« 健保1点救済について | トップページ | 勉強法 »

2008年11月11日 (火)

私のこれから

13日発送予定となっていた登録申請書が、昨日(10日)届いてしまいました。

この書類を読みつつ、自分自身のこれからを考えようと思っていましたので、心の準備ができていないうちに届いてしまい、慌ててしまいましたcoldsweats01

本来、もう1年みっちり勉強pencilして、今度こそ合格してやろうangryと思い、試験終了後すぐに勉強を始め、このブログも立ち上げました。

良い意味ではあるのですが、予定がすっかりくるってしまい、自分自身の今後を、改めて真剣に考えなければならなくなりましたthink

私は現在、技術職wrenchに就いています。途中1年ほど、FPの資格を生かしたく、保険代理店に勤めたこともありますが、今までの職歴で、一番長く携わっているのは、技術職です。

ただ、いろいろと思うところあって(当然、社労士資格のこともあります)、会社に、技術職から事務職への異動を願い出ました。

一蹴されることを覚悟していたのですが、意外にも真剣に話を聞いてもらえ、実現できるかどうか確約はできないけれど、希望が叶うよう動いてもらえることになりましたshine

どうやら、事務職的な素養があると、思ってもらえていたようです。

実際、いつ頃どのような仕事に就けるのかはわかりませんが、社労士の実務経験になるような仕事ができて、勤務社労士になれればいいんですけどねheart02

そういう状況になっていますので、今の会社で実務経験を踏むことができる可能性も考え、今年の事務指定講習の受講は見送ることにしました。

事務指定講習に関しては、コメントもいただきましたし、関連するブログもいくつか読んだのですが、あまり評判のいいものではないようでしたのでcoldsweats01、会社で実務を経験できれば、そちらの方がいいだろうと考えました。

もし、異動できなかった場合、また、異動できたとしても実務経験になるような仕事に就けなかった場合は、会社にその意思を伝え続けながら、来年度以降、事務指定講習を受けて登録を目指します。

そして、もう一つ。

私がもともと資格を取ろうと思ったのは、自己啓発flairのためでした。技術職という自分の分野とはまったく違う分野で何か勉強がしたかったのですが、経済に興味がありましたので、実生活にも生かせそうなFPの資格を取得しました。

そうしているうちに、資格を取るために勉強することが、どんどん楽しくなってしまい、年金アドバイザーのような関連する資格を取り始めました。

ちょうどその頃から、せっかく取った資格を生かす仕事に就きたいとも考え始めるようになり、前述の通り、保険代理店に勤めたりもしました。

社労士の資格を取ろうと思ったのも、はじめは、いろいろな資格を持ちたいと思ったことの延長です。

もし、1回の挑戦で合格していたら、そのことで満足して、次の資格取得に走っていたかもしれません。

ただ、2回目の試験で落ちたとき(昨年の選択労一2点救済がなかったためです)、とても悔しい思いをしました。

もう一度、自分がなぜ勉強しているのかを考えたとき、もはや、ただ単に資格がほしいからというのではなく、将来、社労士の資格を生かせる仕事に就きたいからだということに気付きました。

ですから、もう1年、今度こそ連合会がひれ伏すような成績で合格してやるsign01と思い、勉強してきました。(その結果は、ご承知の通り、選択式健保1点に救済がかかって合格という、どっちがひれ伏したのかわからなくなってしまったのですがcoldsweats01

先ほど、会社に異動を申し入れたと書きましたが、これは、合格したので慌てて話をしたというわけではありません。

合格発表前、自分は不合格だと思っていた段階で、自分の意志を明確に宣言するために、意を決して行ったことです。そのときは、来年の試験こそ、連合会がひっくり返るような成績で合格してやるsign03と心に誓っていました。

そんなつもりだったのですが、思いもよらず今年、合格することができました。

これからも、社労士への夢を追っていきます

そして、なるべく多くの資格を取りたいという思いも続いていますので、来年の行政書士試験を受験しようと思います
(なんだか、勉強していないと落ち着かない体質になってしまいましたcatface

これに合わせて、ブログのタイトルも「社労士への夢と新たな資格への挑戦」に変更させていただきます。
(リンクを張っていただいてる皆さん、こちらからもご挨拶に伺う予定ですが、お気づきになられましたら、タイトルの変更をお願いいたします)
。o(_ _)oペコッ

今日は11月11日。1並びでなんとなく縁起もよさそうです。このブログも、模様替えしつつ、続けていきたいと思っています。

皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

|

« 健保1点救済について | トップページ | 勉強法 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

HIKOです。
ヒデさんがどうふんぎりをつけ、新たなスタートを切ろうとされるのか…と見守っておりました。

行政書士を目指されるとのこと、心より応援申し上げます。

わたしは事務系の勤め人でして、人事関係には3年いました。といっても当時の事務はほとんど忘れているしペーパードライバーのようなもんですね。
今は営業職へて総務部門にいます。
ヒデさんと同じように人事部門に相談したら、勤務社労士登録を薦められました。
すぐにとはいきませんが社労士資格をより活かせる職場へ移れそうな感じです。
ですので、まもなく登録に行って参ります。
(なんだかんだと13万円以上かかるのでキツイなと思いましたが受験予備校からの返金が充当されることになるだけだと気持ちを切り替えました。)

実はヒデさんにお願いがあります。
社労士受験生の頃、先生からもし合格したらとすすめられたのが「年金アドバイザー」と「DCプランナー」です。年アドは社労士試験対策として3級を取りましたので次回は2級を目指します。

すでにパスされているヒデさんに勉強方法・教材・学習時間・注意点などを雑駁でよろしいのでアドバイスいただけませんでしょうか?

たちまちでなくて構いませんし、五月雨でお話しいただいても構いません。
機会があればブログでふれていただければ幸甚の限りです。


今回ご紹介するのは社会保険関係のパンフです。社会保険庁のHPなんですがあまり知られていないようです。
年金の習熟度の高いヒデさんには釈迦に説法ですが、受験生には理解の補助になるのではと思います。
とくに「老厚・老基を受けらる方へ」のパンフはいわゆる【旧法のことも加味した併給調整】が、きっちりわかりやすく5ページ程度にまとまっていて受験時代には本当に役に立ちました。
http://www.sia.go.jp/infom/pamph/index.htm#p1

ではまた。

投稿: | 2008年11月12日 (水) 09時14分

ヒデさんのこれからに乾杯
( ^^)/ロ≧☆チン!≦ロ\(^^ )

期待しています!

投稿: | 2008年11月12日 (水) 12時14分

私もようやく合格通知、合格証書、そして連合会から封書が届きました。

私は今は無職で(専業主婦で、2児の母です、私happy01。)、なので、今の会社で実務を・・、などは出来ないので今年の講習を受けようかと思っています。評判が悪いのですか?詳しく教えていただきたいです。そもそも、私には大事なところで講習を今年受けて認定されたらそれは登録までに時間が空いてもずっと有効なものなのでしょうか?電話で問い合わせようかな、と考えていました。もし、ご存知でしたら教えてください。

そして、行政書士ですが、今は変わったかもしれませんが、私が受けていたころは、はっきり言って社労士よりも納得がいかない問題多いですよangry。法令のほうはともかかく、一般教養が。
国語、算数、理科等々でますから。私が受かったときも一般はギリギリ20点でbearing、合否の分け目は国語のこの一文をどっちに入れるか、と言うのが論点の問題で、ひとつの分の前か後か、はっきりってどっちだって文章の意味はつながるんですよ。答えはただその分の作者のさじ加減、それが正解、と言う問題でした。

私が受かったのは平成16年ですが、14年が合格率20%弱、で15年が2.9%という驚異的な低さ(この年が初挑戦でした)そして16年が4%強、と社労士よりもひどい調整ぶりです。

近年は見てもないので分かりませんが。

ヒデさん、挑戦するにあたっては社労士以上の理不尽さへの心のご準備をcatface

投稿: にき | 2008年11月12日 (水) 13時28分

TEJANです
私の元にもやっと成績通知書が来ました。

取得した資格を生かすことを考えつつ
しかも次の資格も目指す・・・
ヒデ様のパワーに感心しますよ。

私なんか未だ安堵感からか、魂の抜け殻状態ですもん。

これは余談ですが、
実は私も次に挑戦する資格は決定してまして、
(これもリベンジ受験なのですが)
そのうち自分のブログでも発表予定です。

社労士合格という一つの山を越えたことで
心おきなく次に進めます。

あと、私も社労士としての知識を何とかして
行かせないものかな、と考え始めています。
先日申したように、受験は自己啓発目的だったのですが、
なんだかヒデ様の文章を読んで
インスパイアされてしまいました(笑)。

かと言って講習に7万払うのはちょっと・・・ですけど。

とりあえずは、
来週からの海外旅行を楽しむことと
月末に受けるTOEIC試験に向けて
注力しますわ。

ではまた

投稿: TEJAN | 2008年11月12日 (水) 16時11分

いつもコメントありがとうございますhappy01
合格された方も、次のステップへ動き始めているんですよね。
HIKOさんも、勤務社労士への道が開けて良かったですねgood
「年金アドバイザー」と「DCプランナー」の件了解いたしました。なにぶん資格を取ってから時間が経ってますので、思い出せる範囲で、書かせていただきますpencil

投稿: ヒデ>HIKOさん | 2008年11月12日 (水) 17時02分

ありがとうございますhappy01
そうそう簡単には運ばないとは思いますが、自分の道を切り開いていく努力をしていきたいですsign01
来年は、春さんの合格で乾杯しましょうねbeer

投稿: ヒデ>春さん | 2008年11月12日 (水) 17時04分

改めて、合格おめでとうございますhappy01
事務講習の件ですが、評判が悪いなどと書いてしまったので、心配されたようですね。すいませんo(_ _)oペコッ。

毎年ほとんど課題の内容がかわらず、間違っていようと、とにかく期限内に出せばいいという通信教育みたいですよ。
ただ、もちろん、実務として必要な書類の種類や書き方が学べますので、ムダというわけではありませんのでご安心ください。

それから、事務講習が終わったら、2年間の実務経験を有したと認められるということだけですので、登録はまた別の話です。
事務講習を終えたらすぐに登録しなければならないわけではありませんよ。事務講習の修了証は、登録するまでずっと有効です。

行政書士の件ですが、私もここ数年の合格率の乱高下を見てビックリしています。にきさんのお言葉、しかと受け止めましたgood

投稿: ヒデ>にきさん | 2008年11月12日 (水) 17時14分

コメントありがとうございますhappy01
ブログ読ませていただきました。基準点割れなしの合格、立派ですねgood

私は、なまじ来年に向けての勉強を始めていたので、それをしなくてもよくなってしまったら、なんだか逆に落ち着かなくなってしまってcoldsweats01

お互い、次の目標に向けて頑張りましょうねsign01
その前に海外旅行楽しんできてくださいsign03

投稿: ヒデ>TEJANさん | 2008年11月12日 (水) 17時23分

ヒデさん、こんばんはーhorse
勉強してないと落ち着かないという気持ちがどことなくボクにもあります。
これは勉強をはじめたころにはなかった衝動でして、すごい変化であり自分がいちばん驚いてますcatface

投稿: 紅駒 | 2008年11月12日 (水) 21時16分

コメントありがとうございますhappy01
同じような気持ちがあるんですねえconfident
自分で驚いているというのも一緒ですよsign01

投稿: ヒデ>紅駒さん | 2008年11月12日 (水) 22時50分

はじめまして、初めて書き込みします。私も今年の社労士試験に初挑戦で命からがら合格しました(笑)実は19年度の行政書士試験に合格してからの挑戦でした。行政書士試験は社労士以上に合格率の変動の激しい試験ですが、既に社労士に合格されているのでものすごく苦労されることはないと思います。というのは、どれくらい勉強すれば合格できるという感覚を今回の国家試験で、掴んでいらっしゃると考えるからです。私は行書は何度か落ちましたが・・社労士は一度で受かりました。二つの資格試験を経て、無謀にも今度は司法書士に挑戦しようかと思っています。ヒデさんもがんばってください、個人的には行書の方が、頑張った分素直に反映されると思いますよ

投稿: aki | 2008年11月13日 (木) 23時21分

コメント&激励の言葉ありがとうございますhappy01
ダブルライセンスをお持ちなんですね。羨ましいです。そして、トリプルライセンスに挑戦されるということで、ぜひ頑張ってくださいsign03
私も、行政書士をとることができたら、その次は…と気の早いことを考えたりすることもあるのですが、司法書士もその中に入ってますよ。

投稿: ヒデ>akiさん | 2008年11月14日 (金) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43079554

この記事へのトラックバック一覧です: 私のこれから:

« 健保1点救済について | トップページ | 勉強法 »