« 目からウロコ | トップページ | 入門講義4回目 »

2008年11月27日 (木)

入門講義3回目

大原schoolで、行政書士の入門講義の3回目、民法を受講pcしてきました。

民法の全体像に始まり、物権法、債権法、親族法、相続法についての概要を学びました。

身近な法律でありながら、こうやって系統立てて勉強するのは初めてですから、とても新鮮に感じたのとともに、これから本格的な勉強が始まってくると、きっとやっかいな法律になるんだろうなあという印象も持ちましたcoldsweats01

もちろん、民法に限ったことではなく、憲法にしろ、行政法にしろ、商法にしろ同じなのですが…。

大原のカリキュラムでは、法律の基本講義が始まるのが3月中旬からと時間があるので、それまでの間に読める入門書のようなものはないかなあと、本屋bookで探して見つけたのが、これです。

マンガはじめて行政書士 民法〈平成21年受験用〉 (0からわかる法律入門シリーズ)

P1020534_3 私のような素人にも、わかりやすそうだったので読んでみることにしました。

このシリーズは、「民法」だけでなく 、「憲法」、「行政法」、「一般知識」とあるのですが、平成21年受験用と謳ってあったのが、この「民法」だけだったので、とりあえず、この1冊を買ってきました。

基本講義が始まるまでに、できるだけ馴染んでおきたいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
今日の勉強時間:2時間30分(入門民法)
合計8時間30分

|

« 目からウロコ | トップページ | 入門講義4回目 »

学問・資格」カテゴリの記事

行政書士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/43246178

この記事へのトラックバック一覧です: 入門講義3回目:

« 目からウロコ | トップページ | 入門講義4回目 »