« 社労士V 1月号 | トップページ | 文章理解1回目 »

2008年12月11日 (木)

東京銘菓?

今日は、久しぶりに東京に行ってきましたtrain

本社のレイアウトがいつの間にか変わっていて、人事部に行くつもりが、あやうく健保組合に入りそうになったのですが、そんな話はさておき、東京に行ったときは、時々お土産を買って帰りますpresent

東京には、銘菓がたくさんありますよね。買うときにいつも迷ってしまいます。

そんな数ある東京銘菓ですが、福岡県出身者として、複雑な思いを抱かせるお菓子があるんです。

なんだかわかりますか?

それは、『ひよこchick』です。

ひよこはもともと福岡銘菓ですsign01

ひよこのホームページを見ても、ひよこが生まれたのは、大正元年、福岡の飯塚となっています。福岡市に出店したのが昭和32年、東京に出店したのは昭和41年です。

そして、悲しいかないつの間にか、ひよこ=東京銘菓としてすっかり定着してしまいました。福岡銘菓だということを知らない人もいます。実に嘆かわしいですsad
(しかも、最近では、東京限定の『塩ひよこ』なるものまで発売される始末)

とはいっても、時々そのひよこを、お土産に買って帰ることもあります。福岡銘菓が東京で買えるというのは、それはそれで嬉しいことですwink

ただし、私の中では、あくまでも、福岡銘菓を東京で買っているのであって、東京銘菓を買っているのではありません。ここは重要ですsign03

こんなことを力説するのも、なんだか負けを認めているようで悔しいので、このあたりでやめておきますgawk

ただ、くれぐれも、ひよこを東京土産として、福岡の人に買っていたりしないようにしてくださいね。

気分を害されるかもしれませんよbleah

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:40分(やるぞ!行政書士合格講座・商法、会社法、一般知識)
合計15時間40分

|

« 社労士V 1月号 | トップページ | 文章理解1回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私も全くヒデさんに同感です。
「ひよこ」は正真正銘、福岡の銘菓です。

私は福岡出身ではありませんが、福岡へ来て早20年が経ち、言葉はほぼ完全に博多弁になっております。
当然、福岡のお菓子には愛着があり、「博多の女(ひと)」、「にわかせんぺえい」、「鶴の子」、「筑紫もち」、…、そして「ひよこ」と挙げればきりがありません。
最近では「博多通りもん」が人気ですが、ただ福岡の銘菓の代表格はやっぱり「ひよこ」ではないでしょうか。

銘菓ひよこの本社は福岡市南区にあり、私の会社とも取引があります。
福岡では、当然のごとく「銘菓ひよこ」のCMがバンバン流れています。

東京銘菓にも「ひよこ」があるのは知っていましたが、未だに東京の「ひよこ」の実物を見たことがありません。
個人的に最近の東京土産といえば「東京ばなな」が好きです。
東京にいる義理の弟にいつもリクエストしています。

ヒデさんは福岡を遠く離れていても、福岡人の誇り(大げさ?!)を忘れていなかったのですね。

投稿: SAKA | 2008年12月12日 (金) 00時12分

コメントありがとうございますhappy01
私の気持ちを理解していただけて嬉しいですhappy02
私としては、周りに、ひよこが東京銘菓だと思っている人を見つけたら、それは福岡銘菓だと、きちんと正すようにしております。
福岡県人としての責務ですねthink

投稿: ヒデ>SAKAさん | 2008年12月12日 (金) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43391775

この記事へのトラックバック一覧です: 東京銘菓?:

« 社労士V 1月号 | トップページ | 文章理解1回目 »