« 安楽椅子探偵と忘却の岬・出題編 | トップページ | DCプランナー »

2008年10月 7日 (火)

本試験の復習(論点整理)7

他の話題も挟みながらの復習でしたので、ここまでたどり着くのに、思いのほか時間がかかってしまいましたcoldsweats01

復習7回目は国年です。

国年は、易しかったですね。大原の正答率を見ても、50%を割っているのは1問だけですし、それも49%ですから。

間違った問題は1問でした。大原で正答率を見ると、
・問6 69%
となっており、最後の最後でやっちまいましたweep。ほぼ7割の受験生が正解している問題を間違ってしまいました。

国民年金法(10問中9問正解)

問2A
老齢基礎年金の受給権者が、国家公務員共済組合法による退職共済年金(その額の計算の基礎となる組合員期間の月数が240以上であるものとする)を受給できる場合は、振替加算は行われない。

間違い探しの問題。ごくごく普通に正しい文章だが、○のチェックが入っていない。労基から順に問題を解いていて、ここまでくると、さすがに疲れていて、読解力が落ちていたのかもしれないthink
被用者年金の加入期間が240月(中高齢の特例あり)以上の老齢厚生年金、退職共済年金を受けることができるときは、振替加算は行われない。

問6C
いわゆる事後重症による障害に基づく障害基礎年金は、受給権者が刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されているときには、支給が停止される。

正しいもの探しの問題。これを○で正解肢としてしまい、間違えてしまった。今考えれば、このような事由で支給停止されるのは、20歳前障害による障害基礎年金であるということはわかるのだが…gawk。やっぱり、思考力が低下していたのか。

問6E
国民年金基金の加入員が農業者年金の被保険者となったときは、その日に、当該加入員の資格を喪失する。

これが正解肢。その日喪失か、翌日喪失かというのは、よく混乱してしまうのだが、この問題を翌日喪失と間違うとは思えないので、前月末日に喪失とかん違いしたのかもしれない。
資格の取得と喪失については、来年の受験に向けて、重要な整理事項になるmemo



こうして、間違えたり、悩んだりしたところを挙げていくと、自分の弱点というのがよくわかりますね。結構大変でしたが、やってよかったですgood

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
今日の勉強時間:1時間10分(社労士V 11月号)
合計16時間

|

« 安楽椅子探偵と忘却の岬・出題編 | トップページ | DCプランナー »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42611757

この記事へのトラックバック一覧です: 本試験の復習(論点整理)7:

« 安楽椅子探偵と忘却の岬・出題編 | トップページ | DCプランナー »