« 本試験の復習(論点整理)7 | トップページ | AIG救済に思う »

2008年10月 8日 (水)

DCプランナー

私は、2級DCプランナーの資格を持っています。確定拠出年金は、社労士の試験範囲にも入っていますので、制度の概要については、皆さんご存知だと思いますshine

この資格は、CFPの継続教育の単位になるということで、勉強してとったものです。
東京FPの通信教育を受講したのですが、この通信教育を修了するだけで、ライフ・リタイア15単位、金融15単位の計30単位になって、これだけでCFPの必要単位数になるのでお得だと思ったわけです(今は31単位になっています)confident

DCプランナーの資格は、一度取ると一生有効というわけではなく、CFPと同様資格の更新が必要になります。
その、資格更新の案内が先日届きました。

資格を更新するためには、下記2つの要件を満たすことが必要になります。

one「2級DCプランナー資格更新通信教育講座」(受講料6,800円)を受講し、修了すること。
two受講終了後に資格更新料(10,500円)の振込みと資格更新登録申請書を提出すること。

資格更新に17,300円も必要になりますsad

どうしようかと思ったのですが、せっかくとった資格ですし、更新することにしました。
「2級DCプランナー資格更新通信教育講座」を申し込んだのですが、届いたのは、30ページほどのテキストが2冊と、確認テスト(○×式20問と、3肢択一式10問)。この確認テストも、さほど難しいというものではありませんでした。

ちなみに、テキストですが、1冊は「企業年金制度の現状と改革」というタイトルで、内容としては公的年金制度の近年の改革から、確定給付年金制度や確定拠出年金制度の現状などで、社労士の試験範囲と重なるところもあります。

もう1冊は、「DC投資教育のポイント」というタイトルで、リタイアメントプランニングや、資産運用の基礎知識などFPよりの内容です。

資格の更新は簡単ですが、そのために17,300円というのは、改めて今後はどうしたものかと考えてしまいましたthink
この資格更新も、CFPの継続単位になればいいんですけどね。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
今日の勉強時間:1時間20分(社労士V 11月号)
合計17時間20分

|

« 本試験の復習(論点整理)7 | トップページ | AIG救済に思う »

DCプランナー」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42695408

この記事へのトラックバック一覧です: DCプランナー:

« 本試験の復習(論点整理)7 | トップページ | AIG救済に思う »