« ご相談 | トップページ | キッズ・ビジネスタウンいちかわ »

2008年12月27日 (土)

育児休業者職場復帰給付金がなくなる?

12月26日朝日新聞記事より

厚生労働省は10年度から、現在は育児休業中に賃金の3割、復帰後に2割分がまとめて支払われる育児休業給付を、前倒しして育休中に5割支給する方針を決めた。少子化対策の一環で、育休中の所得保障を厚くする。来年の通常国会に、雇用保険法改正案などを提出する予定だ。

育児休業者職場復帰給付金は、本来は賃金(正確には、休業開始時賃金日額ですが)の1割のところを、09年度まで暫定的に2割になっていますが、期間を延長して、育児休業基本給付金に統合するということですので、今後はずっと5割給付になるということでしょうか?
(10年度からということなので、来年の試験範囲には入りませんね)

同記事には、次のような記載もありました。

改正法案には、09年度から雇用保険の加入要件を「1年以上の雇用見込み」から「6ヶ月以上」に緩和することも盛り込む。

これは、短時間就労者の加入対象者を拡大するということですね。
この緩和で、パートや派遣などで雇用保険に加入していない約1千万人のうち、150万人程度が新たに加入対象になるとのこと。こちらは、来年の試験範囲でしょうね。

まだまだあります。

景気悪化を受け、3年間の暫定措置として失業給付も拡充する。雇用情勢が特に悪い地域や、中高年より給付期間が短い若年層を対象に、失業給付日数を60日間延長。3年未満で雇い止めされた非正社員にも、解雇や倒産による離職者と同じ水準に給付を手厚くする。

ほんの数ヶ月間で、景気、雇用がここまで悪化するとは思いもしませんでしたが、こうも派遣切りや内定取り消しなどが当然のごとく行われるのを目の当たりにすると、労働者保護のための種々の法律が有効に機能していないか、もしくは、現法律が、まだまだ本当の意味で労働者を保護するものになっていないと思わざるを得ませんangry

とにかく、一刻も早く、この異常な状態から脱してほしいものです。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:1時間40分(大原 文章理解テキスト2回目)
合計31時間40分

|

« ご相談 | トップページ | キッズ・ビジネスタウンいちかわ »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

「給付日数」の延長のニュースは、
私も新聞で何度か見ました。

その中で感じたことなのですが、
「所定給付日数」と「受給期間」とを
明らかに混同している新聞がありまして
「新聞社も不勉強だなぁ・・・」と
思ったりしました。

以上のこと一つとっても、
どうしても法律が複雑ですから
なかなか浸透していかないのでしょうかね。

投稿: TEJAN | 2008年12月27日 (土) 23時48分

確かに複雑ですよねwobbly
こういったニュースを、一般紙がわかりやすく伝えるというのは難しいとは思うのですが、今回の朝日新聞の記事に関しても、これを読んでどのくらいの方が理解できているのかということがとても気になりました。

投稿: ヒデ>TEJANさん | 2008年12月28日 (日) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43543710

この記事へのトラックバック一覧です: 育児休業者職場復帰給付金がなくなる?:

« ご相談 | トップページ | キッズ・ビジネスタウンいちかわ »