« 社労士試験の合格基準 | トップページ | 平成18年(第38回)試験を振り返る2 »

2008年9月 4日 (木)

平成18年(第38回)試験を振り返る1

初年度の勉強は、まずU-CANをはじめたのですが、これだけで合格できるとはとても思えなくなりcoldsweats02、途中でLECの「基礎総合Bコース」を追加しました。LECはビデオブース受講。LECを選んだのは、通学可能だったからという単純な理由です。

LECの担当講師は、ほとんどの講座が佐藤としみ先生でした。講師として非常に有名な方だとはまったく知らなかったのですが、メリハリの利いたわかりやすい講義だったことと、一度聞いたら忘れられない語呂合わせが面白かったことを覚えていますhappy01

余談ですが、佐藤先生といえば、先日、LECから辰巳に移られましたね。今年は受験会場前での資料配布は自粛すると聞いていたので、会場の前で佐藤先生の顔写真入のプラカードを持って立っている人を見たときにはおったまげました。
 モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!。

この年の勉強は、U-CAN+LEC。模試はこの2つに加え、TACと大原を受けました。

これも余談ですが、大原の模試は他の学校の模試に比べ、異常に難しかったという記憶がありますbearing。3年目である今年もいくつかの学校の模試を受けましたが、やはり大原の模試は、他に比べ難しいと感じましたgawk。模試はできるだけ多く受けたほうがいいと思っていますが、初学者の方は大原はパスしてもいいのではないでしょうか?

さて、受験結果ですが、その前に、この年の合格基準をおさらいしておくと

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

選択式:総得点22点以上かつ各科目3点以上(ただし、労基及び安衛、労災、雇用、社一、厚年は2点以上)
択一式:総得点41点以上かつ各科目4点以上(労基及び安衛、一般常識は3点以上)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

という、特に選択式については例年に比べ総得点が低く、また救済も多いという、異常な年だったのですが、私の結果は

選択式
総得点27点(合格基準クリアgood
労基及び安衛2点(救済でセーフcoldsweats01)、労災2点(救済でセーフcoldsweats01)、雇用5点、労一4点、社一1点(救済にかからずアウトshock)、健保4点、厚年4点、国年5点

択一式
総得点41点(合格基準ぎりぎりクリアcoldsweats01
労基及び安衛4点、労災(徴収含む)7点、雇用(徴収含む)7点、一般常識4点、健保6点、厚年5点、国年8点

というものでした。選択式の社一が1点しかとれず、2点救済がかかったにもかかわらず不合格となりました。
 (。>0<。)

|

« 社労士試験の合格基準 | トップページ | 平成18年(第38回)試験を振り返る2 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42376816

この記事へのトラックバック一覧です: 平成18年(第38回)試験を振り返る1:

« 社労士試験の合格基準 | トップページ | 平成18年(第38回)試験を振り返る2 »