« 大和生命その後 | トップページ | 定額給付金 »

2009年4月12日 (日)

記述式対策をどうするか…

今日は大原に、行政書士講座基本民法3回目と4回目を受けにいってきました。

すでに講義には、ついていけなくなってきていますweep

もちろんはじめからすべて理解できるわけはないのですが、それにしても、区別して覚えなければならない用語の数の多いこと。基本民法は全10回ですが、4回目にして早くも音を上げていますshock

それに加えて気にしなければならないのが、記述式対策です。

社労士は今年も選択式のままで、胸を撫で下ろした方も多いと思いますが(個人的には、選択式よりも記述式のほうが楽だと思っていますが)、行政書士試験では、40字記述式問題が3題出されます。

初学者が、いきなり記述式の過去問を解こうとしても、解けるわけがありません。

大原のトレ問には、記述式の問題ももちろんあるのですが、その前にキーワードチェックを行うようになっています。

例えば、

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に【A】、又は【B】法律行為については、この限りではない。

こんな問題が、ズラズラズラと並んでいます。

講義を受けたら、その範囲内のトレ問はすぐに解くようにしていますが、5肢択一式に比べると、このキーワードチェックの出来は悲しくなるくらい良くありませんsad

初学者なんだから当たり前、3回、5回、10回と繰り返すうちに埋められるようになる…そう思いたいですね。


ちなみに上の問題の答えは、

【A】:権利を得 【B】:義務を免れる

です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:4時間30分(民法講義)
合計203時間20分

|

« 大和生命その後 | トップページ | 定額給付金 »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

行政書士の試験には記述式があるんですか。
社労士より範囲も広そうですし大変そう…

最近の私は、会計士に向けて
簿記2級と民法・会社法を勉強しているんですが、
特に会社法は頭がパンクしそうですわ。

もっとも私は株式投資をしてまして
会社の組織とかは興味ある分野ですので
それは救いなんですけどね。

オチのないコメントですが、ではまた

投稿: TEJAN | 2009年4月12日 (日) 23時11分

そうなんですよ、字数は40字と短いのですが、穴埋めのような形ではなく、きちんとした文章を書く記述式です。
しかも配点も多いので、対策をたてないわけにはいきません。頭が痛いですbearing

会社法は行政書士でもでてきますが、そんなに大変ですか?なおさら頭が痛くなりますね。

投稿: ヒデ>TEJANさん | 2009年4月13日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/44649795

この記事へのトラックバック一覧です: 記述式対策をどうするか…:

« 大和生命その後 | トップページ | 定額給付金 »