« 書きそびれていましたが | トップページ | 積み重ねてきたもの »

2008年11月16日 (日)

年金アドバイザー

社労士の受験勉強が、思っても見なかった形でなくなってしまい、新しく始める行政書士の本格的な勉強開始はもう少し先ということで、二種証券外務員の勉強がはかどっていますcatface(FPの単位取得までもう少しwink)。

もともとは、FPの資格更新の関係で、社労士と重なるように始めた二種証券外務員の勉強ですが、複数の資格取得を目指している方でも、こんな組合せで勉強している人は、滅多にいないでしょうねcoldsweats01

ブログを拝見すると、社労士+簿記、あるいは、社労士+年金アドバイザーという形で勉強されている方がいらっしゃいました。

私は、簿記には興味がありつつも、まだ勉強したことはありませんが、年金アドバイザーは、FPを取った後に勉強しました。

まず3級を取ったのですが、このときは、当時LECに通学講座がありましたので、それを使って勉強しました。五答択一式ですので、そんなに難しくなかったという記憶があります。

2級もLECで勉強しようと思ったのですが、それまであった講座が急になくなってしまったため、仕方なく独学で勉強しました(ちなみに、今LECはWeb通信とDVD通信の講座がありますね)。

使った教材は、銀行業務検定協会のページに関連書籍として載っていた、「実践 年金アドバイザーの手引 2006年度版」(今は2008年度版が出ています)と、「年金アドバイザー2級問題解説集」の2つでした。

勉強の仕方は、過去問を何度も解きながら、わからないところをテキストで確認するという普通のやり方でしたが、正直なところ、なかなか勉強がはかどらずdespair、半年近くたらたらとやっていた記憶があります。

2級は3級と違い記述式で、計算問題もばんばん出ますから、かなり時間的にも厳しい試験になります。

私が受験したのは、2007年3月ですが、そのときは、受験者数1,398名、合格者数316名、合格率22.6%でした。

60点以上が合格だったんですが、全体の平均点は39.3点、私は64点で、かなりきわどい合格でした(でも、全体席次としては162番になってましたので、合格者数のちょうど真ん中くらいでした)。

問題も、『穴埋めの記述式』に加え(当然語群などはありません)、『老齢基礎年金の年金額計算』、『特別支給の老齢厚生年金の金額計算』、『基本手当の受給総額の計算』、『一部繰上げの老齢基礎年金の年金額計算』、『在職老齢年金の受給月額計算』、『障害基礎、障害厚生年金の年金額計算』、『遺族厚生年金の年金額計算』といった具合に、年金やそれに関連する計算問題が一通り出されますので、どの計算もできるようにしておかないといけません。

時間を目一杯使いましたし、合格しているかどうかまったく自信がもてませんでした。

ブログを読んでいると、通信教育で勉強されている方がいらっしゃって、テキストbookも工夫されていて、かなり楽しみながら勉強できるようになっているみたいです。独学では、なかなかモチベーションの維持が大変ですから、そういった勉強法の方がいいかもしれませんね。

|

« 書きそびれていましたが | トップページ | 積み重ねてきたもの »

学問・資格」カテゴリの記事

年金アドバイザー」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

HIKOです。
 年アドに早速ふれていただきとてもうれしいです。ありがとうございます。
試験日まで100日ちょっとあるようなので早くも受験モードです。
 わたしは今年の3月に3級を受験しました。
対策としては社労士の基本テキストを時々見ながら、大半は定番の問題解説集を使用しました。載せている過去問は出題時当時そのままの問題文でしたので法改正が加味されておらず、結局直近2年分しか手をつけませんでした。
2級は実際を想定したケースワークとして電卓を叩いて訓練するような学習になりそうなので、やはり何らかの講座を受講しようと考えています。

 そしてその先には紛争解決手続代理業務試験(わたしは19年選択で特定社労士試験としてしまいました。)やDCP2級⇒1級と続いていくんだと、意味無く心が躍っております。
 しかし、一方で独立開業への険しい道のりに思いをいたしました。サラリーマンとはなんと手厚いカバーを受けているのだろうか、と実感したりしました。開業を目指し、2年以内に店じまいに追い込まれる人が70%以上とも聞きました。
3年は無収入でもやっていけるようにとも助言されました。
 諸々鑑みて、わたしは少なくともあと5年ぐらいは勤務登録を続けざる得ないことが判ってきました。
 そういう意味で開業して3年経過してもしっかり続けている方は本当に大したもんだなと心から思ったりします。

 ヒデさんが今後、社労士という資格をどう生かそうと考え、進んでいかれるのか、とても興味があります。あなたはとてもハートが真摯で紳士です。ご自身の志のありようをとても弾力的で柔軟にはぐくむことのできる方なんだなと日々の文面からわたしへ伝わってきます。
 こういう方にコンサルされた人はとても安心感が得られると思うのです。あなたに社労士資格を持って欲しいと思ったもともとの理由はそこにあります。
 これから行書資格を取ろうと「真っ赤な誓い」を拝見したときにあなたがだれかに最高のコンサルをなさっている姿が思い浮かびました。本当に頑張ってくださいね。

投稿: HIKO | 2008年11月17日 (月) 12時24分

あたたかいコメントありがとうございますhappy01
でもいくらなんでも褒めすぎですよwobbly。顔から火がでちゃいます(笑)。
そうそう、確かに問題集は出題当時のままでしたね。法改正が反映されておらず勉強し難かったのを思い出しました。
私も、特に2級は講座受講をお薦めします。
独立開業、やはり厳しいものなんですね。漠然と想像してはいましたが、改めて現実を突きつけられた感じです。今現在、独立などを考えているわけではないのですが、これから先のことを考えるときの参考にさせていただきます。
合格者セミナーとか実務家セミナーとか、そういったものにも勉強のために顔を出してみようかなあ。

投稿: ヒデ>HIKOさん | 2008年11月18日 (火) 03時33分

ヒデさん、おはよーございます。
ミミカですhappy01

今年の試験が終わった直後に年金アドバイザーは受けてみようかな?と思っていましたが、その後すっかり忘れていました。今回ヒデさんが話題にしてくださったのでチャレンジしてみようかなと思いました。3級なら独学でなんとかいけるでしょうか?ヒデさんは毎日コツコツ努力されているのですね。本当に勉強熱心で頭が下がる思いです。私はエンジンがかかるまでに時間がかかり直前期にあせるタイプです。今年も勉強を始めたのが4月からだったので、8月は半泣きで勉強していました。

来年はヒデさんのように択一高得点で合格できるようにヒデさんを見習って勉強していきたいと思っています。まずは毎日少しでも勉強することから始めなくてはいけませんね。
そんなことすらしていなかった自分が恥ずかしいsweat02

ヒデさんは今度は行政書士なんですね。頑張ってくださいsign03私も行政書士は興味がありますので情報楽しみにしています。

投稿: ミミカ | 2008年11月19日 (水) 10時08分

コメントありがとうございますhappy01
年金アドバイザー3級ならば、独学でも大丈夫だと思いますよ。社労士の試験とリンクして考えても、3級を取るのはいいと思います。来年3月の試験を目指してみてはいかがですか?
行政書士についてもこれから書いていきますんで、また時々見にきてくださいねwink

投稿: ヒデ>ミミカさん | 2008年11月19日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43128071

この記事へのトラックバック一覧です: 年金アドバイザー:

« 書きそびれていましたが | トップページ | 積み重ねてきたもの »