« 会議なんて大嫌いだあ! | トップページ | 模試を受けるぞ! »

2009年5月28日 (木)

許可と認可と確認と

行政書士講座は、先週末から「基本行政法」に入りました。

全10回のうち、1回目と2回目を受講しましたが、ずーっと通則に関してのことばかりで、はっきりいって面白くなかったのですが、その中に、社労士の勉強でもでてきた、『許可』、『認可』、『確認』についての項目がありました。

“行政行為の中の法律行為的行政行為のうち、命令的行為に属する”(←ここは、私の頭の中の整理のために書いていますので、社労士受験生の方は読み飛ばしてください)
『許可』とは、すでに法令又は行政行為によって課されている一般的禁止を特定の場合に解除する行政行為をいう。

“行政行為の中の法律行為的行政行為のうち、形成的行為に属する”『認可』とは、第三者の契約、合同行為を補充して、その法律上の効果を完成させる行為をいう。

“行政行為の中の準法律行為的行政行為に属する”『確認』とは、特定の事実又は法律関係の存否について公の権威をもって判断する行為であり、法律関係を確定する効果の認められる行政行為をいう。

う~ん、難しすぎてさっぱりわかりませんbearing

『許可』というのは、禁止されていることをやってもいいよ~ということですので、イメージはわきますが、『認可』と『確認』はなんのことやらさっぱり…という感じです。

こういう場合、具体例があると普通はわかりやすくなるのですが、それぞれの具体例を挙げていくと、さらに頭の中は混沌としてきますgawk。あまりにややこしくなるので、ここでは挙げません。

何度テキストを読んでも、頭の中は濃霧状態です。勉強をしていると、あるとき、頭の中のモヤモヤがすっとはれることがあるのですが、そんなときが果たして訪れるでしょうか?

そういえば、社労士では『承認』というのもありましたね。このへんの言葉を選択式で抜いてこられると、非常にやっかいです。なにしろ理屈で覚えるのが大変ですからね。個人的には、こんな問題は本試験で出してほしくありません。問題作成者のセンスを疑いますthink

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(行政法)
合計316時間40分

|

« 会議なんて大嫌いだあ! | トップページ | 模試を受けるぞ! »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/45159627

この記事へのトラックバック一覧です: 許可と認可と確認と:

« 会議なんて大嫌いだあ! | トップページ | 模試を受けるぞ! »