« 佐藤塾の本試験分析会に行ってきました | トップページ | 社労士試験の改正 »

2008年9月23日 (火)

本試験の復習(論点整理)1

今年の試験、選択式の問題は、試験後も何度か見返す時間がありましたが、択一式の方は、かなりの高得点をとれたこともあって、問題を見返すことはほとんどありませんでしたthink

でも、いろいろな方のブログを読んだり、このブログにいただいたコメントを読んで、択一式についても、一度しっかり見直しておいたほうがいいと思い直しましたup

復習のポイントは、『問題の論点を、しっかりと見極められていたか?です。

今回の復習科目は労基と安衛です。
労基・安衛で満点がとれるなんて夢にも思っていませんでしたが、こうして見直してみても、労基は簡単でしたよね。
安衛は、2問書き直してそれが正解だったので、ラッキーな面もありましたbleah

労働基準法(7問中正解7問)

問4C
使用者は、労働基準法第34条第3項に基づき、休憩時間を自由に利用させなければならないこととされており、使用者がその労働者に対し休憩時間内に職場内で政治活動を行うことを禁止することは許されないとするのが最高裁判所の判例である。

正しいもの探しの問題。文脈は×ぽかったが、この判例は記憶になかった。

最三判・昭52.12.13(目黒電報電話局事件)
「政治活動が休憩時間中に行われる場合には、他の従業員の休憩時間の自由利用を妨げ、ひいては、その後における作業能率を低下させるおそれのあることなど、企業秩序の維持に支障をきたすおそれが強いものといわなければならない。したがって、一般私企業の使用者が、企業秩序の維持の見地から、就業規則により職場内における政治活動を禁止することは、合理的なものとして許される。」

問7C
労働基準法に基づいて支払うべき賃金又は手当を使用者が支払わなかったときには、裁判所は、労働者の請求により、使用者が支払わなければならない未払金のほか、これと同一額の付加金の支払を命じなければならない。

誤っているもの探しの問題。「賃金又は手当」ではなく、解雇予告手当、休業手当、割増賃金、年次有給休暇の賃金に限定されているため誤りと判断したが、文末「命じなければならない」は、「命じることができる」の誤りなので、こちらで×としなければならなかったか?


労働安全衛生法(3問中正解3問)

これはもう、問8につきる。総括安全衛生管理者や安全管理者などの選任に関する人数要件は、しっかり覚えておかなければいけないが、こういう問の作り方をされると迷ってしまうbearing

総括安全衛生管理者選任要件

・林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業…常時100人以上
・製造業、旅館業、自動車整備業、小売業など…常時300人以上
・その他の業種…常時1,000人以上

安全管理者選任要件

・林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業、製造業、旅館業、自動車整備業、小売業など…常時50人以上
・その他の業種…選任する必要なし

|

« 佐藤塾の本試験分析会に行ってきました | トップページ | 社労士試験の改正 »

学問・資格」カテゴリの記事

社会保険労務士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522661/42538333

この記事へのトラックバック一覧です: 本試験の復習(論点整理)1:

« 佐藤塾の本試験分析会に行ってきました | トップページ | 社労士試験の改正 »