« 企業年金総合プランナー | トップページ | 雇用調整助成金と年金運用 »

2009年2月27日 (金)

「わかる社労士」問題

「2009年版真島のわかる社労士・基本書」に、数多くの誤りがあったということで、2ちゃんねるで話題になっています。
(この件の詳細についてご存知ない方は、真島社労士塾、または住宅新報社のホームページをご覧下さい。)

私も、住宅新報社のホームページに載っている正誤表を見てみましたが、かなりの数の誤りがあるのにびっくりしましたcoldsweats02。そして、その誤りの中には、この本だけで勉強した受験生が試験を受けたとしたら、ちょっとまずいんじゃないかと思わせるようなものも見受けられました。

初めて出た本ならまだしも(それでも問題ですが)、毎年出版されている基本書に、今年に限ってなぜこのような多くの誤りがでてしまったのでしょうか?

私は、受験生時代は真島社労士塾にも、真島先生が出している本にもお世話になったことはないのですが、真島先生には、特に社労士試験の合格基準予想で的確なコメントを出しておられるのを読んで、勝手に一目置いていましたので、今回の件は大変残念に思いましたthink

このようなことは二度とないようにしてもらわなければなりませんが、それ以上に大切なのは、「わかる社労士」を使って勉強してる受験生に対する対応です。

住宅新報社のホームページには、誤りが多くある初版を購入した人に対しては、誤りを訂正した2刷と交換するので連絡をしてほしいと書いてありますが、このようなお知らせを目にして、実際に交換してもらうことができる受験生が、どのくらいいるのかがとても気になります。

例えば予備校の教科書であれば、受講生に連絡をし素早く対応することができますが、今回のような一般書籍の場合、購入者への連絡方法には限界がありますよね。

誤りが多い初版で勉強して、そのまま試験を受ける受験生がもしいたらと考えるとぞっとしてしまいます。

今回のようなことが二度とおきないよう、監修者である真島先生をはじめとして、きちんとしたチェック体制を整えてほしいです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間(文章理解復習)
合計97時間

|

« 企業年金総合プランナー | トップページ | 雇用調整助成金と年金運用 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

真島先生のテキスト、
すごいことになってますね。

私もさっそく正誤表見てみました。
たしかに修正項目が多すぎますね。
PDF5ページ分ってのはヒドすぎますわ。
受験生の方々が混乱しないことを祈るばかりです。


ところでヒデさんって
危険物の甲種お持ちなんですね。
私は甲種の受験資格がありませんので
仕方なく乙種をコツコツ受けてるんですが…
化学系の学校の御出身なのでしょうか。

投稿: TEJAN | 2009年2月28日 (土) 01時17分

今日、近所の本屋に行きましたが、「うかる社労士」は2版が並んでいました。
とりあえずこれから買う方は大丈夫なようですが、それにしても初版の誤りの多さには、どうしてこんなことが起こったのか理由が知りたいですね。

危険物甲種は、就職してすぐに取りました。化学系出身で、会社も化学会社でしたので、なるべく早く取った方がいいと言われたもので。
でももう内容はすっかり忘れていますけどね(^-^;

投稿: ヒデ>TEJANさん | 2009年2月28日 (土) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/44194650

この記事へのトラックバック一覧です: 「わかる社労士」問題:

« 企業年金総合プランナー | トップページ | 雇用調整助成金と年金運用 »