« 平成20年(第40回)試験を振り返る4〔自己採点結果〕 | トップページ | 平成20年(第40回)試験合格ラインを予想してみたら…2 »

2008年9月10日 (水)

平成20年(第40回)試験を振り返る5

ココログの「学問・資格」カテゴリーの、記事ごとのデイリーアクセスランキングで、ベスト10の中に5つも拙文が入っており、びっくりしております。(9月9日20時45分現在での確認)
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

旬の話題とはいえ、やはり嬉しいものです。読んでいただいている皆さん、ありがとうございます。
(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

これで、3回続けて、選択式1科目のみ基準点以下で不合格となってしまいましたweep

初年度である平成18年は、そのほかにも選択式で2科目基準点割れ(救済対象)してましたし、択一も合格基準点ぎりぎりでしたから、社一悪問説はあるにしろ、仕方なかったと思いますdespair

2年目である平成19年は、選択式労一の救済待ちで、かなり可能性が高いと言われていたこともあり、ショックでしたがbearing、社労士法の基本的なところを間違えたのがいけなかったと、無理に自分を納得させました。

そして、3年目である今年ですが、選択式健保が1点しかとれなかったのですから、不合格も仕方ありませんsad
すぐに気持ちを切り替えて、来年の試験に向けて、どの学校のどの講座をとろうか、パンフを取り寄せて検討していますschool。(これについては、別の機会に書きたいと思います。)

でも、一方で、割り切れない思いを抱え続けているのもまた事実です。

今年の選択式健保は、難問だとか、超難問だとかいうコメントはよく聞きますが、悪文だとか、超悪文だとかいう話は聞きません。
同じ語句を、穴にしたりしなかったりといったことが、今まであったのでしょうか?ちょっとまだ実際に見返していませんが、記憶にはありませんwobbly
しかも5つの正解のうち、3つもそうなっているというのは…。
逆に、だからこそ、そんなことを気にせずに正解を選べということなのでしょうか?

もしも、今年の健保の問題が以下のような文章であったならと思うと、やはり残念でなりませんshock

健康保険組合間における財政調整を行うために【A】が行う交付金の事業に要する費用に充てるため、健康保険組合は拠出金を拠出するが、当該拠出金の拠出に要する費用に充てるために、健康保険組合が徴収する調整保険料の額は、次のようにして定められる。すなわち、調整保険料額は、各月につき、各被保険者の標準報酬月額及び標準賞与額にそれぞれ調整保険料率を乗じて得た額であるが、調整保険料率は、基本調整保険料率に【B】を乗じて算出される。基本調整保険料率は、財政調整のために交付される交付金の総額の見込額を【A】の会員である全健康保険組合の組合員である被保険者の標準報酬月額の総額及び標準賞与額の総額の合算額の見込額で除して得た率として【C】が定める。【B】は、【A】の会員である全健康保険組合の平均の【D】に対する各健康保険組合の【D】の比率を基準として、【C】の定める範囲内で、【A】が定める。また、健康保険組合の自律性の強化及び事務負担の軽減を図るため、【E】と調整保険料率を合算した率に変更を生じない【E】の変更の決定については、【C】の認可を要しないこととされている。

どうして、この文章ではいけなかったのでしょうか?

すいません、今日だけ、愚痴らせてください。
(#゚Д゚)y-~~イライラ
明日からは、来年に向けて気持ちを切り替えて、前向きにいきますので。
ヽ(´▽`)/

|

« 平成20年(第40回)試験を振り返る4〔自己採点結果〕 | トップページ | 平成20年(第40回)試験合格ラインを予想してみたら…2 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ブログ読ませていただきました。
自分も今回2回目の受験で選択30点(健保1点)択一50点で撃沈でした・・・
採点後ものすごく悔しくて、その日は眠れませんでした。自分なりにかなり頑張ったのですが、それがつくづく報われない試験だなと思いました。
今、各予備校の予想が出揃いつつありますが、自分なりに今回の合格ラインを予備校予想を度外視して考えると、選択に関しては年金救済が叫ばれていますが、今回に関しては、2点以下の割合が高くても、年金の問題があるため年金科目の救済は行われないと思っています。仮におこなわれたとしたら、現役社労士や厚生労働省からの批難がすごいと思うからです。それでは、労働科目はどうか?というと労災や労一がささやかれていますが、これも平均点や2点以下割合をみるとそれほど難問ではなかったのではと思われます。
それならば、「何だ」ということになりますが、健保1点だからというわけではありませんが、合計ボーダーを28点にして健保1点で救済するのでは?とわずかな望みをかけて予想しています。まあ、不合格を覚悟で11月7日を迎えるつもりですが、同じ健保1点で苦しんでいる方々のためにこの予想が当たって欲しいと願っている日々です。多科目救済を願っている方々には申し訳ありませんが・・・

投稿: まさび | 2008年9月10日 (水) 18時19分

まさびさん、コメントありがとうございます。happy01
建保1点という悔しいお気持ち、とてもよくわかります。weep
確かに、歪んだ試験だと思いますよ。もう、思い知らされています。angry
でも、試験制度が変わらない限り、この中で合格しなければなりませんもんね…。
私も無責任な予想をしていますが、どういう結果になるかは、発表が出るまではわかりません。発表まで長いですね。

投稿: ヒデ | 2008年9月10日 (水) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42419064

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年(第40回)試験を振り返る5:

« 平成20年(第40回)試験を振り返る4〔自己採点結果〕 | トップページ | 平成20年(第40回)試験合格ラインを予想してみたら…2 »