« 大原の「トレ問」について | トップページ | 初講義! »

2008年11月 1日 (土)

選択式対策

先日の体験入学の後、最終的に「完全合格コース」にするか、「上級コース」にするかについて、受付近くのブースで受講相談していたときのこと。

一緒に体験入学していたおじさんが、受付にテキスト類を返しにきてこう言いました。
「選択式のトレーニング問題集bookはいつごろもらえるのかな?」

私は受講相談を受けていたのですが、ちょっと気になったので、そのおじさんと受付嬢との会話をそれとなく聞いていたのですがear、お姉さんに外販される『選択式トレーニング問題集』とかん違いされたり、話がなかなかかみ合わなかったりした挙句、最終的には11月の中旬頃という答えをもらっていました。

そして帰り際、受講相談をしていた私の相手である教務課の方の肩をたたいて、
「今年もダメだったよ。択一は取れたけど選択がね。」
などと二言三言話をして去っていきました。

真剣に受講相談している中に、割り込んでくるとは無礼なおじさんだと憤慨したangryのですが、今回はそういう話ではなく、やっぱり、この時期から、選択式対策が気になっている方がいるんだなあという話です。

選択式で涙を呑んだ受験生は、選択式対策をできるだけ早くから始めなければと考えますよね。ですから、選択式の「トレ問」がいつもらえるのかを気にしていた、おじさんの気持ちはよくわかります。

他の大原生の方のブログを読んでも、この選択式「トレ問」の配布がいつごろになるのかという話題がちらほら出ていますので、選択式対策を意識されている方が多いのではないかと思っています。

かく言う私も、一昨年、昨年、今年と、3年連続選択式で1科目1点足りずに不合格という結果crying(今年の選択式健保は2点救済という前提)ですので、選択式対策をどうするかということは、一番の悩みの種です。

ただ、今のこの時期、選択式の「トレ問」を早く寄越せというような焦る気持ちは、不思議とありません。

去年は、選択式労一2点の救済可能性が高いと言われており、合格できたのではないかと思っていましたので、2年連続選択式の失敗という結果に、合格発表後、頭の中は選択式対策のこと一色になりました。

TACの受講を決め、同じTACが出している『合格のツボ選択対策』を待ちわびるようにして買い求め、早い段階から選択式対策を始めました。
直前対策でも、各校の選択式対策講座を受けられるだけ受けましたし、試験の前日には、あるだけの選択式の問題を再チェックしました。

その結果が、三連荘の選択式基準点割れです。

つまり、この1年で学んだのは、やみくもに選択式問題を解きまくることが選択式対策ではないということです。

選択式問題集を解いているときだけでなく、テキストを読んでいるときや、一問一答の問題集を解いているときでも、選択式対策はできるんだと思えるようになりました(遅いなんて言わないでね)。
(;;;´Д`)

とりあえず今の段階で心がけているのは、どんな勉強をしているときでも、選択式を意識するということです
テキストを読むときは、この文章が選択式で出題されたらと考えてみる。択一式や一問一答式の問題を解くときにも、この文章で選択式の出題ができないか、できるとしたらどこが穴として抜かれるかを考えてみる。

そんなことの積み重ねが、選択式対策になるのではないかと思っているので、大原の選択式「トレ問」の配布時期も、そんなに気にならないのです。

なんていうことを言いながらも、やっぱり直前期には、各校の選択式対策講座を受けまくるかもしれませんがcoldsweats01、とにかく意識改革をしていかないと来年も合格できませんので、常に選択式を意識する目を持って、勉強を進めていきたいと考えています。

来年の試験は記述式に変わる可能性もありますので、意識するだけでなく、重要な語句は一度書いてみるpencilというのも有効でしょうね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
今日の勉強時間:1時間25分(大原労一トレ問、テキスト)
合計46時間10分

|

« 大原の「トレ問」について | トップページ | 初講義! »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

いつも私が気になっていることをブログに書いてくださっているので嬉しいです。
私は選択が大の苦手です。
そのクリア対策もどうして良いのやらって感じでしたが、意識するってことが大事なんですね。
記述式になんてなったらどうなることやら・・・って感じですが(ーー;)

参考にさせてもらいます。
ありがとう。

投稿: | 2008年11月 1日 (土) 16時58分

いや、偉そうなことを言いながらも、常に選択式を意識するって難しいんですよね。すぐに忘れちゃってcoldsweats01
なんとか選択式を克服しなければなりませんから、地道に頑張っていきたいと思っていますconfident
〔春さんからいただいたコメントで、顔文字が上手く表示できていない部分がありました(原因今のところ不明です)ので、その顔文字部分を消去させていただきました。すいません〕

投稿: ヒデ>春さん | 2008年11月 1日 (土) 17時43分

こんばんは、連休中は福岡の自宅で過ごしております。

やはり、選択式は鬼門という方々がたくさんいらっしゃるようですね。
私もその一人です。

本試験の選択式についてですが、20の選択肢から5個選ぶのだから、答えは必ず目の前にあるということは分かっています。
でも、難しいのも事実です。
最近思うのは、選択式を解くには国語力が重要ではないかということです。
そして、その解くための国語力を鍛える方法として、選択式問題集を解いたり、択一式の論点及び論点以外までも意識しながら読み込むということなのかもしれません。

また、iDE塾の井出先生が、択一過去問が焼き直しされて選択式で出題されると常々言われています。
ヒデさんが記事に書かれてるように、日頃から選択式を意識して、テキストや過去問に当たるべきなんですね。
そういう意味では、今年の選択健保の空欄の2つは、択一過去問の問題文そのままでしたね。

投稿: SAKA | 2008年11月 1日 (土) 23時45分

確かに、見たこともないような文章が出されたときなどは、国語力を問われていると感じることがありますthink
選択式の解答テクニックのような講座もありますが、やはり最後は、『いかに地道にテキストや問題集に意識して当たってきたか』ということだと思って、これから1年間勉強していくつもりです。

投稿: ヒデ>SAKAさん | 2008年11月 2日 (日) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42963793

この記事へのトラックバック一覧です: 選択式対策:

« 大原の「トレ問」について | トップページ | 初講義! »