« 本試験の復習(論点整理)1 | トップページ | 本試験の復習(論点整理)2 »

2008年9月24日 (水)

社労士試験の改正

記述式が復活するとか、憲法などの科目が増えるとか、社労士試験の改正については、耳にしているのですが、来年の試験で自分の身に降りかかってくるかもしれないというのに、正直なところ、どうも他人事のような感じがしていました。
(´ρ`)ぽか~ん

その理由の1つには、仮に選択式が記述式に戻るのならば、私にとっては、むしろその方がありがたいという思いがあること(選択式にはさんざん泣かされましたからcrying)。

もう1つは、試験科目が増える改正を行うなら、それ相応の期間をとって、アナウンスするはずであり、少なくとも来年の試験から科目が増えることはないだろうという、単なる思い込みです。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

ただ、試験の改正については、耳にしているものの、なぜ今そういう話になっているのか、その背景などは恥ずかしながら知りませんでしたのでcoldsweats01、調べてみることにしました。

大きな背景としては、規制改革の動きがあるんですね。

平成19年11月12日、政府の規制改革会議において、資格試験に関する規制改革が議題になり、社労士試験においても、受験資格である学歴要件等の見直しについて、連合会へのヒアリングが行われました。

規制改革会議は、より多くの人が、試験に挑戦できる機会をつくるため、学歴要件の撤廃について連合会の意見を求めましたear

これに対して連合会は、受験資格としての学歴要件撤廃について、前向きに検討することを表明しました。

しかしながら、受験資格を緩和するということが、社労士の質の低下になってはいけないということから、学歴要件の撤廃と合わせ、社会保険労務士試験のあり方について、以下の提案を行いました。

  1. 試験方法について、文章の空欄に選択肢を埋める選択式試験を、記述式試験に改めることによって、受験者の実力を公正に見極めることとする。
  2. 大学院において、労働社会保険に関する課程を修了した者については、試験科目の一部を免除することによって、専門性の高い受験者を増やす。
  3. 試験科目について、憲法、民法、民事訴訟法を加えることによって、社会保障制度の基本理念を謳った憲法の理解と、裁判外紛争解決手続などの業務を行うのに必要な民法、民事訴訟法に関する理解を担保することとする。

2は置いておき、1と3がいつから実施されるのかは、大きな問題ですよねthink

さっき、選択式よりは記述式のほうがいいなんて書きましたが、いざ記述式という発表があったら、相当動揺すると思いますし、ましてや、3のような試験科目の追加が決まったら、もうおろおろしてパニックになりそうです。
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

ただ、試験科目を追加するためには、社労士法を改正しなければならず、仮に来年から増やそうとするならば、来年の4月までに、法案を国会で通して施行しなければなりません。
間に合うのでしょうかsign02

いずれにしろ、来年は必ず合格しなければup

|

« 本試験の復習(論点整理)1 | トップページ | 本試験の復習(論点整理)2 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、以前記述から選択に変更があった際は、いきなり5月の受験申しこみ書からの告示でした。社会保険労務士試験は、国家試験なのだから、もっと早く告示すべきと思っていますし、はたしてもとの記述式にもどったからといって今のまともでない試験委員が以前の条文どおりの記述式で出すかはなはだ疑問です。公平といいながら建前だとしか思えないですから。
さて佐藤としみ塾の生講義に日曜日行ってきます。

投稿: 半蔵 | 2008年9月24日 (水) 05時44分

コメントありがとうございますhappy01
確かに記述から選択への変更は突然だったようですねwobbly。来年も突然選択から記述という可能性ありでしょうか?
佐藤塾に行かれるんですね。1回目の講義は、体験受講もできますから、ちょっと行ってみようかななんて思ったりしています。

投稿: ヒデ>半蔵さん | 2008年9月24日 (水) 06時25分

こんにちは
今日のブログの内容すごく重く受け止めました。
今以上に科目が増えたら無理です・・・私。

選択式もすごく苦手だから記述式は困るな・・・。
やっぱり私には無理かもしれないな。
意気消沈です。

投稿: | 2008年9月24日 (水) 12時20分

HIKOです。
仰るように試験科目を増やす場合は社労士法9条の改正を伴いますので、次回本試験には適用されないと思われます。
一方、『選択』⇒『記述』または『記述+論述』については、法改正を伴わないので、次回本試験にはありうることだと思います。
かつて、記述式時代に「日日雇い入れられる者」を「日々雇い入れられる者」と書いてNGだったという笑えないような話があったそうです。
わたしも記述式になるのはありがたいと思っています。穴のあけられ方に「と同様の」なんていう抜き方はされなくなるからです。
となると、「数字」は絶対押さえなくてはなりませんね。
それと、これは私見に過ぎませんが

『ことばを辞書で引く』

ことをご提案いたします。
【基準】
【指針】
【建議】
【答申】
【諮問】
【故意】
・・・etc

ほかにもいろいろありますが普通の国語辞典でこの手の言葉を引きますと大抵一般的な言葉の意味の解説と並んで(法)・・・なんて書き方で法律用語としての意味が記載されています。
多少手間でも、自分で辞書を引いて、書き残すことで多分、1アクションで記憶定着ができます。ほとんどがある別の法律用語を受けている場合があるのでセットで覚えることができます(例:諮問⇔答申)。
わたしは、この7月からやり始めてノートに書き残しています。
例えば【支分権】-【しぶんけん】-【年金】【受給権には「基本権」と「支分権」の二つがあり、「支分権」はそのうちの一つで「各支給期月に実際に年金の支給を受ける権利」のことをいう。この権利の時効も基本権と同様5年で成立だが、これについては、それぞれの起算日(定期支給月(2月、4月、6月、8月、10月及び12月))から5年を経過していないものについては有効としている。】なんてふうに書き残しています。
今のところ【斡旋】からはじまり【和解】まで158語になりましたが、とても重宝しています。
ご参考までに書かせていただきました。

投稿: HIKO | 2008年9月24日 (水) 16時15分

いつもコメントありがとうございますhappy01
来年の試験がどういう形で行われるかは、わかりませんけど、一緒に頑張って合格しましょうsign03
科目の追加は、来年からは間に合わないと思いますし、記述式には変更されるかもしれませんが、今から意識して勉強していけば、きっとなんとかなりますよgood

投稿: ヒデ>春さん | 2008年9月24日 (水) 22時18分

いつも、参考になるコメントありがとうございますhappy01
記述式って、やっぱり漢字で書かなきゃダメなんですかねcoldsweats01。漢字に自信がなければひらがなで…というわけにはいかないんでしょうね、やっぱりsad
記述式になったら、HIKOさんが書かれているように、数字や、特に紛らわしい語句をいかに正確に理解するかが重要になると思います。
よく出てくる、許可、認可、認定、承認なんかも悩ましいところです。
辞書を引いて書くという方法もなるほどいいですねsign01

投稿: ヒデ>HIKOさん | 2008年9月24日 (水) 22時24分

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 学歴の書き方 | 2010年8月 1日 (日) 16時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42559455

この記事へのトラックバック一覧です: 社労士試験の改正:

« 本試験の復習(論点整理)1 | トップページ | 本試験の復習(論点整理)2 »