« 東京銘菓? | トップページ | 簿記セミナー »

2008年12月12日 (金)

文章理解1回目

またまた週末まで待ちきれず(とは言っても1日だけですが)、大原で、文章理解1回目の講義を受けてきました。

『次の文章の要点として、最も適当なものはどれか。』
『次の文章の下線部についての説明として、最も適切なものはどれか。』

現代国語の試験を思い出しますねconfident

学生時代、現国は得意な科目でしたので、この手の問題には、アレルギーなどはまったくありません。
むしろ解いていて楽しいのですが、今日の講義の中で解いた問題は、半分間違えてしまいましたcoldsweats02
ちょっと、なめすぎていたかもしれないと反省しておりますdespair

ところで、今日は文章理解1回目の講義ということで、テキストとトレーニング問題集をもらったのですが、テキストといっても、演習問題が載っているだけなので(問題の解き方が読解ポイントとして解説してありますが)、問題集を2冊もらったのとほとんど変わりません。

文章理解は、とにかくできるだけ多くの問題を解いて、解き方のテクニックを磨いていくしかないでしょうね。

この文章理解、行政書士試験では毎回3題出題されるのですが、一般知識等の合格基準を満たすためには、悪くても2題、できれば3題とも正解したい科目なので、手を抜くことができません。

また、一朝一夕に得点力が伸びるものでもないので、今から、地道に問題を解き続けていかなければなりません。

ただ、こういう現国の問題って、法令のように、同じ問題を何度も繰り返して解くというよりは、できるだけ数多くの問題に当たった方がいいのではないかと思うんです。

今日もらった問題集を解き終えたら、その後の勉強方法について質問してみようと思っています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間40分(大原 文章理解1回目講義)
合計18時間20分

|

« 東京銘菓? | トップページ | 簿記セミナー »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43399867

この記事へのトラックバック一覧です: 文章理解1回目:

« 東京銘菓? | トップページ | 簿記セミナー »