« 文章理解2回目 | トップページ | 簿記講座申込み »

2008年12月20日 (土)

難儀なこと

難儀なことその1

行政書士、文章理解の空欄補充問題のトレ問を解いてみたら、18問中正解が10問(正答率55.6%)だったこと。

昨日、問題パターンの中では、比較的取り組みやすいような気がすると書いたばかりだけど、これは撤回しなければ…。

途中までは、上手く解けているのに、最後の最後に、語句を入れ間違えてしまうことが多く、詰めが甘い。

文章理解、難儀しそうだ…。


難儀なことその2

社労士への道のり。

実務経験を積める部署への異動を願い出ているが、実現はそう容易ではなさそう。

話をした当初は、好感触だったと思ったんだけれど…。このところの経済情勢も大いに影響あり。

こんなことなら、事務講習受けてればよかったと反省。


難儀なことその3

このブログの位置づけ。

来年の社労士受験日記として立ち上げたこのブログ。嬉しい誤算ではあったものの、ブログ自体は軌道修正を余儀なくされてしまった。

「検索フレーズランキング」を見ても、ほとんどが社労士絡みのフレーズだし、このブログを見に来ていただいている方の多くは、社労士受験生など、社労士受験に関連する方だと思われるので、それなりのレベルの記事を書きたいと思いつつも、そうすることができないというジレンマ。

このブログ、今のスタイルで良いのかどうか…。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:1時間(大原 文章理解トレ問)
合計27時間30分

|

« 文章理解2回目 | トップページ | 簿記講座申込み »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

HIKOです。
毎日更新なさっていること自体尊敬しています。
ブログの方向性はヒデさんの自由であって何の制約も受けないはずです。
わたしはいつも楽しく拝見していますよ。
いろいろと参考させていただいています。

一方で、社労士受験生が当ブログを大いに参考にしているのは間違いないところでしょう。
ですので、一定の頻度、たとえば週に一回とか10日に一回とか、社労士受験についてふれることにする、なんていうのはどうでしょうか。

ブログの題名についても社労士に縛られることなくより良いものがあれば改定するのが自然だと思います。

「社労士」の資格は更新規定もなく一生ものです。資格名に縛られて何としてもこの資格でできることを行使しなくてはと思う必要もありません。

今、難儀に思われていることは、ヒデさんの志向に依存するところだと思いますが、多少時間がかかっても、それをどう受け止め、吸収し、転じて推進力に置き換えていかれるのか、見守りたくなります。
私から見ますと、やはり第一義的には行政書士資格を手になさることだと思います。ヒデさんは分析能力が高い方ですので、法律的な背景があると説得力がぐんと上がって、あらゆる面に寄与すると思うからです。
ではまた。

投稿: HIKO | 2008年12月21日 (日) 01時40分

いつもアドバイスいただきまして、ありがとうございます。
大変参考になりますし、なによりこのブログを続けていくことに対する力をいただいています。

試行錯誤しながらになりますが、なんとか、自己満足と、読みにきていただいている皆さんの満足が両立できるようなブログを目指せればと思っています。

社労士に関しても、週一くらいで、定期的に話題に出来るようなことがないか、考えてみますね。


投稿: ヒデ>HIKOさん | 2008年12月21日 (日) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43475367

この記事へのトラックバック一覧です: 難儀なこと:

» 社会保険労務士試験勉強法 [社会保険労務士試験ガイド]
社会保険労務士試験勉強法社会保険労務士試験の勉強には、基本書と過去問題集を何度も繰り返し、予想問題集など他の問題集をこなすことを想定すると、6ヶ月〜1年前から取り組みたいところです。社会保険労務士試験の基本書はメインのテキストです。一方、過去問題集は、基本...... [続きを読む]

受信: 2008年12月21日 (日) 00時04分

« 文章理解2回目 | トップページ | 簿記講座申込み »