« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

同期会

昨日は、TAC実務講座受講仲間の懇親会beerでした。

実務講座を受けていたのは、今年の1月から2月にかけてでしたから、終わってまだ2ヵ月半くらいなんですが、もうずいぶんと昔のことだったように感じましたconfident

同じ講座を受けた同期の面々と久しぶりに会うことができ、楽しい時間を過ごすことができました。

この2ヶ月あまりの間に、社労士としての新たな一歩を踏み出された方もいて、羨ましくもあり、焦る気持ちもありなのですが、私は私なりに今出来ることをやっていこうと思っています。

今後は、飲み会だけでなく、勉強会bookも催されるとのこと。こちらも楽しみにしています。


今、Yahoo!のニュースに、漢検の6月試験を文部科学大臣が容認する方針を明らかにしたというニュースが出てました。とりあえず受験できそうで良かったです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:3時間20分(民法)
合計247時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

不覚にも…

今朝はぐっすりと寝込んでしまいsleepy、日課の朝勉をすることができませんでしたcoldsweats02

朝は、漢検と行政書士の勉強をしているのですが、漢検はともかくとして、行政書士はノルマの2時間はなんとしてもこなさなければいけません。

通勤時間と会社の昼休みで1時間を確保して、家に帰ってきてから1時間、計2時間なんとか勉強することができました。

今日の2時間を加えて、行政書士のこれまでの勉強時間は244時間になりました。試験日までの残り日数は193日です。

仮にこのまま、1日2時間ペースで勉強したとすると、トータルの勉強時間は630時間になります。

う~んthink

合格するための勉強時間って、ときどき話題になったりしていますが、私はほとんど気にしたことがありません。

3年間社労士の受験勉強をしましたが、毎日の勉強時間は記録していませんでしたので、自分がどのくらいの時間勉強したのかは、さっぱり把握していません。

勉強時間なんて目安にもならないと思っていたからですが、実際にこうして勉強時間をつけてみると、この時間数が多いのか少ないのか気になってきました。

決して多くはないと思います。けれど、時間の制約のある中で、毎日こつこつとは続けているので、少なすぎるということもないのではないかと思っています。

例えば、1年前から勉強を始めて、1日2時間勉強すれば730時間になります。このくらいが目安なのでしょうか?

ただ、私の予定としては、6月に簿記と漢検の試験が終わった後は、行政書士の勉強時間は増やすつもりですので、630時間よりは多くなると考えています。

あまりに勉強時間が短いのもなんだか恥ずかしいですし、それで合格するつもりかと突っ込まれそうですので、何とか毎日時間を作っていきたいと思います。

と、いいつつも明日は、以前TACで受けた実務講座の同期会beerなので、夜は勉強できません。

明日の朝は、ちゃんと起きて朝勉しなければsign03

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(民法)
合計244時間20分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

直前期を迎えての勉強法4

前回は、初学者についての話に入ったところで終わりました。

初学者の方は、再受験の方に比べると、どうしても問題演習の量が少なくなってしまいます。

予備校の講座でも、まずはインプットから入り、一通りすべての科目を勉強してから、答練などのアウトプットに入っていきます。

ちょうど今頃から、アウトプット講座が始まると思うのですが、初学者の方はインプットに手一杯になってしまい、この時期までに問題演習までなかなか行き着けないという方も多いのではないでしょうか。

実は、初学者の方でも、この時期までに条文過去問を複数回こなして、

one過去何度も繰り返し問われている頻出箇所と、その出題パターンの把握

two自分の得意とする分野と、苦手とする分野の把握

を行うことは可能です。

インプット講義の復習の段階で問題集を解く。解けなかった問題は、対応するテキストの記載部分を読む。読み終えたらもう一度問題を解く。このような、講義⇒問題集⇒テキスト⇒問題集という流れを早くから作っておくと、初学者の方でも、今の段階で、onetwoをなんとか行えるのではないでしょうか。

初学者の方が再受験の方に比べ問題演習量が少なくなってしまうのは仕方ないことですが、社労士試験は相対評価で結果が決まります。他人との戦いです。再受験のつわものとも最後は同じ土俵に上がることになります。

初学者の方が再受験の方との差を埋めるためには、とにかく問題演習をこなしていくしかありません。まだ、問題演習量が不十分だという方は、出来るだけ早く、onetwoを行えるように条文過去問に取り組んでください。

そして、

  1. 頻出箇所であり、得意分野である
  2. 頻出箇所であるが、苦手分野である
  3. 頻出箇所ではないが、得意分野である
  4. 頻出箇所ではなく、苦手分野である

この4パターンを把握し、次のステップに進んでください。


さて、先ほども書いたように、これから、答練や模試などアウトプット講座を受ける機会が増えてきます。そこで、このアウトプット講座に臨む際の心構えなどを書いておきたいと思います。次回(おそらく最終回)に続きます。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(民法)
合計242時間20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

簿記基礎講義終了!

昨日、簿記3級の基礎講義全10回が終了しました。そして今日は、行政書士講座基本民法の7回目と8回目を受講。3月末から続いていた、土日両日の大原通いが、これで、いったん中断します。

簿記のこれからのスケジュールは、5月17日(日)から3級総まとめ(全3回)が始まり、3級直前答練、公開模試と続き、6月7日に終了。そして、6月14日が試験です。

つまり、5月16、17日の土日から、再び、土日両日の大原通いとなります。ただ、今度は今までの逆で、土曜日が行政書士、日曜日が簿記となりますが。

昨日の簿記の講義では、総まとめが始まるまでの2週間の勉強についてのアドバイスがありました。それに従って、教わったことを忘れてしまうなんていうことがないようにしたいです。

行政書士の講義も、今度の週末は新しい講義の視聴開始がないのでお休みです。ですから、今度の土日は、久しぶりの授業なし。世の中はGWですね。

私は1日だけ遊びに行く予定を立てていますが、その他は基本勉強の予定です。

簿記の復習と、行政書士の特に憲法の復習に充てたいと考えています。


それから、辰巳佐藤塾の直前講座のパンフレットが届きました。改正法対策講座はDVD通信で10,000円です。まあ、こんなもんでしょうか。白書・統計数値対策講座も受けたくなってきました。東京LIVEは7月20日(月)で、これなら受けられそうです。

やはり、社労士の最新の情報にも触れていたいというのが正直な気持ちです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:5時間(民法講義)
合計240時間20分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

直前期を迎えての勉強法3

前回は、

one過去何度も繰り返し問われている頻出箇所と、その出題パターンの把握

two自分の得意とする分野と、苦手とする分野の把握

をしっかりと行ってくださいというお話をしました。

この2つの把握ができれば、続いて、この2つを用いて4つの場合分けをすることができます。

  1. 頻出箇所であり、得意分野である
  2. 頻出箇所であるが、苦手分野である
  3. 頻出箇所ではないが、得意分野である
  4. 頻出箇所ではなく、苦手分野である

この4パターンですね。

これからの勉強において、重点を置くべき順序は、2>1>>4>3です。

2は、何を差し置いても真っ先に取り組まなければならない重要課題です。なぜ苦手なのか理由をはっきりさせ、どうしたら苦手意識が払拭できるのかを考えてください。予備校を利用している方であれば、講師を質問攻めにしてでもわかるようになるまで頑張ってください。

頻出箇所というのは、実際に試験に出題された場合、多くの受験生が点を取ってくるところです。そこを落としてしまうのは、実によろしくないということはお分かりいただけると思います。

1は、頻出箇所でありなおかつ得意分野ということですから、例えば条文過去問を解いていても、問題を読んでいる途中で答えがわかってしまうくらいになっているかもしれませんね。ということは、これ以上、今までと同じように問題を解いていてもあまり意味がないということです。ぜひ、頻出箇所の周辺にまで手を広げていただきたいと思います。

得意な分野に関連付けて、その周辺知識まで吸収してしまえば、もう怖いものなしです。また、社労士の試験問題は、過去問の焼き直しが多いといわれていますので、ご自身が問題を作る立場になったつもりで、問題を考えていくというのもいいかもしれません。

過去問ではこの論点が多いけれど、ちょっとひねって、こういう論点の問題も作れるかもしれないとか、よくこのパターンで引っ掛けてくるけれど、それならこういう引っ掛けもあるかもしれないとか、こんなふうに勉強できたら、ちょっと受験勉強も楽しくなりそうです。

とにかく、1については応用編に進んでいく時期です。

4と3は、他の2つに比べれば、優先順位はぐっと低くなります。余裕のある方が、4の苦手分野をつぶしていくといった勉強までできればいいのではないでしょうか。

さて、ここまで述べてきた勉強方法ですが、一応、受験経験のある方を念頭において書いてきました。とはいっても、初学者の方は、まったく違った勉強方法を取るということではありません。基本は同じことなのですが、再受験者と初学者とでは、スタートラインに差がありますよね。そこをどうしたらいいのかというのが次のお話なのですが、それはまた次回ということで。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間20分(民法)
合計235時間20分

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月24日 (金)

佐藤塾でも直前対策2

私のブログには、「検索フレーズランキング」というのを載せているのですが、平均してずっと人気がある検索ワードに、『佐藤としみ』、『佐藤塾』、『辰巳法律研究所』といった、佐藤先生絡みのものがあります。さすが人気講師ですよねhappy01

私自身もLECで講座を受けたときには佐藤先生に教わりましたので、佐藤先生の素晴らしさshineはよくわかっています。

その佐藤塾のホームページに、直前講座の案内ページができました(まだご覧になってない方はこちら)。

私も早速パンフレットを請求しました。

別に冷やかしとかではないですからね。前にも書きましたが、法改正講座をどこかで受けたいと思っていますので、その検討のためです。

パンフレットはビューアでも見れるのですが、「改正法対策講座」は、東京本校でのLIVEが6月14日、なんと簿記の試験と重なってしまいましたcoldsweats02

佐藤先生の講座なら、LIVEで受けてもいいかなと思っていたのでちょっと残念です。でも、通信もありますので、そちらにしようかなあなんて考えています。どうせ受けるなら佐藤先生がいいなあなんて。


それから、まったく話題は変わるのですが、一時期削除していた、行政書士試験までのカウントダウンブログパーツを復活させました。

どうもこれがないと、まだまだ時間がありそうな気になってしまって、試験日が確実に近づいているという実感がわきません。

再度載せてみると、行政書士試験まで200日を切っていました。急に焦り始めていますwobbly

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間10分(民法)
合計233時間

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

直前期を迎えての勉強法2

それでは、具体的な内容に入っていきましょう。

まずは、今までの勉強の成果を確認します。

成果を何で判断するのかという問題がありますが、一番簡単で間違いがないのが、成果=過去問題集を解いた回数です。

社労士試験における過去問の重要性については、今さら申し上げるまでもありません。

皆さん、IDE塾や佐藤塾やWセミナーなどの条文順過去問題集(以下条文過去問)をお使いなのではないでしょうか。今までに何回転できましたか?3回転ですか?5回転ですか?10回転ですか?

条文過去問を繰り返し解くというのは、非常に有効な勉強方法だと思いますし、繰り返した回数も多いに越したことはないのですが、繰り返し解くこと自体が目的でありません。

では、条文過去問を繰り返し解く目的ってなんでしょう?私は2つあると思っています。

one過去何度も繰り返し問われている頻出箇所と、その出題パターンの把握

two自分の得意とする分野と、苦手とする分野の把握

この時期、この2つの把握ができているという方は、もう条文過去問は卒業ですね。次のステップに胸を張って進んでいけます。

条文過去問を繰り返し解いていけば、onetwoの把握は漠然とはできてくるのですが、漠然としたままなのと、きちんと整理できているのとでは大違いです。

onetwoがしっかり把握できていないという方は、早急に把握できるよう、これまでの勉強結果を整理すべきです。(GWという絶好の勉強期間もありますね)

実は、onetwoを把握するのに効果的な勉強方法というのがあります。それは、過去問を解いたらその内容をテキストにフィードバックさせていくということです。

これをやっていれば、今の段階でテキストには書き込みがいっぱい、もとの文章がわからないなんていうこともあるかもしれません。

そういう方であれば、そのテキストを見れば頻出箇所も、得意・苦手分野も一目瞭然なはずです。

それに対して、ただ漫然と条文過去問を解いていたというだけでは、そこまでの域には達しないのではないでしょうか?

それでも、条文過去問を繰り返し解いたという下地はあるのですから、今からでもなんとかonetwoをしっかり把握できそうだという方は、その時間をぜひ作ってください。それだけの価値はあると思います。

そんな時間はとれないという方は、過去問マークや頻出マークがついている、市販のテキストを利用して時間を節約するという方法もあります。LECの「社労士必修基本書」なんかは、そういう観点から使いやすいと思います。(今さらテキストを買うのもどうかと思いますが…)

onetwoがしっかり把握できたところで、これから先の勉強方法へと進むわけですが、これについてはまた次回ということにさせてください。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間10分(民法)
合計230時間50分

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年4月22日 (水)

社会保険労務士医療費用保険

月刊社会保険労務士4月号に、『社会保険労務士医療費用保険のおすすめ』という案内がでていました。

社労士にもこういう保険があるんですねえ。

社労士事務所なんかにお勤めの方はよくご存知なのでしょうけれど、私はこんな社労士向けの保険があるなんてしりませんでした。

皆さんはあまり興味がないかと思いますが、私は以前保険関係の仕事をしていたことがありますので、こういった記事にはとても興味をそそられます。

この医療費用保険は、2つの支払対象があります。

1.治療費用の支払
 病気や怪我で日本国内で入院した場合、健康保険等公的医療保険の自己負担額・食事療養に係る標準負担額を支払う

2.入院費用等の支払
 入院に係る諸費用(交通費、差額ベッド代、ホームヘルパー雇入れ費用など)、先進医療を受けるために要した費用を支払う

こんなふうに、皆さんがよく入っている医療保険(入院したら1日いくら支払うという保険)とは保障内容が違います。

保険の内容以外での一番の特徴は保険料が安いということ。社会保険労務士だけのための保険ということで団体割引があるので、個人で入るよりかなり安くなります。

自己負担まで払ってくれるというのですから、開業している社労士さんが万一入院してしまったなんていうことになったら助かりますよね。

この「月刊社会保険労務士」、なかなか勉強になります。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間30分(民法)
合計228時間40分
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

直前期を迎えての勉強法1

社労士試験まであと4ヶ月あまり。直前期に入ってきました。受験生の皆さん、勉強の進捗状況はいかがでしょうか?

試験が近づくにつれ、今までやってきた勉強方法は正しかったのか、これから試験日までどんな勉強をしたらいいのか、などなど、考えてしまう方も多いと思います。

ただ、過ぎてしまったことをいくら振り返っても、取り戻すことはできません。今までの勉強方法は正しかったと(無理やりにでも)納得させなければいけません。

でも、これから先については、いくらでも、合格へ向けて最後の頑張りとなる勉強ができるはずです。

勝負はこれからですsign03

社労士有資格者の方々のブログを拝見していると、勉強方法に関する記事を見かけることも多くなってきました。

また、私のブログにも、勉強方法について書いてほしいというコメントをいくつかいただいております。

私自身、3年間苦労してようやく合格しましたので、受験生の皆さんの胸のうちもよくわかりますし、私の記事でお役に立てるのなら、いくらでも書きたいと思っています。

ただ、一方で、この時期の受験生がいろいろな情報を雑多に詰め込んでしまうというのもどうかという気持ちもあります。

「勉強方法は、唯一無二の正解があるわけではありません。あなたが今やっている勉強方法が、あなたにとってのベストの方法であると信じて、最後の最後までやりぬいてください」

実は、これが答えなのかなという気もしています。

でも、そうは言っても、他の人がどのような勉強をして合格したのかって気になりますよね。

そういうわけで、直前期を迎えるこの時期、これからの勉強方法について、私なりに思うところを書いていきたいと思います。

今、この記事をご覧いただいている受験生の方々の状況は様々だと思います。初受験の方もいれば、再受験の方もいる。再受験の方の受験回数もまちまち。予備校に通っている方もいれば独学の方もいる。

そんなすべての方になるほどと思っていただける記事が書けるはずもないのですが、長い前置きはこれくらいにして、話を先に進めさせていただきます…と言いたいのですが、今日はここまでにさせてください。

この手の記事は、考え考え書くのにとても時間がかかるので、何回かに分けて掲載させていただきます。ご了承のほどをwink

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(民法)
合計226時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

どうなる漢検受験?

このところ、漢検がらみのニュースも日常化してしまいましたangry

まったく呆れかえるばかりで、こうしてブログで記事にするのも腹立たしいのですが、昨日のテレビニュースで、『新たに就任した鬼追理事長は、20日午後文部科学省を訪れ、着任の挨拶と今後の改善策を説明する。文部科学省は、この面会で、6月に予定されている漢字検定試験の中止も視野に入れた強い姿勢で、抜本的な改革に取り組むよう求める』といった内容が流れていて、なんてことを言い出すねんと、思わずテレビに突っ込みをいれそうになりましたgawk

文部科学省が厳しい対応で臨むのは当然でしょう。これはもう税金の横領のようなものですから。

だからといって、日程も決まって申し込みも始まっている試験を中止にするというのはいかがなものでしょうか?

こちとら、簿記や行政書士の勉強があるにもかかわらず、漢検の勉強のために、毎朝1時間早く起きて勉強しているのです。

それなのに、もしも試験が中止されるようなことになったら、とんだとばっちりです。

協会の体質がここまで腐ってしまったのには、文部科学省にも責任の一端があるのではないでしょうか?試験中止だなんて殺生なことは言わずに、協会の健全化に取り組んでほしいものです。

ちなみに今回は妻も受験予定です。2人して頑張って勉強しているのですから、目標を失わせるようなことは止めてほしいですね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(民法)
合計224時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

基礎年金の国庫負担

昨日の新聞記事なのですが、どうしても触れておきたかったので今日書くことにしました。

基礎年金の国庫負担割合を今年度から2分の1に引上げる国民年金法改正案が、17日の衆院本会議で可決されました。

国庫負担は従来3分の1でしたが、『平成16年度から平成19年度を目途に平成21年度までの間のいずれかの年度(特定年度)までに2分の1に段階的に引上げる』という一文は、社労士受験生の皆さんなら、一度は目にしたことがあるeyeと思います。

今年が平成21年なのは言わずもがなのこと。年度というのは4月から3月までですから、本来であれば、遅くとも今月からは2分の1になっていなければならないのですが、いつの間にか、平成21年度中に2分の1に引上げればよいということになり、今頃衆院を通過したというわけです。

それはそれとして、肝心な財源dollarはどうするのでしょう?引上げに必要な財源は年2.3兆円だそうです。

改正案では、09年度と10年度は、財政投融資特別会計の「埋蔵金」を流用し、11年度以降は税制抜本改革で財源を確保するか、臨時財源を毎年度探して2分の1を維持するとなっています。

なんとも綱渡り的というかwobbly、本当に大丈夫なのかと心配になってきませんか?

この部分だけ読んでも、すんなりと参院を通過するとは思えないのですが、法案が成立するまでの間、2分の1との差額分をどうするのかというと、なんと積立金を取り崩して補填するのだそうです。

ただでさえ運用益が目減りしているというのに、まだ取り崩すとはannoy。成立まで長引けば将来の給付にどんどん悪影響を及ぼしていきます。

年金制度の崩壊って、いよいよ現実味を帯びてきているような気がするのですが、私たちの世代は果たして年金をもらうことができるのでしょうか?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:5時間(民法講義)
合計222時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

眠かった…

昨日は、新しい職場の懇親会がありまして、久しぶりに飲んでbeer帰ってきました。

飲んだ次の日の朝は、いつにも増して早く目が覚める傾向がありまして、今朝もご多分に漏れず、いつもより1時間早く目が覚めてしまいましたcoldsweats01

のそのそと起き出して、漢検と行政書士の勉強を、途中眠気に襲われながらもだらだらとやって、そのまま大原へ。簿記3級基礎講義を受けました。

今までは、眠くなることなどなく、長時間でも真剣に聴けていたのですが、今日ばかりは途中で何度もうとうとしてしまいましたsleepy。まずいまずい。

土日大原に行かなければならないことがわかっている中での、金曜日の飲み会は辛いですね。

しかも、ニューフェイスですので、一応周りからも注目されています。あまり翌日のことばかりを考えて飲まないわけにもいきません。

私の場合、二日酔いになると、ほぼ一日が無駄になるくらい、ひどい状態になります。それがわかっているので、翌日に響かないよう加減して相性のいい焼酎を飲み、二次会は断って帰り、帰る途中ではウコンを買ってのみ、胃薬も飲んで寝ましたので、なんとか二日酔いは避けることができました。

ただ、眠気には勝てませんでしたが…。

でも、講義の内容そのものは理解できたので、まあ大丈夫でしょう。

明日は、行政書士講座です。映像講義ですから、寝込んでしまわないよう気をつけますcoldsweats02

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:4時間30分(民法)
合計217時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

育児・介護休業法改正へ

今この記事をご覧いただいている社労士受験生の皆さんには関係ありませんが、育児・介護休業法の改正案が、来週にも国会に提出されます。

成立すれば、来年春施行の見込みです。
(社労士受験生の皆さんに関係ないといったのは、来年の試験の法改正になるからですよ。今年絶対に合格して、受験勉強はおしまいにしましょうねsign01

改正案のポイントですが

  • 3歳未満の子どもがいる従業員に対する短時間勤務制度と残業免除の義務化
  • 専業主婦(夫)がいる従業員も育休取得可能に
  • 父親、母親が育休を取る場合は、育休期間を子どもが1歳2ヶ月になるまで延長
  • 勧告に従わない企業名の公表

となっていて、企業の取組強化を図っていることと、父親の育休取得を促進しようという狙いがあるようです。

現在、短時間勤務と残業免除の制度を整えた企業は、それぞれ約3割、約2割にとどまっており、また、労使協定で、専業主婦(夫)がいる家庭の従業員を育休制度の対象外にしている事業所も75%あるそうです。

さらに、いくら企業への取組を強化して制度が整っても、実際に利用されなければ意味がありませんので、規定に違反する企業名を公表する制度も新設されます。

なかなかいい改正案ではないかと思うのですが、実効性のあるものにするためには、経営者の真剣な取組が必要なのは言うまでもありません。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間30分(民法)
合計212時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

細切れ時間の使い方

4月になって、通勤時間が大幅に短くなってから半月が経過しました。

今までは電車の中でも腰を落ち着けて、片道40分程度勉強できていたのですが、今は電車に乗っている時間は正味15分弱。しかも1回乗り換えますので11分+4分というのが正確なところです。

細切れな時間をいかに使うかというのも、難関試験を突破するためには重要です。

私は、一日の勉強時間を把握したいということもあって、このところキッチンタイマーを持ち歩くようになりました。

駅のホームについて、問題集を開いたらスイッチをピッ。電車を降りる時にスイッチをピッ。乗換駅のホームについて、問題集を開いたらスイッチをピッ。そして電車を降りるときにスイッチをピッ。

最近は、会社の昼休みにも勉強しています。そのときにもスイッチをピッ。

朝勉ももちろん続けていますので、こんな感じでタイマーをピッピッいわせながら合計した時間というのが、毎日ブログにも載せている勉強時間です。

ちりも積もれば山となる。こういう積み重ねで一発合格できたらいいんだけどなあ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間20分(民法)
合計210時間10分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

記述式対策講座

一昨日、記述式対策をどうするかという記事を書きましたが、なんともタイミングよく、今日、東京法経学院から、行政書士記述対策講座「ズバリ予想!記述対策100問!」の案内ハガキが届きました(ホームページでも案内があります)。

グググググと惹かれるものがありますが、実施日が5月2日(土)というのはいくらなんでも早すぎます。

私の大原受講予定では、5月2日の段階では基本民法の講義がすべて終わっておらず、行政法にはまだ入ってもいない段階です。

そんな状況で受講して、果たして効果があるのかどうか…。オリジナルの教材をもらっておくというのも1つの考え方ではありますが…。

記述式対策については、書籍も結構出ていますし、今回のような対策講座などもあって、普段から目移りする私には、非常に誘惑が多いです。

ちなみに大原の記述対策講座は9月に入ってからです。やはりそれまでは、トレ問のキーワードチェックで、重要語句を潰していくことに専念しましょうか。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間10分(民法)
合計207時間50分

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月13日 (月)

定額給付金

今日、我が家に定額給付金の案内が届きました。

給付方法というのは、各自治体でまちまちなのですよね?私のところは、申請書を郵送すると、給付金が口座振込みされます。

1人1万2千円。我が家は2人なので計2万4千円です。

私自身は、この定額給付金も高速道路1,000円も反対なので、日本の政治家というのはいつまでたってもこんなことしかできないんだなあと嘆かわしいばかりなのですが、それでももらえる物はもらいますbleah

お金はもらいますが、こんな選挙向けの付け焼刃的政策には反対です。定額給付金と称して2兆円ものお金をばらまくだけばらまいて、後は野となれ山となれ。

政治家は責任を取りませんし、尻拭いもしてくれません。結局、付けを回されるのは国民です。

今、日本には780兆円もの借金があります(財部誠一の日本の借金時計より)。一世帯あたり1570万円。私の家庭にも、あなたの家庭にも、1570万円の借金があるのです。

この付けが回ってくるのは、私たちの世代でしょうか?子どもの世代でしょうか?孫の世代でしょうか?

恐ろしいことです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間20分(民法)
合計205時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

記述式対策をどうするか…

今日は大原に、行政書士講座基本民法3回目と4回目を受けにいってきました。

すでに講義には、ついていけなくなってきていますweep

もちろんはじめからすべて理解できるわけはないのですが、それにしても、区別して覚えなければならない用語の数の多いこと。基本民法は全10回ですが、4回目にして早くも音を上げていますshock

それに加えて気にしなければならないのが、記述式対策です。

社労士は今年も選択式のままで、胸を撫で下ろした方も多いと思いますが(個人的には、選択式よりも記述式のほうが楽だと思っていますが)、行政書士試験では、40字記述式問題が3題出されます。

初学者が、いきなり記述式の過去問を解こうとしても、解けるわけがありません。

大原のトレ問には、記述式の問題ももちろんあるのですが、その前にキーワードチェックを行うようになっています。

例えば、

未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に【A】、又は【B】法律行為については、この限りではない。

こんな問題が、ズラズラズラと並んでいます。

講義を受けたら、その範囲内のトレ問はすぐに解くようにしていますが、5肢択一式に比べると、このキーワードチェックの出来は悲しくなるくらい良くありませんsad

初学者なんだから当たり前、3回、5回、10回と繰り返すうちに埋められるようになる…そう思いたいですね。


ちなみに上の問題の答えは、

【A】:権利を得 【B】:義務を免れる

です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:4時間30分(民法講義)
合計203時間20分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

大和生命その後

かなり前に、大和生命が破綻したという記事を書きました(そのときの記事はこちら)。

今日の朝日新聞に、破綻した大和生命が、契約者が受け取る保険金や年金の削減案を発表したという記事が出ていました。

保険金が最大で87%減額されるケースがあるということで、契約者にとって大きな負担を強いられる内容になりました。

保険金は、予定利率が高く、契約期間が長い貯蓄型の保険ほど減額される率が大きくなるのですが、それにしても、9割近く削減される可能性もあるというのは驚きです。

実はこの大幅な削減には特殊な事情もあります。大和生命は、00年に破綻した大正生命の契約を引き継いでおり、旧大正生命の契約者は、今回で2回目の保険金削減ということになってしまいました。これが、大幅な削減率となる原因です。

一方で、定期保険などの掛け捨て型保険の削減幅は、貯蓄性の保険に比べ小さくなりますが、それでも、例えば、99年度に10年満期の定期保険に加入した、当時30歳の男性が受け取ることができる保険金は16%削減されます。

今回のような生命保険会社の破たん処理を見ると、保険に加入するときは、保障の内容はもちろんですが、保険会社の健全性も十分に考えなければいけないと思い知らされます。

長い付き合いになる保険です。また、保険というのはマイホームの次に高い買い物だとも言われます。

長く安心して付き合っていける保険会社なのかどうかを十分考慮した上で、保険は選びたいですね。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(文章理解)
合計198時間50分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

社労士試験詳細決定

第41回(平成21年)社会保険労務士試験の詳細が公示されました(オフィシャルサイトはこちら)。

注目していた出題形式ですが、選択式と択一式ということで、記述式への変更はありませんでしたね。

試験科目も従来通りで、これまでと同様の試験となりました。

試験日:平成21年8月23日(日)

試験時間:10時30分~11時50分(80分)選択式
       13時10分~16時40分(210分)択一式

受験申込書の受付期間:4月13日(月)~5月31日(日)

試験科目:労働基準法及び労働安全衛生法
      労働者災害補償保険法
      雇用保険法
      労働保険の保険料の徴収等に関する法律
      健康保険法
      厚生年金保険法
      国民年金法
      労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識
  *)解答にあたり適用すべき法令等は平成21年4月10日(金)現在施行のもの

記述式への変更というような話もあって、もやもやされていた方もいらっしゃったかと思いますが、これで心置きなく、これまで通りの勉強と対策で試験に臨めますね。

試験まであと134日。ここがらが勝負ですよsign01受ける試験は違いますが、同じ受験生、お互いに頑張りましょうsign03

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(民法)
合計196時間50分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

不調の理由

4月に入って10日あまり。桜も満開で、ヒノキの花粉に悩まされている方以外にはいい季節になりました。

新しい環境になった方もいらっしゃることと思います。私自身も新しい環境になりました。

ここに至るまでにあったいろいろなことが、今になって自分自身に重くのしかかってきています。

これからどうしていけばいいのか、悩みがつきません。

以下、愚痴のようなものです…。

続きを読む "不調の理由"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

昨日今日と

不調です。いろいろなことが重なって、いろいろなことが思っていた以上に大変で。

考えたからといって、どうなるものではないけれども、このまま放っておくわけにもいかず。

せっかく来ていただいたのに申し訳ありません。

立ち直るまでしばらくお待ちください。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:3時間30分(民法)
合計190時間50分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 5日 (日)

思った以上に…

今日は、予定通り大原に、行政書士講座を受講しに行ってきました。

基本民法の1回目と2回目。受付で、テキストとトレ問をもらいましたが、予想以上に分厚かったです。というか2分冊になってるし…coldsweats02

P1020599_2

しかも内容も(当たり前ですが)憲法とは大違いですwobbly

覚えなければならない用語がたくさんあって、しかもそれぞれをきちんと区別しなければいけません。

なおかつ、40字記述式対策も必要です。

これは、なかなかやりがいがありそうですpunch

そういえば、社労士試験でも、憲法や民法が試験科目に追加されるかもしれませんよね。仮に今の試験科目に憲法や民法が単純に加わったら、これは大変な負担増ですsad

今年の試験から加わるということはないと思いますが、社労士受験生の皆さん、今年必ず合格しましょうねsign01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:4時間40分(民法講義)
合計187時間20分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

疲れた~

今日は、簿記3級基礎講義3,4回目を受けに大原に行ってきました。

10時~12時40分と13時40分~16時20分というのが定時なのですが、今のところ午前も午後も20分ずつ位は時間オーバーしていますwobbly

つまり、各3時間ずつ、計6時間の講義を聴いているわけで、終わる頃にはぐったりとなっていますdespair

しかも今日は、行政書士の勉強のノルマ2時間を、大原に行く前にやってしまおうと早起きしたので、余計に疲れが出ております。

明日は、行政書士の講座で大原です。民法に入ります。どのくらいの分厚いテキストとトレ問が渡されるのかドキドキしていますheart01

憲法よりは当然厚いでしょうね。憲法でさえ、次の講義までの1週間で2コマ分復習するのは大変だったのですが、民法はどうなるのでしょうか?

回数が憲法より4回増えるから、1回あたりの負担は変わらないのかな?

新しい法律を学べるので、楽しみにしていますsign01

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(憲法)
合計182時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

佐藤塾でも直前対策

辰已・社労士インフォメーションサークルというメルマガを購読しているのですが、今日配信されたメルマガに、佐藤塾の直前講座の案内が載っていました。

  • 横断対策
  • 改正対策
  • 年金対策
  • 労基通達対策
  • 健保通達対策
  • 白書対策
  • 総仕上げ対策

ラインナップは7つ。パックもあるそうです。詳細は4月中旬にでるパンフレットで確認をとのこと。

健保通達対策というのが佐藤先生らしいですね。通信もあれば、佐藤塾で改正法受けちゃおうかなwink

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(憲法、文章理解)
合計180時間40分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

T出版からの電話

新しい職場はなにかと気を遣うので、少々疲れ気味ですsad

さて、今日、仕事から帰ってくるのを待っていたかのように電話が鳴りました。

「T出版の者です。先日は弊社の書籍をお買い求めいただき、また、追補のお申込みをいただきありがとうございました。実は、弊社では、行政書士の一般知識用の問題集を出版する予定がございます。つきましては、その参考にするためにご意見をお伺いしたいのですが」

まあ、だいたいこんな内容でした。

普段、この手の電話には「忙しい」の一言で終わりにしてしまうことが多いのですが、今回に関しては、日ごろから、一般知識についての予想問題集がほしいと思っていましたので、快く協力させていただきました。

行政書士の一般知識については、過去問が再び出題される可能性というのは極めて低いため、過去問をやるだけでいいのかなという思いが常にありました。

平成18年度に試験制度が改正され3年を経過しましたので、そろそろ、新制度の傾向に基づいた、オリジナルの予想問題集が出てきてもいいのではないかと思っていましたが、T出版の発売予定の問題集は、まさにそのような観点から企画されたもののようです。

是非出してくださいとお願いしておきましたshine

出版される際には、メールで知らせてくれるとのことですので、実際に発売されましたら、内容を確認して記事にしてみたいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(憲法、文章理解)
合計178時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

新年度スタート

4月1日、今日から新職場での仕事がスタートしました。とはいっても、今日はまだ挨拶回りくらいしかしておりませんがcoldsweats01

明日は、旧職場に行って、挨拶と荷物整理です。本格的な仕事は来週からでしょうか。

ところで、電車通勤の時間が大幅に短くなることは、先日もお話しましたが、それとともに、電車の中での勉強教材についても考えなくてはならなくなりました。

今までは、特急の座席に座って、テーブルを出してその上に教材を置いて勉強していましたので、まあ何でも使うことができたのですが、これからは、時間も短く、座ることもほとんどないので、今までのように何でも好きなものを持って行くというわけにはいきません。

大原のトレ問は使うとして、もう一つ、コンパクトにまとまっているLECのウォーク問を使ってみようかと思っています。

これなら、比較的持ち運びも楽ですし、電車の中で立ったまま勉強することもできそうです。

これからは、電車の中では軽めで短い時間でできるものを、家では腰を落ち着けてできるものをと分けてやっていきたいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
昨日、今日の勉強時間:4時間10分(憲法)
合計176時間40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »