« 社会保険労務士医療費用保険 | トップページ | 佐藤塾でも直前対策2 »

2009年4月23日 (木)

直前期を迎えての勉強法2

それでは、具体的な内容に入っていきましょう。

まずは、今までの勉強の成果を確認します。

成果を何で判断するのかという問題がありますが、一番簡単で間違いがないのが、成果=過去問題集を解いた回数です。

社労士試験における過去問の重要性については、今さら申し上げるまでもありません。

皆さん、IDE塾や佐藤塾やWセミナーなどの条文順過去問題集(以下条文過去問)をお使いなのではないでしょうか。今までに何回転できましたか?3回転ですか?5回転ですか?10回転ですか?

条文過去問を繰り返し解くというのは、非常に有効な勉強方法だと思いますし、繰り返した回数も多いに越したことはないのですが、繰り返し解くこと自体が目的でありません。

では、条文過去問を繰り返し解く目的ってなんでしょう?私は2つあると思っています。

one過去何度も繰り返し問われている頻出箇所と、その出題パターンの把握

two自分の得意とする分野と、苦手とする分野の把握

この時期、この2つの把握ができているという方は、もう条文過去問は卒業ですね。次のステップに胸を張って進んでいけます。

条文過去問を繰り返し解いていけば、onetwoの把握は漠然とはできてくるのですが、漠然としたままなのと、きちんと整理できているのとでは大違いです。

onetwoがしっかり把握できていないという方は、早急に把握できるよう、これまでの勉強結果を整理すべきです。(GWという絶好の勉強期間もありますね)

実は、onetwoを把握するのに効果的な勉強方法というのがあります。それは、過去問を解いたらその内容をテキストにフィードバックさせていくということです。

これをやっていれば、今の段階でテキストには書き込みがいっぱい、もとの文章がわからないなんていうこともあるかもしれません。

そういう方であれば、そのテキストを見れば頻出箇所も、得意・苦手分野も一目瞭然なはずです。

それに対して、ただ漫然と条文過去問を解いていたというだけでは、そこまでの域には達しないのではないでしょうか?

それでも、条文過去問を繰り返し解いたという下地はあるのですから、今からでもなんとかonetwoをしっかり把握できそうだという方は、その時間をぜひ作ってください。それだけの価値はあると思います。

そんな時間はとれないという方は、過去問マークや頻出マークがついている、市販のテキストを利用して時間を節約するという方法もあります。LECの「社労士必修基本書」なんかは、そういう観点から使いやすいと思います。(今さらテキストを買うのもどうかと思いますが…)

onetwoがしっかり把握できたところで、これから先の勉強方法へと進むわけですが、これについてはまた次回ということにさせてください。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間10分(民法)
合計230時間50分

|

« 社会保険労務士医療費用保険 | トップページ | 佐藤塾でも直前対策2 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

ヒデさんこんばんはhappy01
さっそくリクエストにお答え下さりありがとうございますsign03

私は先日もお話したとおりの状態ですので、まずは苦手分野(実はなぜか雇用だったりする・・あとは厚年sign03)でどうしても覚えきれない所や何度も間違ってしまう所を徹底的に潰していこうと思います。

わからなかったことや間違えてしまった所をそのままにしないできちんとテキストに戻り確認することが大切ですよね。私、けっこうそーゆーのサボりがちでした・・反省しています。

ヒデさんの記事は本当に的確で励みになりますsign01
明日からまた頑張りますup

投稿: | 2009年4月23日 (木) 22時25分

ミミカさんですよねwink

苦手分野を潰すことは大切です。特に雇用はどちらかというと得点を稼ぎたい科目ですから、早めに苦手意識を取り払いたいですね。
でも、私もどちらかというと雇用は好きなほうじゃなかったです。給付の名前とか特徴とか全然覚えられなくて…。

もちろん今はすっかり忘れてると思いますcoldsweats01。あれだけ必死に勉強したことが、どんどん頭の中から抜けていってしまうってなんだか悲しいですね。

どれだけ参考になるかわかりませんが、もう少し書き連ねていきますので、良かったら読んでくださいね。

投稿: ヒデ>ミミカさん | 2009年4月24日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/44756396

この記事へのトラックバック一覧です: 直前期を迎えての勉強法2:

» 社労士試験 問題 [社会保険労務士試験対策]
直前期を迎えての勉強法2 社労士試験における過去問の重要性については、今さら申し上げるまでもありません。 皆さん、IDE塾や佐藤塾やWセミナーなどの条文順過去問題集(以下条文過去問)をお使いなのではないでしょうか。今までに何回転できましたか?3回転ですか?5回転です ...(続きを読む) 2009年版 出る順社労士 ウォーク問 一問一答カード2 社会保険編 作者: 東京リーガルマインド LEC総合研究所 社労士試験部; 出版社/メーカー: 東京リーガルマインド; 発売日: 2009/02/13... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 00時10分

« 社会保険労務士医療費用保険 | トップページ | 佐藤塾でも直前対策2 »