしたね)で、そのうち自由に使える日が6日。

10月の休みは10日で、そのうち自由に使える日が2日。

11月の試験日までの休みは3日。

休みの合計は34日で、そのうち自由に使える日が17日。

こうして数えてみると、休みだけでまだひと月分ありますし、そのうちの半分は自由に使えます。

まだまだ、勉強する時間はあるんだなあ…think

少しだけ、心にゆとりができました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:3時間10分(民法。定例試験復習)
合計515時間30分

定例試験民法の復習4

問題
BがA所有の甲建物について賃貸借契約を締結し、引渡しを受けた場合に関する次の記述のうち妥当なものはどちらか。

ア Bが適法にEに対して甲建物を転貸している場合、AがBの賃料不払いを理由にA・B間の賃貸借契約を解除するときは、Eに対して催告する必要がある。

イ Bが適法にFに対して甲建物を転貸している場合、AとBの合意により、A・B間の賃貸借契約が解除された場合であっても、特段の事情のない限り、Fの転借権は消滅しない。

適法な転貸借契約があっても、賃貸借契約が債務不履行に基づき解除される場合は、賃貸人は転借人に対し、催告をする必要はない。

適法な転貸借契約がある場合で、賃貸借契約が合意解除されたときは、特段の事情のない限り、転借人の転借権は消滅しない。



答え…イ

|

« 届きました | トップページ | 結局… »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/45845929

この記事へのトラックバック一覧です: にらめっこ:

« 届きました | トップページ | 結局… »