« 平成20年(第40回)試験を振り返る1 | トップページ | 平成20年(第40回)試験を振り返る3 -試験レポートその2- »

2008年9月 7日 (日)

平成20年(第40回)試験を振り返る2 -試験レポートその1-

受験会場である千葉商科大schoolには、9時過ぎに到着しましたtrain

毎年、各学校が選択式の予想問題やチェックポイントなどを配っていたのですがmemo、今年は自粛したということで、例年に比べ静かな会場周辺だっただけに、佐藤としみ先生の顔写真つきのプラカードは目立ちましたねcoldsweats02

LECを辞められたあと、どうするのか気になってはいましたが、佐藤先生の異動先が試験当日の朝にわかるとは思ってもいませんでした。
( Д) ゚ ゚

以下、試験レポートです。

午前中の選択式

労基及び安衛 

【A】、【B】は簡単で良い滑り出しhappy01
【C】は『合理的な』だよなあと思いつつ選択肢を見ると、そのままの語句があった。念のため、他の候補となる語句を拾ってみると、『社会通念上相当な』があったが、迷うことはなかった。
労基だけで3点確保できたであろうことに、まずは安心confident

続いて安衛に入ったが、こちらは記憶にない文章wobbly
労基が簡単でなかったら、試験開始早々焦っていただろうが、3点は確保しているから大丈夫だと気分を落ち着かせ、選択肢から候補になる語句を探した。

【D】は『健康教育及び健康相談』か『快適な職場環境』のどちらかだが、すぐあとの文章「労働者の健康の保持増進を図るため必要な措置」にスムーズにつながるのは前者だと判断。
【E】が一番悩んだ。最初『遵守』を選んだが、労働者に対して遵守という表現は厳しいかと思い直し、『利用』に変更した。

安衛で思った以上に時間を使ってしまったsandclock

労災

一読して語句がイメージできたのは【A】のみ。ひじょーに嫌な予感がしたgawk

ただ、読み返すと、【B】には、精神障害と対になるような病気が入りそうであり、なおかつ「業務に起因することの明らかな疾病」といえば、キーワードは脳血管疾患と心臓疾患であるということで、正解肢を判断した。
また【D】は、直後の文が精神障害なのだから、『心理的負荷』しか入らないだろう。
これで3問大丈夫のようだconfident

【C】と【E】は、まったく確信はもてなかったが、病気に対しては認定、精神障害には判断という言葉がしっくりきたので、それぞれ対応する語句をうめた。

ここでもかなり時間を消費しsandclock、焦り始めた。
(A;´・ω・)アセアセ

雇用

一読して【B】、【C】、【D】、【E】に入る語句はわかった。
【A】も、特例受給資格者の要件として当てはまるのは、『人員整理に伴う退職勧奨に従って離職したこと』しかない。

少し時間を取り戻せたwink

労一

最低賃金法sign03 まず出ないって言ってる先生いなかったっけ。
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~。

一読して【C】、【D】は語句を埋められた。
残りの【A】、【B】、【E】は、消去法で残った2つの語句のうち、どちらを入れるかで迷い、まったく確信の持てないまま選択した。
また、労一で2点…という嫌な思いがよぎるがbearing、皆難しいはずだと気持ちを切り替えた。

時間足りない感がさらに強くなる。
~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

社一

ど真ん中の高齢者医療関連。穴もすべて基本事項で、選択肢がなくても埋められる。これは満点を確信good

時間を取り戻した。

健保

あああああ、組合の難問でちまったあsad
時間に余裕がないので、とりあえず後回しにすることに。

厚年

一読、いやーな感じを受けたが、【B】、【C】、【E】には入る語句のイメージがわき、実際その語句が選択肢の中にあったので、一安心confident。他の候補となりそうな語句と比較しても、迷うところもなかったため、3点確保は大丈夫そう。

残りのうち、【A】は、選択肢からみて『徴収金』以外入る言葉はなく、【D】も『裁定』以外にしっくりくる言葉が見当たらなかった。

国年

読んだことがあり、記憶も残っている文章。
(v^ー゜)ヤッタネ!!

【A】、【B】、【C】は、頭の中に残っていたイメージを、選択肢と照らし合わせることで回答でき、【E】は『財政融資資金』を覚えていた。4点いけそうだwink

【D】はわからなかった。もう悩んでいる時間はなかったので、自分の感覚で穴を埋めた。

再び健保

改めて読んでみると、【B】には『厚生労働大臣』、【D】には『健康保険組合連合会』が入ると思った。選択肢の中にも確かにあるのだが、問題文の中にも両方の言葉が書かれてある。
(lll゚Д゚)
【E】も『一般保険料率』だったという記憶があったのだが、すぐ上の行に同じ言葉がそのまま書かれている。
ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

【A】と【C】はまったくわからなかったが、少なくとも【C】は問題文中に同じ穴が2つあいている。
これは、どう考えたら良いのだろう…。
~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

もう時間がなかった。とにかく埋めなければ。
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

|

« 平成20年(第40回)試験を振り返る1 | トップページ | 平成20年(第40回)試験を振り返る3 -試験レポートその2- »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42402781

この記事へのトラックバック一覧です: 平成20年(第40回)試験を振り返る2 -試験レポートその1-:

« 平成20年(第40回)試験を振り返る1 | トップページ | 平成20年(第40回)試験を振り返る3 -試験レポートその2- »